一日一茶@我愛中国茶

アクセスカウンタ

zoom RSS 一日一茶のB級グルマン備忘録 横浜中華街編

<<   作成日時 : 2000/08/05 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

天龍菜館

画像


2000/8/5撮影
JR石川町から西門を通り、天仁茗茶の角を左に曲がり、
すぐ隣りにある広東家郷料理の店。
夕方17時頃開店します。
中華街の広東人が食べに来るという、
席数16の小さな店です。
豪華な料理はありませんが、本当に手作りの美味しい、
ほっとする広東料理の店です。
横浜中華街光臨指南というHPで知りました。
TEL:045-664-0719

このHPでは場所は自分で探してということなので、
加賀町警察署で聞いても知らない、
加賀町交番で聞いてもわからないというし
「中華街レストラン協会に所属してないでしょ」と
言われる始末でした。

他のHPでお茶屋さんの並びという一言がヒントで、
加賀町交番の巡査さんがここかも?
という一言で行ってみたらビンゴ!でした。

ちなみにオーナーシェフ曰く、
「この店は石川町から一番近い、そして一番小さい、お客さんの要望に一番応えるよ!」
店は元車庫ですから、厨房は他にあります。
店には客だけというのんびりさが最高です。
予算を言えば、予算に合わせた料理を作ってくれます。
奥さんが帰って来たら、昼に1000円の食べ放題を
計画しているとのことでした。

同じ店を探していた御夫婦と一緒にテーブルを囲みました。
この御夫婦は中華街の近くに住んでいて、
かなり中華街を食べ歩いていらっしゃる様でした。
ゆりの花の使い方や美味しい焼き豚の店
甕出し紹興酒のある店(謝甜記の近く、桃妃)を教えて頂きました。
ゆりの花と鶏肉煮?、蝦子の空芯菜炒めはこの御夫婦の注文です。
人数が多いと色々なものが味わえて美味しいものです。

画像

ゆりの花と鶏肉煮?

画像

蝦子の空芯菜炒め

画像

オイスターソースの油菜500円

ゆりの花は、きゃらぶきに似た味ですが、はじめて食べる味でした。
蝦子の空芯菜炒めは、オイスターソースの油菜より、
深い味わいがありました。
オイスターソースの油菜は生姜の味が利いていて、
より爽やかに感じたのかもしれません。

画像

中国酢風味揚げスペアリブ鎮江炸肉排?1000円

画像

マテ貝の豆鼓醤炒め1500円

画像

雲呑麺600円

中国酢風味の揚げスペアリブです。
揚げたスペアリブに中国酢(鎮江香醋?)の味が
強いタレを絡めてあります。
この酢の香りが暑い時に食欲をそそります。
「これ1000円でもうけ少ない!」と
言ってました。

マテ貝の豆鼓醤炒めは浅蜊の豆鼓醤炒めを作っていたので
予想できた味でしたが、
大振りのマテ貝の食感が新鮮に感じました。

さて、雲呑麺ですが、麺は中華街で作っている蛋麺です。
やや歯ごたえがありますが、
香港の河粉よりも細い感じで厚さがあります。
雲呑の餡は少な目ですが、
蝦が入っていて、鳥肉とのマッチングはいい!
チャーシューは縁の赤く、竈焼き?でしょうね。
スープはあっさり目ですが、
個人的にはもう少し濃くが欲しいかなと思います。
でもこれで600円なら、ばっちりです。

オイスターソースの油菜、中国酢風味揚げスペアリブ、マテ貝の豆鼓醤炒め、雲呑麺
これで3600円でした。安い!美味しい!
満足の広東家郷料理の店です。
紹興酒も10年物を置いてあります。
これは20年ものよりも美味しいと言ってました。
実際に飲んでみるとさっぱりとした口あたりです。

2005/5/28訪問
友人とやって来ました。
店構えは変わらず、店先の看板が出来ていました。
それと店番のじいさんもいました。
17時半からねと予約をして、お茶を買いに行き、17時半ごろにやってきました。
ビールを頼み、
焼賣8個、星州米粉、黒酢のスペアリブ、空芯菜の炒め物を注文しました。

画像

焼賣8個

画像

星州米粉

画像

黒酢のスペアリブ

画像

空芯菜の炒め物

空芯菜の炒め物は蝦醤が効いていて、美味しいのですが、
熱くない・・・
確かに2階から持ってくるのはわかるのですが、
以前は文句無く、熱かった。

星州米粉も仄かにカレーの味が食欲をそそりますが、
これも熱くない・・・しかも出てくるまでに時間がかかります。

黒酢のスペアリブに至っては、昔に比べて、タレが全然足りません。
仄かに黒酢の味はするのです。

これで足らないので、揚州炒飯、かに玉を注文しました。
牛[月南]麺はあるかと訊くと「ない!」
トン足はと訊くとこれも「ない!」でした。

画像

揚州炒飯

画像

かに玉

かに玉ではなく、蝦玉でした・・・
タレもかかっていないし・・・
揚州炒飯は普通の炒飯。

確実に味落ちました。昔の画像と比べると明白です。
老齢のために、2テーブルだと手が回らないようです。
これで5600円、4人で1500円弱ですから中華街としては安い!
でもこの味では悲しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一日一茶のB級グルマン備忘録 横浜中華街編 一日一茶@我愛中国茶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる