第2065茶 ヤマセンの花いろ烏龍茶のティーバッグ

第2605話 孤高

マンションの南側にある雑木林に咲く一輪の菜の花。

画像


菜の花は原っぱ一面に咲くときれいですが、
このように一輪というのは意外と潔くて気持ちいいものです。

群生も、黄色が映えてうれしいのですが
なにもないところに黄色い花を一輪咲かせる気概といいますか
群れないというか、
孤高といいますか、潔さを感じます。

昨年の春先、ほかのところに咲いている菜の花の種を
かなり、この雑木林に蒔きましたが
花が咲いて、種ができる前に、雑草として刈られてしまい、
アチャーでした。

でも、来年まで待とうやという種もあったようです。

この雑木林が春先は黄色の原っぱのようになるといいな!
それには、この孤高の菜の花が
しっかり種をつけてくれないと!

ヤマセンの花いろ烏龍茶のティーバッグをいれました。

有機で作られ、べにふうきの茶葉で作られています。
ということは、花粉症に効くわけです。

Foodexでサンプルで貰ったものです。

ティーバッグを切って、蓋碗でいれました。

ちょっと茶葉が、蓋碗にたいして少ないせいもあります。
部分発酵した茶葉も見受けられますが、
烏龍茶という割には、さっぱりした味わいです。

味と香りを純粋に考えれば
どの烏龍茶をターゲットにしたんだろうか?
と思います。

でもさっぱりした口当たりはいいですねえ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック