老校閲者の独り言#167 佐世保は「させほ」か「させぼ」か?

第9838話 佐世保は「させほ」か「させぼ」か? 前回は、茨城は「いばらき」か「いばらぎ」か?でした。 高校の修学旅行で訪れた佐世保。 バスガイドさんが 「佐世保の読み方は『させほ』か『させぼ』の二とおりあります」 「『させほ』『させぼ』ほぼ違いはありません」 と話していました。 「ほぼ」ねえ… 佐世…
コメント:0

続きを読むread more

第6315茶 WEDGWOODのENGLISH APPLE+干し林檎

第9837話 雑木林の破壊者はズル賢い。 住んでいるマンションの入り口の斜向かいにあった雑木林。 ご神木もあったのですが、とうとう駐車場にするために、 造成、完全な破壊が開始されました。 南側にある一戸建てやアパートは恐怖でしょうね… 記録的な大雨が降ると、崩れるかもしれない… 工事の説明が張り出され…
コメント:0

続きを読むread more

第6314茶 林茂森茶行の普[シ耳]茶 2019 +干しレモン

第9836話 ようやく設置。 最寄り駅への道で、跨線橋の下をくぐるトンネルがあります。 車止め?があるのですが、バイクが入ってきて、 歩行者の脇をすり抜けて行きます。 一度、巡回しているお巡りさんに、 進入禁止にしたらと言いましたが、 放置されること、何年。 あるとき、信じられないスピードで入って行くバイク…
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#167 茨城は「いばらき」か「いばらぎ」か?

第9835話 茨城は「いばらき」か「いばらぎ」か? 家内と一緒に常磐道を走っている時に、 茨城の読み方は「いばらき」か「いばらぎ」か? という話題になりました。 一日一茶は「いばらぎ」だろうと答えました。 ところがパーキングエリアの地図は「いばらき」です。 ググると朝日新聞のエッセイがありました。 茨城…
コメント:0

続きを読むread more

第6313茶 WEDGWOODのENGLISH APPLE+干しレモン

第9834話 歩いていてギョっとしたもの… このごろ、写したい花を探して野良猫のように、歩いています。 線路際を歩いていて、ギョっとしました。 カラスの死体…? 実は偽物でした。 カラスによるゴミあさりを防止するためのものでした。 WEDGWOODのENGLISH APPLEに干しレモ…
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之五百七拾九

第9833話 マットの代わりのスパイラルトンネル。 フカフカのマットがお好みのようで、 椅子のマットで寝ていありする三匹です。 家内が買ってきたスパイラルトンネル。 気にいったようで、時折入っています。 ナミイは好きそうです。 でもナミイとクウちゃんが入っているシーンが撮れたのは、 すごいな… …
コメント:0

続きを読むread more

家ごはんは最高ダニャー 350

第9832話 シャケボナーラを作ってみました。 シャケはあります… 塩焼きだけでは、物足りませんし、 シャケのクリームパスタはありきたりですし、 カルボナーラのベーコンをシャケに代えればいいと考え、 作ってみました。 ①パスタの茹であがり時間を逆算して、シャケに塩を振りをコンロで焼きます。 ②パスタの茹であがり時間…
コメント:0

続きを読むread more

第6312茶 WEDGWOODのENGLISH APPLE+干し林檎

第9831話 ナンバーにかける思い。 車を購入すると、お金を払えば、自分の好きなナンバーにすることができます。 「1122」のナンバーの車に乗っていたのは、仲の良さそうなご夫婦。 「2525」にナンバーの車に乗っていたのは、おばさん。 「1122」は「いい夫婦」の意味でしょうね、ほほ笑ましい。 「2525」は、ニコ…
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #84

第9830話 日刊ニャンダイを読みました。 家内が買ってきた、 日刊ゲンダイの臨時増刊「日刊ニャンダイ」350円。 記事内容も、取材対象も結構すごい、猫愛溢れています。 アラーキーの愛猫チロのこと、グっときました、 「愛しのチロ」読みましたし… 猫愛溢れた写真集です。 アラーキーが最…
コメント:0

続きを読むread more

第6311茶 WEDGWOODのENGLISH APPLE

第9829話 Wit ケンタッキーの前で見かけたこの光景。 思わず、スマフォを出してパチクリ。 ちょうど出てきた飼い主さんにも、敬意を表して会釈しました。 まさに「ウィットの利いた」という言葉そのもの! 「Wit!」 WEDGWOODのENGLISH APPLEを淹れました。 茶トル淹れ…
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 佐野編 No.1692

第9628話 佐野青竹手打ちラーメン押山@佐野 足利から佐野へ行くのに、山側の道を使いました。 佐野市北部、田沼方面へ行くのは、便利で空いています。 (途中、ネズミ取りには注意が必要ですが…) 佐野市北部にある岳乃屋を訪れようと思い、行くと定休日でした。 第4月曜日は定休です。 こんなこともあろうかと、付近の店を…
コメント:0

続きを読むread more

第6310茶 林茂森茶行の普[シ耳]茶 2019 +干し柚子

第9627話 自国でワクチンを短期間で開発できないツケ。 武漢肺炎禍、世界の感染状況を数字で見ると… 世界の人口が77億人として、 3月25日現在の武漢肺炎感染者数は1.24億人、 世界中で1.6%の人が感染している計算になります。 100人に2人が感染しています。 アメリカはワクチンの影響で、感染者数が落ち始め…
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#167 延びると伸びる

第9826話 延びると伸びる 「駅を中心に南北に商店街が伸びる」 この文章の間違いに気付かず通してしまいました。 伸びるではなく、延びるです。 伸びる 縮むの対語、真っすぐになる。 「足を伸ばす」「手を差し伸べる」 延びる 広がる、延期、延長。 「開催が1年延びる」「高速道路が延びる」「終点まで足を延す…
コメント:0

続きを読むread more

第6309茶 WEDGWOODのENGLISH APPLE+干し林檎

第9825話 第3波➡リバウンド➡第4波? 緊急事態宣言が解除になり、開放感に溢れた1都3県。 町を歩いていても、それは感じます。 この時期に、桜の開花時期を迎えたこともあり、 歩きながら、お酒を飲みながらの花見をしたり、 公園での外飲みがメディアで取り上げられることも多いのです。 ちょうど卒業式のシーズンで…
コメント:0

続きを読むread more

お散歩ときどき絵ごころ No.460

第9824話 麦育つ足利・佐野をお散歩 足利に所用があり、佐野の「かたくりの里」を訪れたいこともあり、 早朝、外環道、東北道を走り、まずは「かたくりの里」を訪れ、 写真を撮り、それから「たぬま どまんなか」で野菜を買い、 足利へ向かいました。 麦が育っていますね。 足利で所用を済ませ、 夕方、松…
コメント:0

続きを読むread more

第6308茶 林茂森茶行の白毫烏龍茶 2020 岩清水出し

第9823話 いい大人のテーマパーク… 佐野プレミアムアウトレット。 月曜日で雨ですから、空いてます。 イースターの飾りがありました。 でも、日本人には、イースターといっても、ピンときませんが、 欧米からの旅行者にはうけるかも… でも、今年はちょっと苦しい。 歩いて思ったのですが…
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#166 良いと善いとよい

第9822話 良いと善いとよい 「良い結果が出ました」 漢字とひらがなで使い分けをするのが個人的には必要と考えています。 良い 人の行動・性質や事物の状態などが水準を超えているさま。 ですから「悪い」と置き換えて、意味が通じる場合は漢字。 「良い結果が出ました」⇔「悪い結果が出ました」 よいには、もう一…
コメント:0

続きを読むread more

お散歩ときどき絵ごころ No.459

第9821話 かたくりの里をお散歩 この時期、かたくりが咲く場所が、佐野にあることを知り、 足利へ行く途中に立ち寄ることにしました。 佐野藤岡インターから小山方面へ行き、 「かたくりの里」を目指します。 万葉自然公園 かたくりの里 http://sano-kankokk.jp/information/1513/…
コメント:0

続きを読むread more

第6307茶 林茂森茶行の文山包種茶 2020 岩清水淹れ

第9820話 分殺 21日の千葉県知事選挙。 20時5分に、テレビで熊谷氏に当確が出ました。 ほぼ分殺。 しかも、開けてみると、自民党候補に100万票の差がつくほど衝撃的圧勝。 自民党千葉県連はずいぶん前から準備していたのに、 100万票の差とは... 武漢肺炎禍対策では、森健知事も、小池タ…
コメント:0

続きを読むread more

第6306茶 林茂森茶行の普[シ耳]茶 2019 +干し柚子

第9819話 アマリリス咲く。 アマリリスの花芽が伸び、ようやく花が咲き始めました。 他の鉢も花芽が出始め、 今年は長くアマリリスの花が楽しめそうです。 ホントに大きい花です。 晴れた日にベランダで撮影するかな… 「今日はサクラ猫の日、外で暮らす同胞に『幸多かれ』と祈ります。」 林茂森茶行の…
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #83

第9818話 「茶事の時間」を読みました。 JALカードの「AGORA」。 「茶事の時間」という連載が始まりました。 第1回は、八雲茶寮の「朝茶は福が増す」。 第2回はロイヤルブルーティーの「お茶は人と文化をつなぐ」。 これからどこが紹介されるのか楽しみです。 ************…
コメント:0

続きを読むread more

第6305茶 NPO法人 生活自立研究所 富浦作業所のびわ葉茶 2020

第9817話 春は車の運転に気をつけましょう… 春は、運転免許を手にする若者が多いのです。 そして、練習がてら、ご両親を乗せて走ることも… おまけに、緊急事態宣言が解除されたら、 開放感を求めてドライブしますよね。 春は車の運転に気をつけましょう。 青葉マークを見たら、やさしく譲りましょう。 「つまり、…
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之五百七拾八

第9816話 撤去反対! 気の早い家内が、猫たちの電熱マットとベッドを撤去してしまいました。 暖冬とはいえ、まだ寒いもあるかもしれません。 昨年は3月29日に雪が降りました。 猫たちは、椅子のマットを占拠します。 きーちゃんもマットで寝ています。 3匹とも、テーブルの椅子のマットで…
コメント:0

続きを読むread more

家ごはんは最高ダニャー 349

第9815話 干し林檎を作りました。 乾燥器を手に入れて、ほぼ1年。 いろいろな乾燥果実を作りました。 人気でいうと、 干し蒲萄>干しいも>干し林檎>干し梨>干し柿 逆に失敗したのは、干しバナナ、干しキウイ。 人気はないのは、干しゴーヤー。 いろいろな乾燥手法があるんですね。 高温で乾燥させる手法、低…
コメント:0

続きを読むread more

第6304茶 オーガニック・プーアールの珈琲小陀

第9814話 珈琲小陀 香港の茶餐應では、コーヒーと紅茶のブレンド飲料「鴛鴦茶」があります。 鴛鴦茶は、コーヒーとティーバッグの紅茶をブレンドし、 コンデンスミルクが沈んでいます。 コーヒーと紅茶のブレンドは美味しくないだろうと思う人は多いと思いますが、 飲んでみると、あながち、えっと思うような飲み物ではないと思い…
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#165 有給と有休

第9813話 有給と有休 チャンネルNECOの「七つの会議」を見ていました。 「有給届」の字幕がありました。 有休休暇の届出なので「有休届」では? 「有給」は無給の対語になります。 「有給届」では、無給の対語の意味ではあり得ないので、 完全な間違いでもないですけど… やっぱりちょっと…私、気になります! …
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編

第9812話 ベトナム食堂 フォー・ホア@船橋 JR船橋駅南口下車。南へ向かう通りを京成電鉄の方へ歩くと、 船橋駅の1F、next船橋にあります。 とっておきの笑顔で作られた気取らない普段着のベトナム料理。 本場の味をお楽しみください。 在日ベトナム人がうなる本場そのままの味! 店先の等身大パネルのベトナ…
コメント:0

続きを読むread more

第6304茶 林茂森茶行の文山包種茶 2020

第9811話 緊急事態宣言は解除されますが… まあ、緊急事態宣言が再々延長されると、 経済に与えるダメージが、だらだらと続きます、 緊急事態宣言を解除すると、 新規感染者数が下がりきっていないので、 次の第4波がすぐに来るかもしれないということは、 究極のトレードオフ。 とはいえ、緊急事態宣言を再々延長しても、新規感染…
コメント:0

続きを読むread more

ボーっと撮ってんじゃねえよ、感じろよ。#10

第9810話 風を感じる写真。 風を感じる写真を撮りたい、といつも思っているのですが、 シーズン中は、風が吹くと、海へ行くので、撮れません。 オフシーズンだけのせいか、あまり写していません。 これはシーズン前の南風が強風の日。 でもこれって画竜点睛を欠きますね。 遠くに、航空機が飛んでいれば… でも…
コメント:0

続きを読むread more

第6302茶 宮崎茶房の有機薪火熟成3年番茶 2020

第9809話 津田沼のパルコ閉館。 2023年に津田沼のパルコが閉館することを家内から聞きました。 1977年開業、ちょうど一日一茶が千葉へやってきた年です。 津田沼のパルコは津田沼の駅前にどっしり構えているような印象があります。 2階にある喫茶店「Sanyo」、多分開業当時からあると思います。 …
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#164 活かすと生かす

第9808話 活かすと生かす 「光を活かす」と入力すると、 記者ハンでは「生かす」にしなさいと推奨が表示されます。 生かす/▽活かす(goo辞書) 1 いったん息絶えたものを生き返らせる。蘇生 (そせい) させる。 「溺れた人を人工呼吸で―・す」 2 死なないようにする。命を長らえさせる。 「魚をいけすに入れて―・…
コメント:0

続きを読むread more

第6301茶 大島明日葉研究所 純粋明日葉茶 2020

第9805話 高齢者にやさしい社会 毎月15日以降、年金の振りこみ日になります。 町の銀行は、引き出しに来る高齢者で混み合います。 昨今の銀行は、武漢肺炎のため、入場制限を行っています。 いろいろな高齢者の方がいらっしゃいます。 一番すごいのは、 「なんで俺が入場制限されなといけないんだ!」 と受付を強行突破す…
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#163 上とうえ

第9804話 上とうえ 「マニュアルをよく読んだうえで、操作してください」と、 マニュアルには記載されていますが、 日本人ほどマニュアルを読まない民族はいないかも… よく読んだ上? よく読んだうえ? 漢字?ひらがな? 上には、上下の位置関係を表す場合と、物事の前後関係を表す場合に使われます。 この場合は、…
コメント:0

続きを読むread more

第6300茶 林茂森茶行の文山包種茶 2020

第9803話 桜咲く! これは14日の一日一茶の桜標準木。 2,3の枝で咲いています。 桜咲く! 林茂森茶行の文山包種茶 2020を淹れました。 マグ淹れなんですが、春茶の香りはいい。 春茶の香りは、春の訪れを感じます。 毎年、文山包種茶の香りを聞くと、春になったと実感します。 …
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #82

第9802話 新潮と文春のグラビアを読みました。 足利の山火事の記事が掲載されていました。 インパクトでは文春の勝ちですね。 カメラマンの腕の差でしょうか。 知らなかった、自衛隊のチヌ-クがつり下げていた消火水の量、 5トンですって。 自衛隊のチヌ-クは、松田ダムで水をくみ上げていましたが、 足…
コメント:0

続きを読むread more

第6299茶 林茂森茶行の台灣蜜香紅茶 2020+干し林檎

第9801話 やっぱりオリンピックは開催されるのでしょう。 ピョンチャンで開かれた冬期オリンピックを思い出すと、 スキージャンプの決勝は、なんと真夜中すぎでした。 アスリートファーストのオリンピックであれば、あり得ません。 理由は、その地域で視聴率が取れる種目を、 その地域のゴールデンタイムに、放送したいということにほ…
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之五百七拾七

第9800話 確定申告の敵は猫。 確定申告の期限は、普通3月15日ですが、 今年は、武漢肺炎のせいで、4月15日です。 毎年、いろいろな書類をテーブルに並べ、 計算しながら、書類を作るのですが、邪魔する猫がいるんです。 画像は故スーリなんですが… かわいく邪魔します。 怒れない…𠮟れない…
コメント:0

続きを読むread more

家ごはんは最高ダニャー 348

第9799話 黄金色の干しいもを作ってみました。 見切り品の紅はるかがあったので、干しいもを作りました。 ①皮を剥きます。 ②厚さを1cm~1.5cmほどにサイズを切り整えます。 ③②を水に30分ほど浸けます。 ④15分ほど弱火で蒸します。 ⑤15分ほど、余熱で蒸します。 ⑥40℃ほどの温風で2時間ほど乾燥…
コメント:0

続きを読むread more

17年目のご挨拶

16年を終えて、17年目を迎えた一日一茶。 「みなもするブログというものをしてみるなり」と、2005年3月13日に、 初めて書いた記事は「Foodex2005」でした。 それから16年間。今日から17年目。 そして、1万エピソードを超えました。 通常のエピソードに加え、B級グルマン備忘録など、 以前のHP…
コメント:0

続きを読むread more

第6297茶 富宇茶行の大兎嶺 2016

第9797話 いつまで続くのか、緊急事態宣言… 1月に始まった緊急事態宣言。 3月21日まで再延長になりましたが、 感染者数は下げ止まり感があります。 変異株の広がりもあり、再々延長になるかもしれません。 このままでは4月まで続くかも。 昨年の緊急事態宣言の時は、町の人出は少なかったものの、 今年は多い。 …
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#162 故里と故郷と古里

第9796話 故里と故郷と古里とふるさと 兎追し彼の山… 文部省唱歌の故郷(ふるさと)。 この唱歌の影響で、故郷は「ふるさと」と読む人は多いのですが、 故郷は「ふるさと」とは読めませんから、 記者ハンでは、故里、故郷は「ふるさと」「古里」と推奨されます。 なぜ新聞は「ふるさと」を「古里」と書くのか @毎日こと…
コメント:0

続きを読むread more

第6296茶 林茂森茶行の普[シ耳]茶 2019 +菊花

第9795話 スーパーの見切り品コーナーからわかること。 あるスーパーの見切り品コーナー。 ドライフルーツを作るのに、まず安い果物はないかを探します。 ブドウ、さつまいもetc こんなに、見切り品があっていいの?大丈夫ここ?と思っていました。 この疑問が氷解したのが、知り合いの梨農家さんとのお話。 …
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百五拾八

第9794話 スインググラスで中国茶を淹れてみたい スインググラスの中で揺れる茶葉を見ながら、 お茶を飲みたい…龍井を淹れみたい… しかし熱湯が可能なスインググラスはありませんでした。 スインググラスを耐熱ガラスの作家に作ってもらおうか? と考えながら、高いだろうなと考えると二の足を踏んでいました。 …
コメント:0

続きを読むread more

第6295茶 林茂森茶行の菊花 2020

第9793話 アマリリスの花芽が伸び始めました。 大輪の花が咲きそうです。 他の鉢を見ると、計2本花芽が出ています。 楽しみ楽しみ。 「花咲き待ちの窓辺…」 林茂森茶行の菊花 2020を淹れました。 マグ淹れなんですけどね。 マグに菊の花を入れ、お湯を注ぐと、 菊の香りが立ち上…
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#162 目途とメドとめど

第9792話 目途とメドとめど テレビ朝日の「報道ステーション」で、 アメリカCDCの会見で「メドが立ちました」というテロップを見ました。 世間一般では、メドは目途と書くのが一般的では、と思い調べると… なんと「目途」と「目処」の2とうりの書き方があります。 目途は「もくと」と読みます。目処と意味は同じ。 …
コメント:0

続きを読むread more

第6294茶 大島明日葉研究所 純粋明日葉茶 2020

第9791話 晩冬の夜来香 いつもと違う帰り道を歩いていると、 花の香りがします。 沈丁花だ! しかも、ちょっと冷たい空気でも、 凜とした品のある香りを感じます。 沈丁花が咲き始めると春は近い。 大島明日葉研究所 純粋明日葉茶 2020を淹れました。 マグ淹れです。 簡単なずぼら淹れ…
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百五拾七

第9790話 白の気品。 暁芳窯のくみ出し茶碗。 白の気品を感じますね。 白の蓋碗や茶杯は、茶湯の色が分かりやすいので、 お茶を淹れるのは向いていると思います。 白といっても、窯元の判断で微妙に青・黒・黄色を混ぜますが、 この茶碗は、白ですね。 でも、白は…
コメント:0

続きを読むread more

第6293茶 宮崎茶房の有機薪火熟成3年番茶 2020

第9789話 21日は投票に行こう! 今月21日は千葉県知事選の投票日。 「千葉県を夢と魔法の国にする」… 宮崎茶房の有機薪火熟成3年番茶 2020を淹れました。 茶トル淹れです。 保温力のある方です。 香りも立ちますし、 味わいも豊かで、番茶の良さが分ります、このお茶。 …
コメント:0

続きを読むread more

お散歩ときどき絵ごころ No.458

第9790話 静かになった足利をお散歩。 またも所用で足利を訪問しました。 早朝、湾岸地域を出発、 8時開店のたぬまどまんなかで野菜を買い、 足利へ行き、家内が所用をしている間、 家内の実家の店舗の片づけを行います。 これは足利へ行く途中、 麦は伸びてきました。 上空をヘリが飛び交わな…
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #81

第9788話 「魚座の最後の日」を読みながらお茶。 家内の実家の整理中に見つけた、昔、読んだ文庫本、 片岡義男の「魚座の最後の日」。 軽く渇いた文章とストーリー… わたせせいぞうと片岡義男が好きだった若い頃を思い出しました。 そういえば、お土産に鹿児島紅茶を買ったとありました。 1988年にあったんだ、鹿…
コメント:0

続きを読むread more

第6292茶 ヴェトナム ハノイ Huong Sen Shop(フーンセン) Tan Cuong 2019

第9787話 そろそろ干し椎茸作りはおしまい。 3月になり、湿度が上がり始めると、 干し椎茸作りはおしまいです。 寒い北風も吹きませんし。 干し椎茸をパック入れて、冷蔵庫で保存して、 石づきは、出汁用に使い、 本体は、料理と出汁に使います。 大体、10月には使い終えますが、 今年は結構多めに作った…
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之五百七拾六

第9786話 ニコイチ ニコイチとは複数の個体から1つの個体を構成すること。 自動車やバイクで、よく使われる手法です。 ばくおん!の恩紗ちゃんの家の家業はバイクショップで、 「ニコイチモータース」でした…意味深。 話を猫に戻してと… ナミイやクウちゃんが電熱マットで寝ていると、 きーちゃんがやって来て、…
コメント:0

続きを読むread more

家ごはんは最高ダニャー 347

第9785話 3種類の干しいもを作ってみました。 たぬま どまんなかで、 サツマイモが3種類あったので、品種別に作ってみました。 紫いも系のパープルスイートロード 紅はるか 安納いも ①皮を剥きます。 ②サイズを切り整えます。 ③20分ほど弱火で蒸します。 ④15分ほど、余熱で蒸します。 ⑤40℃…
コメント:0

続きを読むread more

第6291茶 林茂森茶行の台灣蜜香紅茶 2020+干し林檎

第9784話 刺身はパックのままで、食卓に出すのは、あり or なし 「正月に刺し身をパックのまま食卓に出された夫が不機嫌になった」は、 あり? or なし? 普段なら、皿を洗わなくて済むので、ありだと思います。 自分でも、そうしますし。 うん、家内は皿に移し替えているかな… 問題は、お正月であること、お正月…
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#161 子とコと娘

第9783話 子とコと娘 子供のことを表す「子」。 「この子」というふうに使います。 子供ではなく、少女や娘のことを「この娘」と書いて「このこ」と読ませる場合があります。 しかし、娘には「こ」という読み方はないので、 ルビか、「コ」と書くのが正しい。 問題なのは、子供ではなく、PCやお茶を「このこ」と呼ぶ人がいま…
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 佐野編 No.1691

第9782話 赤見屋本店@佐野 以前、16時来ると、売り切れ閉店でした。 佐野ラーメンの店で、通し営業の店は少数派なので、 15時ごろにやって来ました。 駐車場に車を入れると、群馬ナンバーのバイクの集団が駐車し始めていて、 これは、いけるかも…と思い、店に入ると、大丈夫でしたが、閉店寸前、 後、3人ほどで売り…
コメント:0

続きを読むread more

第6289茶 宮崎茶房の有機薪火熟成3年番茶 2020

第9781話 今年も、3週間早くないか… ふと、家の前の雑木林を見ていると、 辛夷の花が咲いています。 今年も、3週間ほど早くないかな… 暖冬ですしね… 宮崎茶房の有機薪火熟成3年番茶 2020を淹れました。 保温力のある茶トルで淹れました。 香りも立ちますし、味わいもすっきり、個性が立ちま…
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#160 どとド

第9780話 どとド ど真ん中、どえらい、ど根性、どぎついetcの「ど」。 強調する意味で使います。 記者ハンでは、 ど真ん中、どえらい、ど根性、どぎついの「ど」はひらがなと推奨されますが、 世の中では、「ド」も多いと思います。 ド真ん中、ドえらい、ド根性、ドぎつい。 ド真ん中、ド根性は、まあよしとして、 カ…
コメント:0

続きを読むread more

第6288茶 林茂森茶行の普[シ耳]茶 2019 +菊花

第9779話 心の温かい国、台湾。 何年か前に、台北の茶荘でお茶を試飲していました。 すると、初老の男性が突然入ってきて、何やらと店の人にお願いしました。 店の人はどうもキャンデーを渡したようです。 その時は、何だろう?と思ったのです。 この年になって分かったのですが、彼は糖尿病だったと思います。 …
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 佐野編 

第9778話 いでい焼きそば店@佐野 足利は、ポテト入り焼きそば、 佐野は、いもフライと、ソース味の名物があります。 この地方はソース味が、ソウルテイストだと思います。 家内は、ソースとケチャップを混ぜたソースを作ります。 「これは足利ソースだね」というと、 「ソースは足利のソウルテイストなのよ」と返しま…
コメント:0

続きを読むread more

第6287茶 林茂森茶行の紅玉 2020 岩清水出し

第9777話 問題発覚➡入院➡辞意表明は、自民党・政府高官お決まりの逃げ回りコース。 総務省のゴチ問題。 30年ほど前、大学でお世話になったコンピュータ関係の方に会い、 サーバベースドコンピューティングの製品を、 ある会社は使ってますよという話をすると、 「おお、そりゃいいね、資料ください」と言われ、 「いいすっよ」…
コメント:0

続きを読むread more

お散歩ときどき絵ごころ No.457

第9775話 ヘリの爆音響く足利をお散歩。 足利では大規模な山火事が発生していました。 でも、所用で家内の実家がある足利へ行かねばなりません。 日曜なので、外環道は空いています。 東北道を順調に走り、佐野藤岡インターで降り、 たぬま どまんなかへ向かいました。 ここで野菜を買うのが狙いです。 ここの…
コメント:0

続きを読むread more

第6286茶 林茂森茶行の白毫烏龍茶 2020 岩清水出し

第9774話 ワクチン接種はホントいつになるのだろうか… 世界中でワクチンの奪い合いをしていますから、 思った以上にワクチン接種には時間がかかりそうです。 いろいろなワクチンが発表されていますが、 よく考えているなと思ったのは、イギリスのアストラゼネカ。 日本の製薬会社JCRファーマが9000万回分を製造する予定です。…
コメント:0

続きを読むread more