第3082茶 林茂森茶行の東方美人 2012

第5004話 新型うつ

週刊文春の新年号で雅子妃のことが、特集になっていました。
週刊新潮は、雅子妃には厳しく書いて
週刊文春は、雅子妃にはオブラートに包んで書いている
と思います。

その週刊文春が、雅子妃への意見特集を組みました。
識者の意見が掲載されています。
(林真理子が識者?特別寄稿ですけど。)

適応障害という病気で療養中の雅子妃。
もう10年の長きにわたります。

公務には出ないけど、友人達と深夜まで会食・・・
正月の一般参賀はキャンセルするものの
実家の方々とは、おせち料理を囲まれたとか・・・
終戦の日、8月15日には、乗馬やテニスを楽しまれた
愛子様の課外授業に車列を作って同行した…
etc

いろいろと週刊誌に書かれています。
マスコミもちょっと目くじら立てすぎでは?
と思います。
病気なんだから、ちょっと外ではしゃぐくらい、
療養の一つでは?と思いますが、
目くじらを立てられる回数が多くなればなるほど
療養期間も長くなればなるほど、
公務はやりたくないのでは?
と思われても、まあ仕方ないかなと思います。

でも、終戦の日の8月15日の乗馬やテニスだけは
避けるべきと思います。

太平洋戦争では二百万人以上の日本人兵士が
「天皇陛下万歳!」と死んでいますから。

都知事の猪瀬直樹氏の
適応障害ではなく新型うつでは?
というのには、なるほど、と思いました。
雅子妃の現状を聞く分には、新型うつと似ているように思えます。

社会問題化し始めている新型うつ・・・

会社で、プレッシャーのある仕事を担当したら、うつになり、療養。
療養中は、海外旅行をしたり、結婚をする人もいます。

確かに、ご飯も食べられないくらいの
プレッシャーのある仕事はあります。
(そんなプレッシャーのないおばさん達がうらやましい)

でも、殺されるわけではありませんから,
別に死なないし、と思えば、
なんともないはずですけど。

猪瀬氏の文章の通り
10年かかっても、治らないというのは
病気の見立てが間違っている・・・

これは正しい。

職場が合わないから
職場を替えて、回復を待つべきというのも正しい、
でも皇室の場合、それはないでしょう。

このまま次の10年を過ごす?
皇后になったら、どうするのだろう?

気になるのは、
文春がオブラートに包んだとはいえ
意見特集を組んだこと・・・

なにか、ある?

林茂森茶行の東方美人 2012をいれました。

蓋碗にお湯を注ぐと、
艶のある香りが立ち上ります。

嗚呼、東方美人だ。

味わいはちょっと強く・・・
茶葉多すぎ。

久しぶりなので、入れすぎ、茶葉多すぎ。

東方美人はいいお茶だ。

画像


「猫に鬱はないな…躁はいるけど…ナミイがそう」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック