茶器三昧 其乃参百五拾五

第8722話 寿司屋の湯呑みをお茶のみに使うこと。 家内の実家にあった、家内の親戚の寿司屋の湯呑み。 要らないというので、もらってきました。 捨てる人あれば、拾う一日一茶あり。 貫入も入っていて、 寿司屋の配る湯呑みにしては、凝っています。 文字は、人生、是、七転八起。 7回転んでも、8回起き上…
コメント:0

続きを読むread more

第5410茶 林茂森茶行の文山包種茶 2019 春茶 沢の水だし 後編

第8721話 金木犀の香りに包まれたなら。 町を歩いていると、金木犀の香りがします。 ユーミンの「やさしさに包まれたなら」 というか、 金木犀の香りに包まれたなら、です。 通りに、必ず1本の金木犀の樹があり、 町じゅうの金木犀が、一斉に咲き始め、 香りを競っているかのようです。 …
コメント:0

続きを読むread more