一日一茶のB級グルマン備忘録 大阪編

梅田 揚子江

画像


文藝春秋のベストオブラーメンにも出た店。
大阪梅田にある透明度の高いスープと極細麺の店。
ナビオ阪急を東に向かい、
信号のある角を左に曲がるとあります。
値段も激安です!
餃子6個で210円!
雲呑麺530円!
この麺でラーメンを開店しませんかという?
フランチャイズの広告あり、商魂たくましい!






カテゴリー席数従業員数清潔度
さっぱり系16席+α3名+厨房?普通
店内の印象総合印象その他のメニュー
暗めの照明がなんとも言えません☆☆☆☆☆☆餃子と麺類のみ


2000/1/30撮影

画像


雲呑麺530円と餃子210円を注文。
スープは鶏ガラと塩のみでしょう。
透明度はばっちりです。
春菊の緑とやや黄色みを帯びた
スープの色あいは新鮮です。
麺は極細のストレート、なんと40秒で茹で上がります。
これでは、固いも柔かいもないです。
雲呑は3個、皮の食感はつるんとしてないです。
餡のボリュームは親指の先程度で、やや物足りない。
歯ごたえもやや固い。
チャーシューは4枚!でも味は薄い。
糸のように、というか細いもやしがのっています。
揚げネギが入れ放題です、これには蝦も入っていて、
初めはネギの香ばしさが鼻をくすぐります。
この味でずーっとやっている、
大阪の人に愛されている店です。
大阪人は関東の味を
「なんや、あの醤油ばかりの味は!」といいますし、
関東の人は、大阪の味を
「薄い、けちげな味」と言いますが
そんな狭い了見を吹き飛ばす、
個性豊かなラーメンです。






メニュー価格スープベース
雲呑麺530円鶏ベース春菊、ネギ雲呑3個糸もやし?チャーシュー4枚
スープ麺の茹で具合
極細麺ストレート


画像

餃子は、はっきり言って、美味しくない。
肉汁は出てこないし、ちょっと固い。
皮も餡も感激はありません。
値段だけは安いですけど、
そう言えば、頼んでいる人は少なかったような・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック