第2330茶 九壺堂の梨山 2009年6月

第3185話 急須と茶壺

日本の急須は、中国では茶壺。
日本の茶壺は、中国では茶庫?

急須=茶壺

サロンでは、茶壺をチャフーとわかりやすいように
呼んでいます。

チャフーは、後ろ手、後ろに把がついています、がほとんどです。
ごく稀にに横手、横に取っ手、把がついているものがあります。

画像


画像


急須は横手が大半で、後ろ手のものもあります。

画像


これが急須と茶壺の差かしらんと思っていましたが
小梅茶荘の小梅さんが、
「急須は、中国語では急いでお茶を注ぐこと」
という意味と聞きました。

そうなんだ・・・

急いで注ぐためのデザインが横手?

急須
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A5%E9%A0%88

九壺堂の梨山 2009年6月をいれました。

茶漉し付きの蓋杯です。
これが手元にあると、選びますねえ。

便利ですから・・・

梨山らしい香りは立ちますが
まあ、それほど広がりもせず、
ほのかです。

味わいも優しく、
薄いとも言えますが・・・
さっぱりした口当たりです。

強いお茶ばかりを飲むと
こういう味わいのものもいいですね。

そういえば、九壺堂でお茶を買うと
これは長期保存OK!
2年以内に飲み切ってね!
と缶の底に貼ってくれます。

これはいいですねえ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック