一日一茶のB級グルマン備忘録 佐野編 No.625

栃木県佐野市 蜂屋食堂

佐野藤岡ICから、足利方面へ向かい、二つ目の信号、吉野屋のそば、を右折。
市街地へ向けて、北上し、警察署の先、ラーメンきくやのところを、
左折、左手に「蜂屋食堂」の看板がありますから、そこを左折。
11:30~20:00、月曜日定休。
ご近所の食堂ですが、老若男女が食べに来ます。
佐野ラーメンがご当地の普通の食べ物だということを認識させます。






カテゴリー席数従業員数

清潔度店内の印象
あっさり系72?3名+厨房4名普通普通の食堂
スープ総合印象その他のメニュー
醤油手打ち風の幅広ちぢれ☆☆☆☆☆☆色々あります


2003/7/27撮影
チャーシュー雲呑麺750円を注文。
家内はチャーシュー麺と餃子を注文。
昼過ぎ、しかもちょうど高校野球の栃木県決勝で、満員でした。

画像


スープはあっさりしていて、これぞ佐野という味です。
醤油、塩共に突出していません。
普通のラーメンに比べれば物足りませんが、
このあっさりさには十分な濃くです。滋味もありますし。
麺は手打ち風、麺の厚さが一定なのです。
厚さのムラを感じません。
多分機械の製麺ではないか?と思います。
雲呑は10個、皮は脆く、千切れてしまいますが、
ツルリとした喉越しがうれしい。
でも餡のボリュームは小指の爪先ほど。
餡のボリュームには不満です。
家内曰く「それが家庭の雲呑よ!ケチなわけじゃない」
と弁護してました。
メンマは味は物足りません。
チャーシューも真ん中は味が濃く、
噛み締めると豚肉の旨みを感じます。
外側は少々脂身の旨みも感じます。






メニュー価格スープベース
チャーシュー雲呑麺750円豚骨+鶏がら+魚介類ベースメンマ、ネギチャーシュー雲呑、ナルト海苔
スープ麺の茹で具合
醤油手打ち風幅広ちぢれ良好!


画像

焼き具合は良好。パリっと焼いてあります。
皮は普通の歯応えですが、餡は野菜が多く、
肉の割合には少々不満があります。
肉汁もなし。






メニュー価格&個数大きさ
餃子400円/5個
焼き具合肉汁評価
普通良好少し刻みすぎで、やや肉の割合が少ないなし☆☆


老いも若いも、ラーメンを注文し、黙々と啜ります。
ご近所の食堂です。定食やカレーライスがあり、
座敷が多いのもうれしい。
高校野球の季節でしょうか。寝ないでくださいという貼り紙がありました。
ジャー麺なる担々麺もどきがあるようです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック