第6017茶 奄美大島のクビ木(ツルグミ)茶

第9203話 備えあれば、憂いなしなんだが…

西ヨーロッパの国々では、致死率が軒並み10%以上です。
そんな中で死亡率の低いドイツは、
2009年新型インフルエンザが発生した時に、
またパンデミックが発生することを想定し、
最悪の事態「ワーストケース・シナリオ」を作っていました。

https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00023/042000163/

このシナリオ、
もし、この武漢肺炎ウィルスが人為的に作られていたとしたら、
このレポートを参考にしたのでは?というくらい酷似しているとか…

ドイツは、このシナリオを元に、
医療、経済、市民生活etcをシミュレートして、
最善の方策を準備していたとも。

確かに、ドイツは、長らく分断されていて、
いろいろなことが発生することを考えるのが必要だったのでしょう。

緊張感を持って備えれば、憂いなし!

20200423_1.JPG

起るかどうかを考えると杞憂として、
何もしない政府は多いと思います。

しかし、2003年のSARS、2009年の新型インフルエンザ、2015年のMARS、
を考えると、近未来にパンデミックの可能性はあるとする創造性が必要だと思います。

17-11-18-20-19-18-051_photo.jpg
「でも、日本の政治家・官僚に、創造性を求めるなんてムリだな…」

奄美大島のクビ木(ツルグミ)茶を淹れました。

淹れたというよりは、茶トル淹れです。

消費モードなので、そろそろカビが生えるかも…
という怖れからです。

でも、麦茶らしい味わいで、飲みやすくておいしい。

猫に新型コロナウィルスが罹患するかどうかの中国の動物実験には絶対反対です!

中国政府!
猫の命を科学の進歩の犠牲にしないで!

写真集『柳行李』と『トルタビ』を応援しています。

写真集「柳行李」絶賛発売中!



https://amzn.to/2YMjlYH

67401662_10157159743954303_4351910212928536576_n.jpg

讀賣新聞 但馬版で、掲載されました。

1577107255474.jpg

「トルタビ」も絶賛発売中!



https://amzn.to/2XH02Q0

画像


画像


「トルタビ」紹介のサイト

シュプ-ル
いい男は、波とともにやってくる! #深夜のこっそり話 #1114
https://spur.hpplus.jp/beauty/skb/201906/21/QRRVIAO/?fbclid=IwAR1MDBZvcEXSknxDcXJBDPAP0OmdtsBzmrod8snrSkCdZM098Iq5O4yLL2I

プレシャス
旅行がもっと楽しくなる!写真家が教える「料理をオシャレに撮影する」簡単テクニック15
https://precious.jp/articles/-/12074?fbclid=IwAR3lcPqXd0jkbrDEOyPD7HI4xh3_C_dANvK_qhwgsVlY_ZlWFXDXsw0w3YM

通販生活、AGORA、週刊文春、美的に掲載されています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント