家ごはんは最高ダニャー 254

第8429話 どうしようか? ぬか床…

昨年の初夏に作ったぬか床。

冷蔵庫で、漬け物をいろいろ試しながら、
冬になると、外に出しました。

やっぱり一番おいしいのは、蕪と大根。

失敗も多く、酸っぱくなった漬け物は、
カレーにするという手段を使い、しのいできました。

そんな時、女性セブンで、ぬか床の記事があり、
すっぱくなると、卵の殻を入れ、
しょっぱくなると、昆布を入れると、
普通の味わいになると書いてあり、
実践すると、そのとおりです。

ふだんは、捨てる卵の殻が有用だったとは、初めて知りました。

画像


普通の味わいになると、
好みの味に漬かる日数が、ほぼほぼ当たるようになります。

ぬか床は見て、色が黒っぽければ、天地返しをして、
水がでていれば、米ぬかと塩を加えます。

白いカビができて、悪臭を放つようだと、
その部分を取り除けばok、
黒や緑のカビは、ぬか床を捨てるということを知りました。

冬は気温が低いので、
ぬか床は時折見るだけでいいのですが、
3月になり、気温が高い日が続くと、
2,3日ごとに見なければなりません。

夏になり、毎日、ぬか床をメンテナンスするのは大変なんです。
冷蔵庫でぬか床を維持するのは大変…
家内に、水が出ていると言われ、何度、拭いたことか…

ぬか床を作るのは、
それほど難しくはないので、
秋に作り、春には捨てるというサイクルに変えようかと思い始めました。

でも、それだと、夏野菜の漬け物ができなくなります。

画像


これも参ったなあ…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック