雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #22

第8837話 『そう、これも骨董なのです』を読みました。 雑木林からの木漏れ日が心地いい。 骨董品を生活に使うのは、少し生活に潤いを感じるので、 印判の小皿、楕円皿などは、重宝していますし、 時に古い蓋碗、茶壺を使ってお茶を淹れます。 なぜなんだろうか? 多分、古いものの持つ時の流れの感じるからかもし…
コメント:0

続きを読むread more

第5459茶 林茂森茶行の茶枝 2017

第8836話 広い空と遠くの山々、夕日のきれい町、足利。 初めて、足利を訪れた時、 山が近くて、生まれ故郷の神戸に似ている印象がありました。 森高千里さんの『渡良瀬橋』。 いい曲ですよね。 鼻歌で『渡良瀬橋』を歌いながら撮影していました。 「広い空と遠くの山々、夕日のきれい町」の歌詞のまま…
コメント:0

続きを読むread more