一日一茶@我愛中国茶

アクセスカウンタ

zoom RSS 一日一茶のB級グルマン備忘録 神戸編 No.364

<<   作成日時 : 2002/01/02 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

神戸 旧居留地 中国四川料理  天府

JR元町駅から、大丸方面へ行き、
大丸裏手の道を東へ、一つ目の角を右折して、
Block32の地下にあります。
四川料理の店で、料理長は、陳 健民氏の弟子。
デリシャス2001年9月号の「日本全国・陳 健民氏の担々麺マップ」
に記載されている店。
11:00〜22:00、年中無休。
陳 健一の色紙が店頭に飾ってあります。





カテゴリー席数従業員数清潔度
四川32席+個室9席*35名+厨房?良好
店内の印象総合印象その他のメニュー
高級感漂います☆☆☆☆☆☆+☆半分色々あります

2002/01/02撮影
午後1時過ぎですが、8人の行列。
家族連れや、買い物のカップルが目立ちます。
担々麺800円を二杯と、焼賣300円、
中国カステラ、マーライコー500円を注文。

画像


担々麺は、胡麻の味と辛味は充分です。
さほど、濃すぎるということもなく、あっさりと仕上がっています。
麻の味、山椒の味は皆無です。
少し気になったのは、醤油の味、舌に感じます。
麺は細麺で、ほとんどストレート。
ごわっとした歯応えの麺が、香港を感じさせます。
挽肉炒めの味付けは普通。





メニュー価格スープベース
坦々麺ランチ時800円定価は900円上湯ベースネギ、チンゲン菜挽肉炒め
スープ麺の茹で具合
胡麻+辣油細麺ストレート普通

関西人、特に神戸っ子は、薄味で繊細な味を好みます。
周りの注文を聞いていると、お粥やそばで、
担々麺はほとんど皆無です。
そのせいでしょうか、あっさり目の味が、ここの主張です。
濃い目の味が好きな人には物足りないかも。

焼賣は熱々ですが、2個で300円。
四川料理で、焼賣・・・・
大振で、美味しいのですが。
ちょっと感激がないというか?
中国カステラ、マーライコーとメニューにありました。
マーライコーが大好きな家内が注文。
表面を焼いてあるマーライコーは初めてです。
でも冷えている・・・
これが熱々なら、美味しいかも?
苺やキウィは要らないでしょう。

画像

焼賣300円

画像

マーライコー500円

レジ前で待っていると、
支払う段で、ウェイターと親子が話していました。
「こんなことをしてしまい、お代は頂戴できません」
「料理長に叱られます」
と話していました。接客はいいものがありますが、
席数に比べて、人が少ない。
行列といい、この接客といい、神戸での流行の店になってきているようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一日一茶のB級グルマン備忘録 神戸編 No.364 一日一茶@我愛中国茶/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる