一日一茶@我愛中国茶

アクセスカウンタ

zoom RSS 一日一茶のB級グルマン備忘録 横浜編 No.462

<<   作成日時 : 2002/07/02 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

天王町 日本拉麺 吉屋

相鉄天王町より、16号線にでて、北上し、Satyの手前にあります。
11:00〜15:00、17:00〜22:00
金土日祝は通しで営業。無休!
日本拉麺 吉屋と看板にあります。





カテゴリー席数従業員数清潔度
ご当地系22席リベロ1名、厨房1名普通
店内の印象総合印象その他のメニュー
雰囲気も明るい☆☆☆☆☆☆ご飯類、餃子のみ

2002/7/2訪問
塩、醤油、辛味噌とスープのベースを選べます。
内装は凝っています。
手作りの椅子、カウンターも木製で
BGMはハワイイアン。
12時前に行きましたが、先客は0!
12時を少し回ってようやく一人・・・
壁にはランチセットを買ってね、みたいな紙が貼ってあります。
まず食券を買います。
吉屋らーめん500円に玉子50円をのせて550円。
これにセット300円で、餃子5個と小ライスが付きます。

画像


徳島ラーメンなんですね。徳福とそっくりです。
和歌山ラーメンに似ています。
もやし、生玉子、ねぎ、豚バラ肉の煮込み。
のトッピング
スープは濃い!
トロリとしています。
後でそれほど、喉が乾くわけではないので、
醤油が多すぎということはありません。
生卵をつぶしても、それほど、味は変わりません。
豚バラ肉の煮込みはよく味が染みています。
柔らかいし。
もやしやねぎと一緒に食べると、スープの濃さが緩和されて、
あっさり気味に感じます。
麺は細麺というよりは、やや太め。
ちじれは少ないタイプです。茹で具合は普通。






メニュー価格スープベース
ラーメン+玉子600円豚骨・鶏ガラ豚バラ肉もやし、ねぎ玉子、メンマ
スープ麺の茹で具合
醤油豚骨細麺ややちれ普通


主張はあります。
そこそこに美味しいとは言えますが、
毎日食べるには、やや濃すぎの味です。
塩や辛味噌はどういう味なんでしょう。
残ったスープにご飯を入れて、最後に食べると美味しいかも。
これって、徳福でも壁に書いてました。

画像


餃子は、焼きが甘い。
肉汁は少し感じます。
皮は柔らかい。
ピーというアラームが2回鳴ってました。
多分、冷凍の出来合いなんでしょうね。
餡の刻み具合、肉の割合もそこそこです。
ということは、焼きが命ということです。
余り、感激はありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一日一茶のB級グルマン備忘録 横浜編 No.462 一日一茶@我愛中国茶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる