家ごはんは最高ダニャー 136

第7134話 シャケと大根のピリ辛煮

田中角栄が、政権を取った時、
亡き父が、どこから仕入れたのか、
「田中角栄は、これ食べてんねや」
と作ったのがこの料理でした。

シャケの頭やアラと大根を煮て、
唐辛子を利かせた料理でした。

昔は、シャケは塩蔵でしたでしょうし、
手間はかからず、作れて
寒い新潟では、体が温まりますし、
ごはんも進む、郷土料理だったんだと思います。

子供心に、この料理を覚えていて、
大きくなってもからも、時々、作っていました。

今回は、よく行く風のまーけっとのあるスーパーで
シャケのアラを見つけ、作ってみました。

画像


①シャケは、国産のものを選びました。ペルー産は避けました。
②鍋に水を入れて、煮立ったら、シャケのアラを入れます。
③アクを取り除きます。
④大根は皮を取り除き、輪切りにして、面取りをします。
⑤③に④の大根を入れます。
⑥唐辛子を、3個ほど入れます。それと、塩を少々。
プリ辛の好みにもよりますが、唐辛子の本数を調節してください。
⑦色付けの意味で、めんつゆを入れます。
これがポイントです。以前は、めんつゆを入れませんでしたが、
入れると香りが立ちます。香りも味のうちって!

画像


⑧1時間ほど煮て、ひと晩冷まします。食べる前に、火にかけます。

アレンジとしては、味噌味もありだと思いますが、
あまり色々なものを入れるのは、ちょっと、どうなんだろうか?
と思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック