第5157茶 沙坑 台東烏龍 No,6

第8439話 桜のある家

庭に桜のある家は、憧れます。

家の中から、桜を愛でることができますから。
桜を見ながら、お茶を飲める、なんて幸せなんだろうか…

これは、通りがかりで見つけた家。

画像


これは足利で見つけた桜のある家。
開花の前ですが、この大きさからすると、、
相当、昔に植えられたはずです。

家の古さも、いいですね。

画像


ただし、落ち葉もすごいので、秋の掃除は大変だと思います。

画像


こういうのもいいですね。
憧れます。

桜館
https://chinatea.at.webry.info/201503/article_41.html

沙坑 台東烏龍 No,6を入れました。

この台東烏龍 No,6。
2017年にFoodexで仕入れたものです。

香りはふ~んなんですが、
味わいには透明感があり、かつ甘い。

面白いお茶です。

煎数は、それなりに楽しめます。

昔の凍頂、焙煎の強いものを、お手本に造ったと思いますが、
昔の凍頂とは、ちょっと違うけど、良い方向に向かった結果でしょうか。

画像

「予想と結果には、開きがある…だから、お茶は難しい」

「トルタビ」を応援しています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック