一日一茶のB級グルマン備忘録 横浜中華街編

徳記

関帝廟通りの、関帝廟手前、右手の路地奥にあります。
芸能人、TVでの紹介の店。
芸能人の色紙が壁に貼ってあります。
でもここ2,3年はありません・・・
「いつものやつ」と言う声に代表されますが、
近所の食堂です。
店内の装飾、たたずまいは香港の茶應餐を思わせます。






カテゴリー席数従業員数清潔度
広東系中華30席1名+厨房?普通
店内の印象総合印象その他のメニュー
一見香港の茶應餐風!☆☆☆☆☆☆☆☆色々あります


2002/8/23撮影
鶏絲坦々麺800円を注文。
おばさんが「1個」廣東語で、1椀の意味で使ってました!
ここは調理場が見えません。
料理を出すと、すぐに窓が閉まります・・・

画像


酸味ほど良く、胡麻味も程よく。
でも、辛味ありません。
辣油は「辛くしたかったらかけてね」と言われ、
辣油さしを置かれました。
麺なんですが、薄めの幅広麺ストレート。
それに一糸乱れぬように、椀に入れています。
素晴らしい!
普通はスープと絡ませるけど・・・
白髭ねぎも辛味を抜いてあり、
茹で鶏の千切りはやや味が薄いけど、
香港でも、このくらいの味です。
丁寧に作ってあります。






メニュー価格スープベース
鶏絲坦々麺800円+消費税上湯ベース白髭ネギ、茹で鶏の千切り!
スープ麺の茹で具合
胡麻薄めの幅広麺ストレート柔かい

美味しい鶏絲坦々麺です。
普通の坦々麺とは違いますが、個性、主張があります。
ご近所の食堂です、この雰囲気を大切にしたい!
周りの人は、豚足そば、それも飴色!なんです!
醤油出汁の中華そば、別皿なんですよ。
それを頼んでました。これは次回かな!

2002/11/3撮影
中華街へ行きたいという家内のリクエストで訪問しました。
祭日の昼下がりでしたが、ボックス席が空いてました。
メニューをよく見ると、コース料理があるんですね。
家内は鶏絲坦々麺を、私は豚足そばを注文しました。

画像


画像


予想通り、醤油出汁の中華そばと別皿で飴色の豚足が来ました。
色を見てください。
麺は薄めの幅広麺ストレート。
それに一糸乱れぬように、椀に入れています。
この技は素晴らしい!
スープはあっさりとした醤油味。上品な味です。
濃くはというと、パンチはありません。
でも濃すぎると、豚足と喧嘩するので、
これでいいのです。
豚足の汁をそばにいれて、食べるとタレの味が加わり、
これまた味が変わります。ここまで計算してるんですね。
さて、豚足というと、骨が多いのですが、
皮はほどよく柔らかく、味が染みてます。
丁寧な味付けで、意外とあっさりしてます。
骨が多いことを除けば、見た目よりは食べ易い。
歯応えのほうは、変わってますが、コラーゲンは多い!
そんなに脂っぽくは感じません。
ヘルシーな一杯です。






メニュー価格スープベース
豚足そば850円+消費税上湯ベース豚足
スープ麺の茹で具合
醤油薄めの幅広麺ストレート柔かい


見た目よりは美味しい豚足そばです。
うーん、牛[月南]、牛バラ、猪[月南]、豚バラもあるんですよ、
食べたい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック