一日一茶のB級グルマン備忘録 足利編 No.412

大勝@柏

2001年ChibaWalker掲載の店です。
JR柏駅東口下車、イトヨーカードのある通りを東へ行き、
一つ目の信号を左折、神社を越えて、一つ目の信号を左折。
右に斜めに入る道を左折。これが三小通り。
直ぐにある信号を越えて真っ直ぐ行くと、左手にあります。
店の感じは、ラーメンと小さく書いてありますし、
駐車場には、大きく書いてあります。
歩いていると、出汁の香りがしますし、
待つための椅子も外にありますから、直ぐに分かります。
11:00~23:00、無休!






カテゴリー席数従業員数清潔度
和風系13席2名普通
店内の印象総合印象その他のメニュー
普通のラーメン屋さん☆☆☆☆☆☆+☆半分麺類のみ


2002/4/1撮影
開店直後に入りました。
「1つ半ね」「メンマ抜き」と食券を買いながら、
注文をいいます。瞬く間に、椅子はほとんど埋まりました。
地元では人気の店です。
見ていると、麺を良くほぐして鍋に入れます。
その間に醤油ダレ、調味油、パラリと粉末、ネギを
器にいれます。そして出汁ですが、
大鍋に煮干しや野菜で仕込んだ出汁を、
片手鍋にすくい、上から落として攪拌させます。
これは他では見られません。
ザルに一人前を入れるのではなく、平ザルで一杯づつ取り分けます。

412daikatusmall.jpg

まず、スープですが、熱い!
火傷しそうなくらいでした。
でも、魚系の味はしっかりしています。
風味もいいです。好みです!
麺は中細のややちじれ、茹で具合は普通。
チャーシューは、小さく脂身が多い。
でも、脂身の美味しさは感じません。
メンマも味は薄く、歯応えがあります。






メニュー価格スープベース
ラーメン小600円煮干し、野菜、鳥ガラ、豚骨チャーシューネギ、メンマ
スープ麺の茹で具合
醤油中細ややちじれ普通


火傷しそうなくらいでした。
食べた後もしばらく、舌が熱さを憶えてました。
熱さの理由は、調味油です。これが風味を飛ばさないように、
しかも熱さを逃がさないようにしているのでしょう。
隣りの人は、食べる時に水を追加していました。
やっぱり熱いのですよ。
それと粉は黒胡椒でした。器の底に近づくにつれて、
ピリっとした味が強くなってきましたから。
ここは、永福の大勝軒が修業元なんでしょう。
麺箱にも、大勝軒と書いてありました。
ChibaWalkerの写真とは違う茶髪の人が作ってました。
美味しいとは思いますが、あらっぽい感じがします。
繊細さに欠けるというか?でも纏まりはいいと思います。

この記事へのコメント