一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編 No.1336

第8527話 キンシャリ屋@六本木ヒルズ

東京メトロ日比谷線から、六本木ヒルズへ通じる道は2つあり、
片方は食堂街です。

ラーメンは3店舗ひしめき合います。
フォーを加えると4店舗。

東京で一番競争の厳しい商店街と言っても過言ではないでしょう。

炒飯と酸辣湯麺の店 という文句に釣られて、
入りました。

実は酸辣湯麺には、一家言あるのです。

船橋の台湾料理の「慶龍」の名物は、酸辣湯麺。
台湾の黒酢を使い、酸味と味わいの丸みを調和させます。

炒飯も、パラリとしているか、これも一家言あります。

炒飯と酸辣湯麺のセット880円の食券を買いました。

炒飯です。

画像


見た目、ちょっと光っているので、油?と思いながら、
れんげを入れると、意外とパラリとしています。
味わいは、ちょっと醤油味が立ちますが、
油でベトっとしていないので、ふむふむです。

鍋の音がしっかりしていましたから。

酸辣湯麺です。

画像


とろみのあるスープを一口、口に含むと、
酸味が弱い。
辛みは普通です。

溶き玉子の花の具合もいいですね。

椎茸も味わいほどよく。

画像


麺が沈んでいたので、浮上させました。

幅広の麺で、茹で具合は普通。

食べ進むと、底に酢が沈んでいました。

ここで天地返しをするのか…

味わいは酸辣湯らしくなりましたが、
慶龍の味には、少し差があります。

印象度;☆☆☆+☆1/4

東京都港区六本木6-2-31 六本木ヒルズ ノースタワー B1F

東京メトロ日比谷線六本木駅六本木ヒルズ方面出口下車。
六本木ヒルズノースタワー下商店街にあります。

11:00-23:00 無休

席数;22席
従業員数:3名

「トルタビ」を応援しています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック