一日一茶のB級グルマン備忘録 足利編 No.1642

第8558話 伊藤商店 足利店@足利

仙台朝ラーの店です。

仙台 朝ら~って、仙台は朝ラーメンが有名でしたっけ?

画像


サイクリスト用?

画像


国道50号では、チェーンの山岡家と、ラーメンショップが、
早朝から営業していますが、足利市内では初めてです。

画像


朝7時からの営業…

都心では、過去に朝ラーメンありました。
高い地代だから、なんでしょうけど。
ほとんどが挫折。

田舎はどうなんだろうか?
思いやってくると…

お客さん、いますいます。

空席はありますが、ちょっと待つことに…

朝ラーメン500円の食券を家内と2枚買いました。

見ていると、ビール飲みながらラーメンを食べるおじいさんや、
子供づれの一家など、朝ラー人気です。

でも、座ってからラーメンが来るまで、
結構かかります…

ここがちょっと。

でも、まあ、真剣に作ってるってことなんでしょう。

画像


スープをひと口、口に含むと、あっさりした口当たりです。
塩梅も結構絶妙で、これは、貝かな?味わいの厚みを感じます。
バランスがいいと思います。
つまり朝から飲んでも、ok!

麺は、中太のちじれ、茹で具合は好みです。
麺のボリュームはあります。
午前中から炭水化物を燃やす場合には、Good!

チャーシューは、脂の旨みを感じますが、
味わいは大人し目。

メンマの味わいは、普通です。
柔らかさも普通。

ほうれん草かと思いましたが、
この地方の名産、かき菜だと思いますが、
今は旬でしたっけ。

画像


この模様は、伊達正宗公の兜にちなんでいるのかな?

ビジュアルは佐野ラーメンに似ていますが、
コンセプトは、別、スープのベクトルが違います、
味わいが厚い。

他のメニューのラーメンを食べていないので、
片手落ちかもしれませんが、
朝から食べるラーメンとしては、
バランスが良く、味わいのレベルが高いと思います。
スープと麺、具のメリハリもしっかりしていますし。

朝からお客がいるのも、そこが受け入れられているのでしょう。

問題は、手早く供するオペレーションに懸っているように思います。

印象度:☆☆☆+☆3/4

東武伊勢佐木線足利市駅南口下車。
伊勢佐木線沿いに、館林(東武和泉)方面へ歩き、
跨線橋に当たると、右折。これが足利市南のメインストリートです。
ひたすら、南へ歩きます。
APITAを越え、いっちょうの手前、左手にあります。
(東武和泉からのほうが近いと思います)

栃木県足利市堀込町2657-7

7:00-10:00
11:00-15:00
日曜営業、定休水曜。

席数:18
従業員数:2

「トルタビ」を応援しています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック