一日一茶のB級グルマン備忘録 横浜中華街編

明蘭餐庁

画像


場所は香港路にあります。
四川料理、麻婆豆腐と坦々麺が食べたくて入りました。
近くに麻婆豆腐のメニューの店が
少なかったこともあります。
2000/8/3撮影
陳麻婆豆腐1200円?、
空芯菜のにんにく炒め1200円、
餃子はサービスで300円
坦々麺700円、
ビールもサービスで300円、2杯注文しました。
これで〆て4000円を超します。

画像


坦々麺はNTVの「どっちの料理ショー」に出たと
張り紙がしてありました。
でも胡麻の風味は感じられません。
それほど辛味もありません。
香港鑚石山の詠藜園や麹町の登龍には
遠く及ばずです。

画像


陳麻婆豆腐は余計に山椒の粉を振り掛けただけですが、
山椒(花椒)の風味が足りません。
多分普通の麻婆豆腐としても
香港鑚石山の詠藜園にも遠い。

画像


餃子は作り置きの冷凍、
サービスで安かったですけど。
やや焼き色が良くないし・・・

画像


空芯菜のにんにく炒めは茎が細く、これで1200円!
味付けも平凡、香港の場末の店にも負けている。
腐乳やオイスターソースを使えばいいのに。
香港ならこれでは100円から150円です。暴利でしょう。
これで香港$換算で285HK$!高い!
うーん、日本人舐めてるなあと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック