一日一茶のB級グルマン備忘録 横浜編 No.463

保土ヶ谷 濱壱家

月曜定休、11:00~04:00
相鉄星川駅下車、国道16号へ出て、16号保土ヶ谷警察署前。
月曜日定休 11:00~04:00
12席、3名。うち1名リベロ。
看板には、千家とあります。
製麺署は大橋製麺。
すべて普通で注文。ラーメンは550円、
ライス付きで650円、ミニカレーは200円。
ライス付きを注文。





カテゴリー席数従業員数清潔度
家系14、15席?厨房2名+リベロ1名普通
店内の印象総合印象その他のメニュー
所謂家系☆☆☆☆☆☆ラーメンとご飯類のみ

2002/7/2撮影

画像


スープは適度に醤油が効いています。
濃く、脂もあります。
脂分は食べた当初はそれほど、感じませんでしたが、
食後2時間ほどして、胃がもたれてきました。
うん、やっぱり家系なんですね。
そう言えば、家系お得意の濁ったスープでしたね。
この濁ったスープは血抜きをしないで豚バラ骨を煮込むと、
こういう濁ったスープになるそうです。
でも、しつこいスープ、時々食べたくなるのはなぜ・・・
茹で具合は普通のはずが、やや固い。
腰があるとも言えますが・・・
中太の麺です。ややちじれ。
ここも家系お得意の平ざるの取り分けです。
湯切りはまあ、丁寧です。
ほうれん草は茹で過ぎ。
チャーシューは、普通ですね。
どこにでもあるチャーシュー。
豚肉の旨みそこそこ、柔らかさそこそこ。
海苔も家系お得意正方形で、3枚。
ここのラーメンには胡麻が振り掛けてあります。
これはうれしい!
昼時とはいえ、空席は少ない。
まあ、繁盛しているとは言える。
洗い場のにいちゃんの知り合い?が騒がしい。
どうも、横浜のラーメン屋では、
濃い目の味が多い、徳島ラーメン、家系といい。
中華街のあっさりとした味の反動なのか?






メニュー価格スープベース
ラーメン550円豚骨チャーシューのり、ねぎほうれん草
スープ麺の茹で具合
醤油豚骨中幅広麺ストレート普通、ムラあり

"一日一茶のB級グルマン備忘録 横浜編 No.463" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント