一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編 No.1299

第8745話 ら麺亭@浅草

JFTが始まる前に、食べたいと考え、やって来ました。

わんたん麺650円、焼賣150円を注文しました。
前金で支払います。

東京で、浅草で、この価格はうれしい。

まずは、焼賣です。

19-10-19-11-18-38-661_photo.jpg

1個75円という値段からすると、このボリュームは立派です。

大きい、自分で作る焼賣とは大違い。
やっぱり焼賣は、こうでないと…
今度は、大きめに作ってみよう、と反省する大きさです。

餡の味わいは、おとなしく、
豚の脂の旨みは感じるものの、
もう一工夫ほしいと思いますが、
これは値段からすると怒られます。

ここは辛子です。
針生姜なら、もっとうれしい。

名物の肉厚ワンタン麺650円です。

19-10-19-11-18-58-071_photo.jpg

スープは優しい味わいです。
醤油味が突出することもなく、
まあ、パンチがほしいとも思えないこともないですが
バランスがいいと思います。
いやな重みもなく、すっきりしています。

麺は中細のややちじれ、茹で具合は心持ち軟らかい。

チャーシューは小さいもの厚みが1cmちかくあり、
これはうれしい。
味わいは豚の脂の旨みを感じます。

メンマは、小さめに裂いてあり、食べやすい。
味わいは普通。

ワンタンは6個だったかな?
サイズは大きめで、味わいは普通。
餡のボリュームは大きめで、これもうれしい。

19-10-19-11-26-13-482_photo.jpg

全般的のバランスのいい一杯です。

ワンタンのボリュームが大きめで、
これはワンタン麺の評価としては、高い。

隣に座ったヨーロッパ系の若者、
何回か来ているようです。

ラーメンを注文すると「お試し価格400円」と言われると、
テーブルに硬貨を並べていました。

ほほ笑ましい。

インバウンドに優しいお店です。

印象度:☆☆☆+1/2☆

東京都台東区浅草1-39-9

東京メトロ・都営浅草線下車、浅草の5差路から馬道通りを北上。
浅草2丁目の交差点を左折。
道なりに進みと道が曲がるところ、左手にあります。

平日・祝日 11:00-20:00
土・日 10:00-20:00

席数:9席、晴れた土日は通りにも席が出ます。

1656_ramentei_20191019.JPG

従業員数:4名

HP
https://asakusa-ramentei.jp

訪問日:2019/10/19

過去ログ
https://chinatea.at.webry.info/201910/article_266.html?1572355211

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント