一日一茶のB級グルマン備忘録 佐野編 No.1683

第9528話 佐野らーめん 匠屋@佐野

道の駅「たぬま どまんなか」では、野菜などを買います。
その向かいにあり、買う、食べるがすぐにできるので、
この店は気になっていました。

道の駅「たぬま どまんなか」で買い物を終えて、
夕方やってきました。

20201024_takumiya.JPG

先客がいて、テーブルは満席でした。

20-10-24-17-18-07-512_photo.jpg

20-10-24-17-17-55-162_photo.jpg

家内は醤油のチャーシューメン850円、
一日一茶は塩ラーメン700円、
餃子は大きめというので、1皿450円を注文しました。

厨房は大きく、きれいに磨かれていて、
清潔感があり、気持ちいい。
メニューのイラストにある店主さんが、目を配り、
仕切っているのが分かります。

塩ラーメン700円。
20-10-24-17-29-40-696_photo.jpg

スープをひと口、口に含むと、
少ししょっぱさが立ちます。

20-10-24-17-29-49-837_photo.jpg

塩ラーメンの張り紙には「深いこくと風味」とありますが、
塩味の広がり、滋味が欲しいと思います。
スープの濃くは普通。

麺は、製麺室があったので、手打ち。
厚みのばらつきは少なく、もちっとした歯応えがあり、
これは美味しい。

チャーシューは2枚。
軟らかく、味わいは普通ですが、豚の脂の旨みは感じます。
メンマの味わいは普通。軟らかさも普通。

醤油のチャーシューメン850円。
1603695209462.jpg

醤油で味わいを補完する店がありますが、
醤油の味わいは突出していません。
ほのかにしょっぱい。

餃子450円。
20-10-24-17-30-11-874_photo.jpg

サイズは大きめ、佐野ラーメンの店では標準サイズなんでしょう。
焼き具合は普通。
皮の厚さはやや厚みを感じます。
歯応えは普通。
皮と餡には、隙間を感じます。
肉汁はあります。
餡の刻み具合は普通。
餡の肉の割合は普通。餡の味わいは普通。

20201024_takumiya_utsuwa.JPG

使い続けた器も、非常に好感がもてますし、

すこししょっぱく感じるものの、
店主さんの主張、個性を感じる一杯です。

印象度:☆☆☆+1/4☆

次はしょうがラーメンでしょうか。
佐野ラーメンの店には、しょうがラーメンを置く店が多い。
一度食べてみないと…

10月24日訪問。

栃木県佐野市吉水駅前3-4-10

東北道の佐野・藤岡インターから、
国道50号を西へ向かい、高萩高架橋の側道を入り、
2つめの交差点を右折、東産業道路を北に向かい
佐野市内を抜けて、道の駅交差点を右折。
1つ目の交差点をUターン、佐野市内へ戻る上り線の左手にあります。

(月・火・木・金)11:00~14:00、17:00~19:30
(土・日・祝)11:00~14:30、17:00~19:30
※なくなり次第終了
水曜定休

従業員数:5
席数:36(武漢肺炎禍のため少なくなっています)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント