茶器三昧 其乃参百参拾七

第7847話 強い火は、何も生まない

わが家の破壊工作員、家内が、
銅瓶を空焚きしてしまい…
外側は、銅の色が見え、内側は、黒くなってしまいました。

強火が原因です。

強火の場合は、火が上部に届くので、
内部に水分があっても、上部は空焚きの状態になります。

家内曰く「まだ水は入っていたの」

強火で、放置するからだ!

ポイントで純銅のケトルを買いました。

強火での使用を考慮したデザインなんですね。

画像


でも、内部がニッケルメッキのせいか、
味わいが鈍く感じます。

前の銅瓶と何か違う…

しかたなく、銅瓶をゲットしました。

内側は錫なので、味わいは、期待どおりです。
デザインはモダンで、すこし傷が目立ちます。

画像


白川堂の刻印があります。

玉川堂のものがほしいけど…
とても手がでない…

このデザインからすると、強火はだめです。

強い火は、何も生まない…

家内には、今度やったら、許さないと言わないと…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック