一日一茶@我愛中国茶

アクセスカウンタ

zoom RSS 伍福壽の木柵鉄観音

<<   作成日時 : 2005/06/01 10:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

台湾産の木柵鉄観音を飲みながら「香港 路面電車の旅」を見て、香港に思いを馳せる

伍福壽で木柵鉄観音を買いました。
伍福壽には、15gの小分けのものがあり、これはお得です。
これで、自分の舌に当たりをつけて
比較的安価に、好みのお茶を探すことができます。
昨日の陸羽茶荘は5gでしたが、
5gだと当たりをつけ難く、15gあれば、あたりをつけて
残り1回で楽しむことができる分量です。

茶葉はやや黒みがあり焙煎が強いように思えます。
木柵は安渓が源流ですから、昔の流れを受け継いでいます。

さて、香りと味の方ですが
淹れた瞬間に甘い香りがします。
でもそれは一煎目のみですね。
味もほど良く。
煎数を重ねても、茶葉は完璧に開きません。
かなり焙煎が強い。
それでいて、苦味が強くないのはうれしい。
少々雑味があり、一煎目の香りとどちらを優先するかと
言われるとこれは香りを優先します。

香港はフォトジェニックな街

香港 路面電車の旅という写真集を見ていると
実に香港はフォトジェニックな街という気がします。

ハっとするような絵が結構あります。
120号車の特集など、面白い内容もあります。

香港島の山腹にある街並みを歩き、
上環などの街を路面電車で行き
港九海峡(香港島と九龍の間はこう呼ぶのです)をスターフェリーで航く。
香港へ行きたくなります。

この女性カメラマンは、少々腰が高い?
目線が高いのです。
ローアングルで見上るような目線も辛いですが、
高いばかりも、あまり面白くない。
同じ目線の方が、香港の街にはあうと思います。

作者は日本写真家協会の女性会員なんですね。
それも40歳を過ぎてから写真を始めて
香港やマカオの写真集を出版しています。

ご注意
批評については、おいしい=自分の好きな味、香りのお茶と考えてください。
内容についてはあくまで感想です。別に他意はありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
伍福壽の木柵鉄観音 一日一茶@我愛中国茶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる