テーマ:青茶

第6191茶 林茂森茶行の佳葉龍茶 2020

第9568話 換気と加湿と除湿 感染者数が増すにつれて、ウィルス除去99.9%可能など、 いろいろな商品が発売され始めました。 これまでの冬の朝は、 家内が空気の入れ換えのために窓を開けます。 おいおい、電気代がかかった暖気だ、 加湿器で加湿したんだ、無駄にしないで! と、止めていました… ところが、今年の冬は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6187茶 林茂森茶行の佳葉龍茶 2020

第9561話 唐辛子を乾燥させてみるのは、微妙。 青いパパイヤを使ったソムタムを家内が作りましたが、 生の唐辛子が余ったので、ドライヤーで乾燥させてみました。 いつもは、太陽の光に当てて乾燥させますが。 家じゅう、唐辛子の匂いというか、微妙な匂いが流れます。 目に痛くはありませんが… これがハバネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6180茶 林茂森茶行の茶枝 2020

第9547話 KIRIN Strikes Back! KIRINの缶酎ハイ、お気に入りです。 「無糖レモン」はキレ味、 「特製レモンサワー」はレモンの味わいが好きです。 いつも飲んでいる「バーリアル」もKIRINの製造ですし。 KIRIN Strikes Back! 林茂森茶行の茶枝 2020を淹れま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6169茶 林茂森茶行の茶枝 2020

第9527話 逆張り The Judgment Day まで1週間。 世界が注目するアメリカの大統領選挙。 世論調査では、バイデン有利。 しかし、トランプー、一家で追い上げ中。 日本の2009年の選挙で、自民党が負けた時は、 この選挙は、自民党負けるなと肌で感じました。 そういう感触、空気感をメディアは伝え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6166茶 林茂森茶行の茶枝 2020

第9518話 Halloweenは、ほほ笑ましいのもいい。 町を歩いていて、見つけたハロウィーンの手作りの飾り。 なんか、ほほ笑ましいので、パチクリ。 林茂森茶行の茶枝 2020を淹れました。 マグ淹れです。 ほうじ茶を飲み、茶枝を飲むと、 似ているなと思うところがあります。 焙煎の香りと味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6160茶 林茂森茶行の茶枝 2020

第9508話 青畳の上で、お茶を淹れる。 新しくした畳は硬い。 フローリングの床よりは硬くはありませんが。 これは一度、座ってお茶を淹れてみたいと思いました。 イグサの香りに包まれて、お茶を淹れるなんて、 新しくした、この時期だけかもしれれませんし。 木漏れ日の中で、硬い畳の上で、お茶を淹れる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6157茶 林茂森茶行の茶枝 2020+干し梨

第9504話 町なかで再開できない店が目立つようになりました。 ウィンドサーフィンの「チーム平日」には、 飲食業をなりわいとしているメンバーが多く、 「どうよ?」と聞くと、 「同業で閉めるところが増えている」 でした。 その言葉の通り、緊急事態宣言で休業したお店、 再開できないところが、ちらほら目立つように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6156茶 林茂森茶行の茶枝 2020

第9502話 日本茶を飲もう! 武漢肺炎禍まっただ中で、 毎日、モーニングショーで顔を見ていた岡田晴恵先生。 このごろは、モーニングショーで、 武漢肺炎禍が大きく取り上げられることが、 ほぼなくなり、ご無沙汰です。 いわゆる晴恵ロス… しかし、気温と湿度の低下による第3波が懸念されるので、 また出番はある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6155茶 林茂森茶行の佳葉龍茶 2020

第9500話 WithからIgnoreへShift 世界中に拡大し続ける武漢肺炎禍。 気温と湿度の低下による、次の感染拡大の波が懸念されますし、 インフルエンザと武漢肺炎が良好するツインデミックも、心配です。 この夏、南半球のオーストラリアは、 インフルエンザと武漢肺炎が良好するツインデミックは発生しませんでした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6152茶 林茂森茶行の茶枝 2020

第9493話 好立地は難しい、でも簡単に調べる方法もあるのです。 近くにあったブロンコビリー。 とうとう閉店しました。 前を通っても、お客の入りはイマイチ。 駐車場は広く。 でも、この場所は必ず閉店になります。 前は「華屋与兵衛」。 その前は、何だったかな…忘れてしまいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6150茶 林茂森茶行の木柵鐵観音 2019 水出し

第9490話 夜来香 夜、帰り道を歩いていると、金木犀の香りがしました。 金木犀が咲き始めた! 見るとオレンジ色の花が見えます。 自然の金木犀の香りは気持ちがいい… ちなみに、金木犀ではなく銀木犀もあります。 今度探してみよう! 林茂森茶行の木柵鐵観音 2019を水出しにしました。 茶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6148茶 林茂森茶行の茶枝 2020

第9487話 どこにでもころがっているトラップ。 ショートメッセージに来た、「不在のお知らせ」。 このURL、あぶない、あぶない… どこにでもころがっているトラップだよね… 林茂森茶行の茶枝 2020を淹れました。 マグ淹れです。 焙煎がほのかに効いていて、美味しい。 微妙に味わいに艶を感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6105茶 尊貴 鐵観音 蘭花香 水出し

第9390話 レジ袋有料化の影響はギスギス… G20サミットでのウケを狙った、 世耕元経産相のパフォーマンスの結果であるレジ袋有料化。 このレジ袋有料化、あまり意味がない政策だと思います。 結局、ダイソーでごみ袋を買う人が増えているので、 レジ袋有料化は、環境保護の役に立っていない。 レジ袋有料化の影響って、他に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6101茶 尊貴 鐵観音 蘭花香 水出し

第9381話 写真が身近になるのは楽しい。 家内が買って来た写真。 ヘルムート・ニュートンの写真らしい。 これは、クウちゃんの写真。 写真を撮り、お気に入りを額装する。 大きい小さいは考えない… そのために、よりいい写真を撮ろうとする。 「一歩先へ!」 尊貴 鐵観音 蘭花香を水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6099茶 尊貴 鐵観音 蘭花香 水出し

第9376茶 危険な誘惑に酔った結末は… 子供の頃、好きだったマンガの一つが、小沢さとる氏の「青の6号」。 青の6号 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E3%81%AE6%E5%8F%B7 潜水艦による輸送が一般的になった未来。 太平洋における海中航路の安全を守るために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6096茶 尊貴 鐵観音 蘭花香 水出し

第9369話 政治的判断>提言 今回の武漢肺炎禍で思ったのですが、 「アイアムレジェンド」「復活の日」「コンテイジョン」「アウトブレイク」など、 ウイルス禍の映画は、それなりにありました。 しかし、そんなことは起らない、映画なんだよ、SF、SFと、 と、みなさん考えていました。 「コンテイジョン」の場合は、ほぼほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6076茶 尊貴 鐵観音 蘭花香 水出し

第9328話 使い捨てマスクは、家に持ち帰って、ゴミとして捨てましょう。 最近、使い捨てマスクが路上に捨てられているのが目につきます。 フランスの海岸では、水中でマスクが散見されるほどとか。 マスクはプラスティックゴミと同じなのです。 武漢肺炎ウィルスが付着している可能性があるのですから、 家に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6071茶 荒畑園の静岡 牧ノ原産の藍烏龍茶 ? Iced

第9319話 長梅雨の心配事 ここ2週間以上、毎日雨が降っていて、 ほとんど太陽の光を見ていません。 ゆえに、写真を撮る機会も少なくなりました。 梅雨というのは、 太平洋高気圧と北方にある寒気の押し合いだと思っていますが、 今年は、寒気の方が強いのかな。 梅雨明けが7月下旬というのも、あまり記憶にありません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6070茶 尊貴 鐵観音 蘭花香 水出し

第9317話 手入れの行き届いた森林はスポンジ。 いまだ、梅雨は明けず。 今週末も、雨が降りそうで、被災地の方は心配でしょう。 この画像、樹の先端から少しは枝があります。 あるところからは、若木のころから、何回か枝打ちが施されています。 枝打ちを行うと、斜面に太陽の光があたります。 空気も通ります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6067茶 尊貴 鐵観音 蘭花香 水出し

第9311話 武漢肺炎禍は、人災で拡大する アメリカの武漢肺炎禍、感染者数が減りません、 というか、上昇しています。 第1波がそのまま続いている… 西ヨーロッパ諸国では都市封鎖などで、 感染者数のカーブが下降傾向になるのですが… ブラジルやメキシコ、インドも同じ。 中途半端な都市封鎖と拙速な経済活動優先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6064茶 尊貴 鐵観音 蘭花香 水出し

第9304話 ファクターX 昨日のそもそも総研は「新型コロナ なぜ日本は死者数が少ないの?」でした。 たしかに、西ヨーロッパ諸国の致死率と、 アジア各国の致死率を見ていると明らかに差を感じていましたし。 被害が拡大するだろうと予測されていた、アフリカ諸国の被害は意外と少ない… 人の密集する都市で感染が爆発的に広がりやす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第6062茶 尊貴 鐵観音 蘭花香

第9301話 駅の早朝無人化 早朝、最寄り駅へ向かい、改札を見ると、 カーテンが引かれて、駅員さんいません。 エスカレーターも運転していません… 早朝無人化なんです。 首都圏で「早朝無人」駅、脱鉄道へJR東の焦燥 大量退職が間近、駅業務の合理化を加速 https://toyokeizai.net/a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5519茶 林茂森茶行の茶枝 2017

第8967話 勝手に顔面相似形 週刊文春、恒例の年末企画『顔面相似形』。 河井克之元大臣の相似形に、これはいかが? (この画像の著作権は保持しておりません) 家の光刊行の「ちゃぐりん」掲載のたまねぎたまちゃん。 (この画像の著作権は保持しておりません) ヘアースタイルがそっくりでは? で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5442話  陽茗自然茶 招牌自然農法烏龍茶 2016 熟香

第8793話 秋の掃除 住んでいるマンションは、年に2回、 初夏と秋に、屋外掃除を行います。 秋は、落ち葉が掃いても、掃いても落ちてくるので、 南側の雑木林があるところに担当が当たると、 ちょっと、う~です。 今年は北側担当でしたが、北側は北側で、う~もあるのです。 それは自転車置き場。 普通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5438話 沙坑 台東烏龍 No,6

第8783話 鉄板による乾燥は、スモーキーな香りの源? お茶の世界では「発酵」という言葉が一般的です。 完全に発酵させると紅茶。 半発酵のお茶は青茶。 発酵させない緑茶。 緑茶を、時間をかけて発酵すると後発酵茶。 (水をかけて、急速に発酵させる手法もあります) この「発酵」は酸化発酵です。 htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5416茶 林茂森茶行の茶枝 2014

第8735話 Long Holiday 仕事の都合で、ひと月半ほど、長い休暇を頂きました。 自然と向き合い、いろいろな写真を撮り、 お茶を入れ、飲み、 猫たちと遊び、写真を撮り、 風が吹いたら、海へ行き、ウインドサーフィンを楽しみ、 こんな充実した長期休暇は初めてです。 休暇が終わるに近づくと、 あれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5310茶 林茂森茶行の茶末 2014

第8581話 お盆の放浪… 先週の後半から、お盆休みの人もいれば、 お盆休みのない人もいます。 今週、ほとんどの人がお盆休みを取っていたようです。 最寄り駅への道も、人はまばら。 駅も、人はまばら。 ですから、日本で一番混んでいる東西線も空いていて、 遅延がありません。 でも、お盆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5289茶 林茂森茶行の茶枝 2014

第8541話 選挙割 一風堂の選挙割。 こんなのやってんだ!と感心して、釣られて、食べに行きました。 選挙行きましたと、投票済み証明書か、投票所の画像を見せると 替え玉1個か、味玉1個が付きます。 一風堂のイメージが上がりますね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5277茶 シンガポールの白新春茶荘の桃源紅 2016

第8520話 夏にマフラー、中村主水の気分になれる。 5月の中旬にひいた夏風邪。 咳ろ痰が止まらず、一ヶ月と半分、7月上旬になってようやく止まりました。 喘息を疑い耳鼻咽喉科へ行くと、喉が赤く腫れてますね、 肺からは、喘息特有の音は聞こえませんと言われ、 薬の吸引と咳止めを処方されましたが、 でも咳と痰が止まらず… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5204茶 林茂森茶行の茶末 2014 Iced

第8546話 太陽の光は偉大だ… 家内の実家から、移動してきたアマリリス。 移動してきた年は、花が咲きました。 ところが、その翌年は咲きませんでした。 なんで? 昨年保護したアマリリス、咲きました。 原因は太陽の光!と考えていると、 枯れたはずの株から芽が出てきました。 太陽の光は偉大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more