老校閲者の独り言#175 姉さんと姐さんとねえさん

第9902話 姉さんと姐さんとねえさん 日本映画専門チャンネルを見ました。 高倉健特集の『夜叉』『ホタル』を見ていました。 日本映画専門チャンネル、通称、日映の字幕、ミスが多いですね。 『ホタル』は「乾杯!」の字幕が表示したままです… 『シグナル』では、意味不明の文字が、左上に時々表示されます… 『夜叉』…
コメント:0

続きを読むread more

第6344茶 林茂森茶行の文山包種茶 2020 水出し

第9901話 終日酒類提供禁止=休業要請 28日から始まった、一都三県の飲食店における終日酒類提供禁止。 26日の夜あたりから、確実に人通りは少なくなりました。 店によっては、 休業のところもあれば、 酒類の提供をしない店もあります。 ですから、店に入ってきて「生中!」と注文すると…
コメント:0

続きを読むread more

第6344茶 林茂森茶行の菊花 2020+普[シ耳]茶 2019

第9900話 キツネとタヌキの化かし合い小競り合い。 小池タヌキと丸川キツネ、そろそろやり始めました。 初めから、こりゃ、やるな、自民党はリヴェンジするかも…と思っていたら、 やっぱりでした。 自民党のヤジ将軍でもあった丸川キツネですから、しないわけがない。 でも、小池タヌキの方が一枚上手かも、 妖怪…
コメント:0

続きを読むread more

風日誌 2021/4/28

第9899話 今年の初プレーニング! 連休前だし、海空いてそう、吹くのは午後だし、潮も午後がいいので、 朝ごはんをゆっくり食べてから、海へ行くと、 駐車場は満車、路上駐車が激しい。 仕方なく、駐車場所を探していると、予備の駐車場が開きました。 ラッキーと車を入れたのが11時。 まずは、セールだけは張り、 ボードは状…
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#174 3タテ

第9898話 3タテ 「3補選は自民党の3タテ」。 3タテ=3連敗の意味です。 このタテは「盾」とばかり思っていました。 ホント?と思い調べると、 毎日ことばさんに説明がありました。 「3タテ」は3連敗を意味したはずが… https://mainichi-kotoba.jp/enq-277 「3タテ」…
コメント:0

続きを読むread more

第6343茶 林茂森茶行の菊花 2020

第9897話 3タテ この日曜25日、広島、長野、北海道と選挙がありました。 メディアは補選とひとくくりにしていましたが、 長野、北海道は補欠選挙、広島だけは、再選挙なんですね。 2補欠選挙、1再選挙の結果は、自民党の3タテ… 広島は、世間を騒がせた河井案里議員の有罪が確定したために、 当選無効になり再選挙。…
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No.1696

第9896話 札幌ラーメン 武蔵@船橋 東武船橋でよく開催される「ぶっさん」。 旅費を払わず、旅行に行った気分になれるので、 お年寄りに、人気です。 この「東武のぶっさん」では、 ご当地のラーメン屋さんがイートインに出展していて、 結構楽しみでした。 武漢肺炎禍で、ラーメン屋さんの出展がなくなり、 このご時世…
コメント:0

続きを読むread more

第6342茶 林茂森茶行の普[シ耳]茶 2019

第9895話 激しくなる鬱憤晴らし 人種差別、どこの国でもあると思います。 おうおうにして、有色人種は白色人種から差別を受けます。 武漢肺炎禍のような微生物による災害が世界規模で発生すると、 潜在化していた人種差別が、エスカレートし、 ヘイトクライムになるんだと思います。 トランプーの「チャイナウィルス」発言は、…
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#173 収まると納まる

第9894話 収まると納まる 「この金額で納まります」 うん?納まる…収るでは? goo辞書には… おさま・る〔をさまる〕【収まる/納まる】 の解説 [動ラ五(四)]《「治まる」と同語源》 1 一定の範囲の中にきちんと入る。 「押し入れに―・る」「予算の範囲に―・る」 2 その場所に落ち着く。 ㋐受け入れら…
コメント:0

続きを読むread more

第6341茶 ヴェトナム ハノイ Huong Sen Shop(フーンセン) Tan Cuong 2019 水出し

第9893話 自反而縮 雖千萬人 吾往矣 住んでいる湾岸地域は「まん防」に該当するので、 午後8時で、ほぼ閉店になります。 しかし、中には深夜まで営業をしている店もあります。 3月の雨の深夜、行列ができているのを見たこともあります。 ちなみに、この店の支店は武漢肺炎禍で、閉店していて、 倒産しないため…
コメント:0

続きを読むread more

家ごはんは最高ダニャー 354

第9892話 メンマを作ってみました。 筍のシーズンは終わりに近づき、 最後に2本の筍を頂きました。 掘りたてということではなく、 受け取りまで、ちょっと時間がかかってしまいました。 やっぱり、根元の方は硬いですね。 硬い…、そうだメンマを作ろう!と思い立ちました。 まず、アクを抜きます。 プロが…
コメント:0

続きを読むread more

第6340茶 林茂森茶行の文山包種茶 2020 水出し

第9891話 店のルールは守ろう! ファストフードのチェーンである「松屋」。 この頃はセルフサービスに転換が進んでいます。 ところが、セルフサービスに転換したことを知らないのか、 戻すのが面倒なのか、 セルフサービスでない時と同じように、食べた後の食器とトレイを、 そのままにして店を出る輩を時々見ます。 …
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之五百八拾弐

第9890話 人間は猫のしもべである クウちゃんは、おなかがすいたら、 前足でチョンチョンとつつきます。 布団に入れて、という時も、前足でチョンチョンとつつきます。 つつかれると、そのとおりにしたくなるほど… チョンチョンとつつく猫は、ファーマウだけでした。 それも若い時だけ。 老いてから、しなかっ…
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #88

第9889話 SIGNATUREの「日々是冒険」を読みました。 今回は「世界一危険な茶室」、高過庵の紹介です。 茶室内で立ち上がると揺れるそうです。 入るのにも梯子が必要… 揺れても心が動じることなく、お茶淹れられたらいいな… **************************************…
コメント:0

続きを読むread more

第6339茶 ヴェトナム ハノイ Huong Sen Shop(フーンセン) Tan Cuong 2019 水出し

第9888話 3度目の緊急事態宣言発出=背水の陣 変異株の猛威はすさまじく、大阪、京都、兵庫、東京には、 今日から3度目の緊急事態宣言が発出されました。 7月のオリンピックの前ということもあり、 このままでは下火にならず、 7月にピークを迎えることになるやもしれず、 人の動き、流れを最小限にして、 短期…
コメント:0

続きを読むread more

第6338茶 ヴェトナム ハノイ Huong Sen Shop(フーンセン) 菊茶 2019

第9887話 小室問題 28枚の小室文書、経緯の説明には適切かもしれませんが、 「返してもらうつもりはなかった」=「贈与を受けている」という認識の主張ばかりで、 弁護士になるために、アメリカで学んだことは、表われているようですが、 弁護士の卵の背伸び感しか感じません。 弁護士というのは、 法律の下に、もめ事を解決する…
コメント:0

続きを読むread more

第6338茶 モンゴルのお茶Ⅱ

第9885話 類は友を呼ぶ。 ミャンマーの民主政権が軍部によるクーデターで、 軍政に戻った後、抗議する民衆への暴力による弾圧はエスカレートする一方です。 中には、銃撃により子供の死亡も確認され、 国際社会からは非難の声が上がりますが、 いっこうに、収まる気配がなく、死者数だけが積み重なっています。 日本人ジャーナ…
コメント:0

続きを読むread more

第6337茶 阿里山清香珠露茶 2017

第9884話 レッドロビン 生け垣によく使われている常緑樹のレッドロビン。 春先は、枝の先が深紅になりますが、 だんだんと落ち着いた茶色になります。 よく茂るので、外から家の中が見えないので、 生け垣としては、ベストなんでしょうね。 花も咲きますが、咲いたのを見かけることは少ないのです。 …
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#171 伺うと窺うと覗うとうかがう

第9883話 伺うと窺うと覗うとうかがう 「小室文書には、弁護士としての背伸びをうかがえる」 伺える、窺える、覗える、うかがえる… どれだ? 伺う(デジタル大辞泉) 《「窺う」と同語源。目上の人のようすをうかがいみる意から、その動作の相手を敬う謙譲語となる》 1 「聞く」の謙譲語。拝聴する。お聞きする。 「おうわさ…
コメント:0

続きを読むread more

第6336茶 小梅茶荘の雲南 蘭韵白毫 2019

第9882話 甘い苺を食べるには… 昔は、5月からが苺のシーズンでした。 このごろは5月には苺は終わります。 道の駅 たぬま どまんなかで、 月に1度、苺を買うようになって半年。 苺も生産者によって、味わいが違うんだ!ということが分りました。 ある生産者の苺は甘い。別の生産者はそれほど甘くない。 …
コメント:0

続きを読むread more

雑木林の弐拾四節気歳時記 穀雨の頃

第9881話 今年も田植えの準備、一歩前へ。 北側の田んぼが耕されました。 後は、水を引けば、田植えの準備完了になります。 北側の田んぼ、次は南側の田んぼの順です。 今年は2週間早いので、もしかしたらGW前に田植えがあるかも。 ************************************…
コメント:0

続きを読むread more

第6335茶 林茂森茶行の普[シ耳]茶 2019+干しレモン

第9880話 今年も燕の季節がやって来た。 足利で、作業中、作業場所の窓から、 燕が入ってきました。 巣を探しているのでしょう。 燕からすると、「ヤベ!人間いるじゃん!」なんでしょうね。 こっちは「燕、ホバーリングしている、スイスイ飛ぶだけじゃないんだ」 少しの間、出る窓を探して、出ていきました。 最寄…
コメント:0

続きを読むread more

家ごはんは最高ダニャー 353

第9879話 新タマスライス 道の駅 たぬま どまんなかで、新タマネギが並んでいました。 まっ白なんです。 これは買うしかありますまい。 調理はスライスするだけ、そう、オニオンスライスです。 ちょっと、小ねぎを乗せ、色みを着けました。 食べてみると、甘い。 ポン酢というオーソ…
コメント:0

続きを読むread more

第6334茶 林茂森茶行の白毫烏龍茶 2020 岩清水出し

第9878話 春の色。 道の駅 たぬま どまんなかで見た、春の野菜や果物。 これも春の色ですよね。 冬にもある色なんですが、 春の色は格別かも。 見ていて気持ちがいい。 「私らは、窓辺からしか分りません、春の色は…」 林茂森茶行の白毫烏龍茶 2020を岩清水で淹れまし…
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之五百八拾壱

第9877話 もさもさからすっきりすると… 部屋の中に避寒していた観葉植物をベランダに出しました。 きーちゃんたちが隠れて葉っぱをかじっていた鉢も出すので、 ちらばった枯れ葉の掃除をしなければなりません。 でも、すっきりすると猫たちの走り回る回数が増えたような気がしますね。 **********…
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #87

第9876話 週刊文春と週刊新潮を読みました。 小室文書の発表とその後の「解決金を支払う」という展開後の記事が載っています。 文春は、元婚約者さんの録音を公開。 新潮は、それが無い分、読ませる記事です。 今週は、新潮の勝ちでしょうか… **********************************…
コメント:0

続きを読むread more

第6333茶 林茂森茶行の普[シ耳]茶 2019+干し林檎

第9875話 もさもさからすっきりへ。 寒の戻りもそろそろ収まったようで、 家の中に避寒していた観葉植物をベランダに出しました。 それはそれは、すっきりです。 「半年後には、もさもさになるんだけどね…」 林茂森茶行の普[シ耳]茶 2019に干し林檎を加え、淹れました。 干し林檎といっても、皮と…
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#170 木と樹

第9874話 木と樹 「生命の樹」。 旧約聖書、新世紀エヴァンゲリオン、ユダヤ教カバラ… に出てくる「生命の樹」。 生命の木?生命の樹? 樹と木には、使い分けがあるのです。 樹 生きた立ち木。 木 生きた立ち木と切った後の材木、材質としての木。 生命の樹は、旧約聖書の創世記(2章9節以降)…
コメント:0

続きを読むread more

お散歩ときどき絵ごころ No.463

第9873話 燕飛ぶ佐野・足利をお散歩。 所用があり、足利の家内の実家を訪問しました。 外環道・東北道はほぼ順調で、 8時前に「たぬま どまんなか」へ到着。 新鮮な野菜を買い、足利へ行きました。 麦伸びています。 足利で所用を終え、松田 仙人の水を汲み、 佐野ラー…
コメント:0

続きを読むread more

第6332茶 林茂森茶行の文山包種茶 2020 岩清水出し

第9872話 後味の悪い… 眞子様と小室圭氏の結婚、すでに10月に決定とか… 小室圭氏のアメリカ留学も突然すぎましたが、 説明しなさいという皇室の呼びかけには動かず… ようやく動いたと思ったら、混乱を作り炎上状態… しかし皇室・宮内庁は眞子様と小室圭氏の結婚へ向けて、 下地を作っているかのようです。 でも、…
コメント:0

続きを読むread more

第6331茶 林茂森茶行の普[シ耳]茶 2019 +干しレモン

第9871話 恋は盲目すぎる… 眞子様と小室圭氏の結婚問題、 「人の恋路を邪魔する奴は馬に蹴られて死んじまえ」 と思っていました。 4月に入り、急転直下、 小室圭氏の28枚に及ぶ「贈与を受けている」という認識の説明文書が公表され、 その4日後には「解決金を渡す」と表明。 「解決金を渡す」ということは、 借金踏…
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#169 おもちゃとオモチャ

第9870話 おもちゃとオモチャ 「玩具」は「おもちゃ」と書きなさいと記者ハンでは推奨されます。 おもちゃ 遊びに用いる対象物・道具。 ですが、大人がセックスで使用する「オモチャ」や、 慰みものにする、もてあそぶの意味で使う「オモチャにする」は、 個人的には、カタカナにするのがベストと思います。 次…
コメント:0

続きを読むread more

第6330茶 林茂森茶行の普[シ耳]茶 2019 +生姜

第9869話 こんなおもちゃがあるんだ… 止めてある車をのぞいて、 ギョっとしたことはいうまでもありません。 赤色回転灯… 警察車両?と思いながら、見ていると 反対側に「一般公道では絶対に使用しないでください」と、 書いてありました。 今では買うのが面倒そうなので、 昔のものなのでしょう… …
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No1694

第9868話 熱烈中華一番 船橋店@船橋 next船橋の中でも、フードコートっぽさもありますが、 一応、セパレートされていて、 武漢肺炎禍ですから、店先にテイクアウトも置かれています。 メニューの中には、サンマー麺もあり、 ちょっと横浜かいな?と思い、入ってみました。 台湾ラーメンもありま…
コメント:0

続きを読むread more

第6329茶 宮崎茶房の有機薪火熟成3年番茶 2020

第9867話 GW前に第4波来襲。 この前、トイレから出てきた外人さん、 マスクしていませんでしたし、 そのトイレを利用していたインド人のグループ、 全てマスクはしていませんでした。 ヨーロッパやインドで感染が止まらない理由はわかりますね。 GWは第4波来襲か?と思いましたが、 カーブを見ても、底を打ってます。…
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#168 おつと乙とオツ

第9866話 おつと乙とオツ 「ツウが選んだ乙な味わい」という、フレーズを考えるとします。 ツウが選んだ乙な味わい ツウが選んだおつな味わい ツウが選んだオツな味わい と候補があります。 ちなみに、記者ハンでは漢字。 NHK辞書ではひらがな。 共通するのは「甲乙つけがたい」という場合。 乙(デジタル…
コメント:0

続きを読むread more

第6328茶 林茂森茶行の普[シ耳]茶 2019+菊花2020

第9865話 体温 世間的には、ガンタイプの検温計が一般的になりました。 非接触ですしね。 故に、検温される数が増えたのですが、 自分の体温が実は低い、36度を割っていることが多いことを認識しました。 だから暑がりなんだ… 加齢もあるのでしょうけど。 と思っていたのですが、歯医者さんなどで、 前の人の…
コメント:0

続きを読むread more

家ごはんは最高ダニャー 352

第9864話 筍料理3種類。 昨年も頂いた取れたての筍。 昨年はアク抜きが十分でなかったせいか、 味わいに微妙にエグみを感じていました。 アク抜きの参考にしたのは、このページ。 プロが教えるたけのこのゆで方。ぬかなしでもアク抜きできる! https://mi-journey.jp/foodie/3…
コメント:0

続きを読むread more

第6327茶 林茂森茶行の菊花 2020

第9863話 特異日。 特異日、ある天候が、偶然とは思われないほど高い確率で現れる特定の日。 とされていますが、いつもと違う状況になるのも、 個人的には特異日だと思っています。 クロネコヤマトにとっての特異日は、7月1日と12月1日。 7月1日、お中元が一斉に配達される日。 12月1日、お歳暮が一斉に配達される日…
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之五百八拾

第9862話 猫たちの抜け毛で作るボール。 ナミイちゃんや、クウちゃんをブラッシングすると、 それはそれは大量の抜け毛が発生します。 これを丸めて小さなボールを作ると、 ナミイは遊ぶんです。 ちょうどサイズがいいんですかね。 そして、いろいろな所に入ったままで、 あるとき、あった!なんてなるんでしょ…
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #86

第9861話 アメリカンインディアンの教えを読みました。 全部で10条あります。 1.聖なる大地を大切にせよ 2.緑あるすべてのものを敬愛せよ 5.大地より必要なもののみとりそれ以上ものはとるな 6.全ての善きことのためになせる全てのことをせよ 9.自然のリズムにしたがい、日の出とともに起き、日暮れと共に休め…
コメント:0

続きを読むread more

第6326茶 大島明日葉研究所 純粋明日葉茶 2020

第9860話 控えおろう!このお茶をなんと心得る! イタリーアはフィレンツェのLa Vie Del Teの「BANCHA FIPRITO」なるぞ。 この武漢肺炎禍、イタリアから帰国した家内の友人のお土産です。 フィレンツェにお茶屋さんがあるなんて… しかも、1961年創業。 イタリア人は、カプチーノかエ…
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編

第9859話 カレー屋 SATCHMO@東日本橋 路地裏にあるカレーショップ、おいしそうな予感がして、そのままでした。 いわゆる宿題店。 この辺りは繊維関係の会社が多いので、 昼食時は混むと予想していたので昼前にやって来ました。 12時前のせいか、先客は0。 欧風カツカレー850円を注文しました。…
コメント:0

続きを読むread more

第6325茶 林茂森茶行の菊花2020+普[シ耳]茶 2019

第9858話 なんでクーちゃんなんだろうか? 宝くじのマスコットキャラ「クーちゃん」。 なんで、くじらなんだろうか? 宝くじの「くじ」だから… なるほど… 「クーちゃんとクウちゃんをかけている?」 林茂森茶行の菊花2020に普[シ耳]茶 2019 を加え淹れました。 菊花の出がらしに…
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#168 通とツウ

第9857話 通とツウ WOWOWプラスの「美味しんぼ」を見ていました。 食通の「通」に「つう」のルビが振られていました。 なんで食通の「通」だけに… ミス? 食通の意味は、料理の味や知識について詳しいこと。また、その人。 ただし、詳しいの意味の「通」だけでは、カタカナにするでしょう。 通(デジ…
コメント:0

続きを読むread more

第6323茶 林茂森茶行の菊花 2020

第9856話 八重桜の季節、東京を歩きました。 東京へ行ったのは1年半ぶり! 耳に不安があり、ウィンドサーフィンのシーズンインも近いので、 神尾記念病院へ行きました。 病院だけでは、もったいないので、帰りの人形町の小梅茶荘へ伺い、 久しぶりに、お二人にお会いし、お茶を頂き、 積もる話をしてきました。 …
コメント:0

続きを読むread more

第6322茶 富宇茶行の大兎嶺 2016

第9855話 悲しい桜の樹。 この樹、なんの樹、気になる樹… 見たこともない樹になるでしょう~ とはいうものの、大きな桜の樹もあれば、 こんな悲しい桜の樹もあるのです。 大きくなって、通りに被さってしまい、 市役所が切ったのでしょう… でも、少しだけの花でもほほ笑まし…
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#168 印としるし

第9854話 印としるし 潮干狩りで採った浅蜊の身が痩せているのは暖冬の印、あれ、しるし… 漢字、ひらがな、どっちだっけか? 記者ハンでは、漢字とひらがなの使い分けを推奨しています。 目印や証明の意味では漢字。 「おわびの印」「目印」「印を付ける」 きざし、効果の意味ではひらがな。 「大雪は豊作のしるし」「…
コメント:0

続きを読むread more

第6321茶 林茂森茶行の普[シ耳]茶 2019 +干しレモン

第9853話 緑茶のジャム 家内に「GOTO鹿児島たっぷりキャンペーン」の美味しいものセットが当選してました! 一番興味を引かれたのが「SHIROYAMA HOTELの知覧茶ジャム」。 どういう味わいなんだろうか? 茶葉がそのまま入っているのかな? と興味津々で、蓋を開けました。 ペースト状です。…
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 茨城編

第9852話 笠間製麺処@笠間PA(西行き) ひたちなか海浜公園から桜川の高峯へ行く途中、 食事をする店を探しましたが、時間が合わず、 仕方なく、笠間PAで食べることにしました。 あったのは、そばとうどんとカレーの笠間製麺処。 高速道路のPA,SAって、料理は、なんであんなに高いんだろう、 と思って、ふと…
コメント:0

続きを読むread more

第6320茶 林茂森茶行の普[シ耳]茶 2019 +生姜

第9851話 キャンペーンの終わった4月。 d払いやPayPay、3月は両方ともにキャンペーンが多かった。 企業の年度末駆け込み売り上げアップ策なんでしょうね。 それほど、武漢肺炎禍の影響は深刻ということなんでしょう。 まあ、10%から20%還元が多く、 上限が1000円と設定されているものが多く、 HP…
コメント:0

続きを読むread more

家ごはんは最高ダニャー 351

第9850話 豚キムチーズ厚揚げを作りました。 厚揚げ料理に、レパートリーが増えました。 名付けて「豚キムチーズ厚揚げ」。 豚キムチと厚揚げを和えて、とろけるチーズをかける、 ①豚肉をフライパンで炒め、火がとおったらキムチを入れます。  豚肉は、挽肉でも小間でもok。 ②①に厚揚げを入れて和えます。 ③…
コメント:0

続きを読むread more

ボーっと撮ってんじゃねえよ、感じろよ。#12

第9849話 高峯の山桜を写しました。 モザイク模様というか、 山桜の咲く北関東の山は、美しいと思います。 山全体に咲く山桜をどう撮るか、桜だけを撮っても、ピンときません。 春を壮大な感じで出したいと考えますが、 どう構成するか悩みます。 田植え前の田んぼと一緒にするとか… …
コメント:0

続きを読むread more

第6319茶 林茂森茶行の普[シ耳]茶 2019 +干しカボス

第9848話 美味しい!臭わない!藁づとの納豆! 撮影の帰り、常磐道上りの友部SAで買った藁づとの納豆、 家で試してみました。 初め、藁かい…衛生面は大丈夫?というのがありましたが、 食べてみると、美味しい。 パックの納豆とは、味は別物ですね。 臭いしませんし。 ただし、藁から納豆を取るのは少々難儀…
コメント:0

続きを読むread more

お散歩ときどき絵ごころ No.462

第9845話 山桜の名所 高峯をお散歩。 桜川市の高峯、山桜の名所です、 2019年の4月、山桜を撮影に来ました。 今年は3月31日、2週間ほど早いです。 でも前回は結構散っていましたが、 今回はさほど散ってはいませんでした。 今回は、ひたちなか海浜公園の次に訪れました。 ひたちなか海浜公園からは、北関東道で近…
コメント:0

続きを読むread more

第6318茶 NPO法人 生活自立研究所 富浦作業所のびわ葉茶 2020

第9844話 納豆愛。 常磐道の友部SAに立ち寄りました。 納豆コーナーがあり、考えられる限りの納豆関連商品があるのだと思います。 納豆カレー、納豆せんべい… チョコ納豆… わらチョコ納豆… ちょっと脱帽した茨城県人の納豆愛でした。 NPO法人 生活自…
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#168 からっ風か、空っ風か?

第9843話 からっ風か、からっ風か? 上州名物、かかあ天下とからっ風。 上州は、冬、北西の季節風が山から吹き下ろします、 それを「からっ風」と呼びます。 そのため上州は冬の晴天率が高く、太陽光発電所が多い。 また、乾燥した強風でもあるため天日干しなどの乾燥した食物の生産にも適しています。 からっ風か、空っ風? …
コメント:0

続きを読むread more

ボーっと撮ってんじゃねえよ、感じろよ。#11

第9842話 ひたち海浜公園で花を写してみました。 この時季は、水仙が見頃。 ネモフィラは咲き始め。 チューリップはまだ早いでした。 水仙 水仙や梅、桜を絡めてみましたが、イマイチ。 菜の花 蝶が飛んでいる絵が撮りたかった… ネモフィラ 空まで続くネモフィラと…
コメント:0

続きを読むread more

第6317茶 WEDGWOODのENGLISH APPLE+干し梨

第9841話 緩んで、弾けて第4波来襲!かも… 1都3県の緊急事態宣言が終わった途端、 今度は、先に緊急事態宣言が終わった大阪と兵庫、それと宮城に、 まん延防止等重点措置が発出です。 先週末、都内の桜の名所では、花見やってました。 繁華街の人出も増えていて、 緊急事態宣言が終わった!という緩みと、 さあ飲むぞ!と弾…
コメント:0

続きを読むread more

お散歩ときどき絵ごころ No.461

第9840話 ひたち海浜公園をお散歩。 家内と、花を写したいと考え、 ひたち海浜公園と桜川を一緒に訪問して、 ひたち海浜公園ではネモフィラ、水仙を、 桜川では山桜を撮影する、get two計画を立てました。 ひたち海浜公園と桜川はそんなに遠くはないのです。 ひたち海浜公園と桜川をどっちを先にするか、 迷ったので…
コメント:0

続きを読むread more

第6316茶 林茂森茶行の普[シ耳]茶 2019 +生姜

第9839話 ワクチンパスポート 武漢肺炎が陰性であること、ワクチンが接種済みであることを証明するワクチンパスポート。 中国政府が世界に先駆けて運用を開始しました。 中国で“ワクチンパスポート” 渡航者の接種を証明 https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/arti…
コメント:0

続きを読むread more