第5155茶 種子島松寿園の松寿 2018 初摘み

第8436話 片づけの作業量は、家の大きさではなく体積に比例する

画像


これは、その迷惑の一例。

画像


これは友人の実家の廃棄物の写真です。

この破棄物を見た友人のお父さんは、
「これをお金にすると、いくらだ…」
と絶句していました。

加えて、亡くなった友人のお母さんの服道楽、着物道楽のため、

画像


服と着物で、45リットル、75リットルのゴミ袋が50個ほどあったとか…

2人とも、戦前の生まれで、もったいない、が全てに優先するご夫婦…

加えて、家のサイズが、通常の倍、
電器店を営んでいらっしゃったので、
渡すべき景品、売れ残った在庫、
在庫を減らすために、自己購入した電気製品が、
そこここに放置されていたとか。

中には、オークションで売れる価値のあるものがありますが、
ほとんどは、捨てるしかありません。

片づけの作業量は、家の大きさではなく体積に比例します。

しかも別にある店舗の2階スペースは、今だ手つかず。
売れ残り在庫が溢れているはず…
と友人は肩を落としていました。

週刊文春で、60歳をすぎたら、
子供が、「片づけるように話す」とありました。
70歳になったら、「片づけなさい」と命令して、
80歳になったら、勝手に片づけないと、こうなります。

年をとると、片づけなんか、絶対しませんから。

「捨てる?もったいないだがね!」の結果がこれですよ…
と友人の弁。

もし、
・家のサイズが大きい
・片づけを先送りにする
・もったいないが優先す戦前・戦中生まれ、それか、ケチ
・今だ60歳~70歳
・ドンブリ勘定
が、ご両親に該当すれば、一刻も早く片づけを開始することを強く勧めます。

それか、廃棄業者の言うとおりに、お金を払うかです。

種子島松寿園の松寿 2018 初摘みを入れました。

マグに茶葉を入れて・・・なんですが、
お湯は温いもので入れたままで、放置です。

ちょっと、微妙だったかな…

単なるお茶でした、
お湯の量、多すぎですかね。

低温で入れるといってもねえ…でした。

画像

「まだまだだね…」

「トルタビ」を応援しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック