第2346茶 日月譚?

第3220話 今夜は年(歳)忘れのチーズでパーティ。

毎年恒例となっているサロンの年(歳)忘れのパーティ。
今年は開催しないと工藤先生が話したら
さみしそうな顔をみて、やはり開催することになったらしい。

今年のお題はおフランスのチーズ
ヴァシュラン・モンドール

画像


なんとも、昔は河豚の白子のような危険なチーズらしい、
食べると多くの人が死んだらしい・・・
家内に話すと、食べてみたい!
ということで行くことにしました。

個人的にはサヴァランが好きだな・・・

画像


今年は持ち込み可なので
ココワインの農民ドライ2008を持参します。

【後記】
チーズは太りますね・・・
おまけに、農民ドライ2008を飲みすぎ。
翌日はちょっと頭が重い、
でもこれって酸化防止剤が入ったワインだともっとすごかったかも。



さて、一日一茶としてはチーズにあうワインお茶を考えねば
なりますまい。

例年、工藤先生が準備する中国茶は台湾の茶枝、茎茶。
ほとんどの料理にあう、オールランダー。

これかいなと予想していました。

同じものでは藝がないので・・・・

ちょっと焙煎が強いとチーズと喧嘩するのでは?と推測。
チーズの引き立て役に徹しないと。
梨山の夏茶かなと思います。
ちょっと持っていこうかな・・・

でも出番はありませんでした。

工藤先生が準備していたのは多分、日月譚と正種小種?

両方ともに、さすがに微妙に甘く、
正種小種はほのかにスモーキー。

チーズはワインといいますが
意外とお茶とあうかも・・・

でも個人的には日月譚が好きかな・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック