第5195茶 顔香舗興記茶荘の特級普[シ耳]茶 2018+ミント Iced

第8530話 大津の事故は、行政災!

東池袋といい、大津といい、
中高齢者の運転による幼児の死亡事件が、続出しています。

特に、東池袋の事故後、免許の返納する高齢者が、増加したとか…

でも、大津の場合は、高齢者ではなく、中年でした。

「ぼーっと運転してんじゃねえよ」
「漫然と運転してんじゃねえよ」
と言いたい…

全運転者に、年1度の運転適正試験を課すべき!
と思ったのですが…

事故の交差点のGoogleストリートビューを見て、
考えが変わりました。

保育士さんは、結構後ろに、子供を待たせています。
横断歩道の入り口近くには、ポールがありません。
カーブには、ガードレールありません。

ポールがあれば、多分防げたはず!

画像


交通事故ではなく、ガードレールやポールを、
作らなかった行政の怠慢が原因の災害です。これ。

行政が、交差点の横断歩道前に、
ガードレール・ポールを設置しておけば、多分助かった命です。

今頃になって、県が点検を始めました。
(千葉県は、結構実施しています)

子供が死なないと、やらないのか!

これは家の近くの交差点にあるガードレール。

画像


曲がってますでしょ…

事故多発交差点でもあり、
このようにガードレールはぶつかった痕が生々しいのです。

画像


この信号は、信号無視が多く、
一度、はねられる寸前だったこともあります。

ゆえに、ここで信号待ちする場合は、
かなり離れた所で待ちます。

ガードレールやポールがありますが、
無かったら、離れた所でも怖い!

ようやく、事故が多発するため、上り線の右折レーンの建設が,始まりました。

この交差点を右折する時、
30年近いのですが、いまだに緊張します。
海外旅行からの帰りは、
「この交差点を無事越えれば、旅程は9分」と唱えていたりします。

30年間で、どれだけ事故が発生しないと改良しないんだ!と言いたい。

人が死なないと、やらないのか!行政!
加計学園に投じる金よりも、こっちが先だろう!

顔香舗興記茶荘の特級普[シ耳]茶 2018にミントを加え、Icedで入れました。

茶葉に、ミントを加え、熱湯で入れて、

画像


氷を入れたグラスに、注ぎます。

仕上げに、ミントの葉をひとつ。

画像


ちょっと熟茶の香りはしますが、
アクセントですね。、
爽やかな口当たりは、この時季ならではもの。

飲みやすい。

「トルタビ」を応援しています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック