テーマ:茶杯

茶器三昧 其之壱百参拾弐

第3014話 いい仕事してますなあ・・・ 茶器の整理をしていた時です。 透かしの入った茶杯がでてきました。 生活骨董の店で買ったお猪口です。 中国茶をはじめたころ、 お金がなくて、生活骨董の店でよく買ったものです。 (今でもお金はありませんが・・・) お猪口は、酒器ですが、茶杯にもなりますから。 それと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其之壱百弐拾九

第3009話 華茶杯 Casa「器こそ我が命」で紹介されていた作陶家の若杉聖子さん。 茶杯を頼んでいました。 磁器用の土を、型にいれて、焼いた後に 磨いて作り上げます。 白なのに、植物、華を感じさせるイメージが Casaで見て、なんか好きになりました。 陽にあたると、ちょっと花らしい色あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其之壱百壱拾七

第2715話 技量の差 遊香園の茶杯を買ったので ハリウッドティーギャラリーの花の絵柄の茶杯と比較してみました。 遊香園 ハリウッドティーギャラリー よく見ると、ハリウッドティーギャラリーのものには 輪郭を、薄めの墨?で描いてあります。 フムフム・・・分業かな? 遊香園のものには墨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其之壱百壱拾六

第2714話 華の色合い 遊香園のサイトで見て、欲しい!物欲をたぎらせていた茶杯。 雲南のお茶を頼んだ際に、思わずお願いしていました。 縁も太くなく、フムフムです。 華の色合いが気に入りました。 ちょっと儚げで、ピンクの色合いが、フムフムだったのです。 あまり詩歌?文字がかいて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其之壱百壱拾

第2681話 ヨーロッパの茶杯 煎茶碗といますか? 茶杯といいますか? 意外とヨーロッパの窯元では 茶杯を作っています。 買い集めたり、 家内に買ってきてもらったり、 ちょっと比較してみました。 ウェッジウッドは縁が厚めで、う~~~ん。 逆のロイヤルコペンハーゲンは 縁が尖りすぎて、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其之壱百九

第2677話 めだかの茶杯 茶湯の中を泳ぐめだか。 洒落ていて、好きでした。 中国茶をはじめたことに、めだかの蓋碗を買いましたが めだかの線が面白くない。 めだかっぽく描く必要はなく、 線と点の組み合わせで、それとなく、 めだかの泳ぎ方をイメージするように 描いてあるのが少ないのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其之壱百七

第2659話 イッタラの茶杯 家内がフィンランドに行ったときに 買ってきたイッタラの茶杯。 イッタラはフィンランドのテーブルウェアのメーカー。 北欧のデザインはかなり好きです。 でも、フィンランドで茶杯を作るはずはありません。 実は、ゆで卵を立てる器です。 でも、茶杯に使えるものですねえ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其之壱百四

第2632話 ケーキのカップを茶杯にすること。 これはとあるホテルのパテスリーで販売されていた スイーツに使われていたカップ。 意外と茶杯にいいのです。 大きすぎず、小さすぎず。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其之壱百

第2617話  マイセンの茶杯 茶杯?茶碗?、微妙な大きさです。 お店では煎茶碗として、紹介されています。 双剣の模様は、ドイツらしいですよね。 でもデコラティブなものもあります。 6種類ですか。 気に入っているのは、この3種類。 シンプルなせいです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其之九拾九

第2616話 生活骨董 ちょい古い、ちょい安いという骨董の品を 茶器に使用しています。 (意外と、凝った作りのものがあります!) 杯は茶杯に 片口は茶盂、 そして小皿は、このようにヨーロッパのものと組み合わせます。 ちょっと、組み合わせる楽しみ。 ミスマッチのよさ? それとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其之九拾

第2567話 龍の茶杯 「龍と竜」で紹介した龍の茶杯。 暁芳窯のものです。 花や唐仔、というやさしい絵柄が多いと思っていた暁芳窯でも、 龍の絵付けの茶器を作っています。 ちゃんと珠を追ってます。 なかなか表情豊かな龍に見えます。 この杯、容量がやや大きめ、 縁の広がりもほどよく、し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其之八拾弐

第2532話 中途半端の秀 祝!バンクーバーオリンピック開幕! 五輪を表現してみました! ちょっと傾けてみますと・・・ 生活骨董の店で探した酒器です・・・多分。 この細さ、この長さ、この口径、 聞香杯にも茶杯に使えるので 聞香茶杯と勝手に命名しました。 茶湯の量もまあ入りますし、 香…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其之八拾壱

第2531話 五花神碗 牡丹の茶碗。 これは蓮。鳥が飛んでます。 菊ですよね・・・ 蘭? 梅 5種類で五花神碗・・・ このシリーズは線がやさしい。 でも、この画像では茶碗のよさを表現してないですよね。 こういう撮り方で、よさを伝えないと・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其之八拾

第2530話 唐仔へのこだわり 暁芳窯の唐仔。 個人的には世界一の趣だと思います。 絵に動きを感じます。 しかし、近年描き手が変わったと思います。 個人的にはこのような昔の描き手が好きです。 追加で買おうかなと思いましたが、 今の描き手だと、全体の感じが違ってきますから。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其之七拾七

第2519話 茶碗と茶杯 茶碗は、茶杯の大きいものと認識していました。 ところが、香港の飲茶の老舗、 陸羽茶室と蓮香楼の茶杯は大きいのです。 陸羽茶室 蓮香楼 形状はどうあれ、サイズは大きい。 これが茶杯の通常サイズでは・・・と思ってしまいます。 暁芳窯の大きめ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

茶器三昧 其之六拾六

第2486話 ?茶杯 茶杯を作家に注文して作ってもらいました。 以前、紹介したことのある百合杯にインスパイアされて 茶湯をいれても安定性が高く 唇を縁につけて、口の中に茶湯をいれるときに 丸く感じるような縁の形にしました。 しかも、作家は透かしをいれる技術があるので 茶葉の形を透かしにしまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其之四拾四

第2434話 茶杯の趣 中国茶の茶器には中国っぽい絵付けが多いのです。 そのせいか、ロイヤルコペンハーゲンやマイセンと いったヨーロッパの窯の茶杯を持っていて よく使います。 蓋碗も、茶海も茶杯も中国風というと ちょっとくどい感じもしますから。 意外と気に入っているのが小雅窯のこの茶杯。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其之壱拾六

第2331話 茶杯の縁 All Aboutの中国茶の平田先生の「烏龍茶MUGで秋の夜長を 」を読みました。 http://allabout.co.jp/gourmet/chinesetea/closeup/CU20091031A/ 「Formosa Tea Connectionオリジナル 烏龍茶専用MUG」についてです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其之四

第2296話 半磁器 増渕篤宥展へ行きました。 13時ごろに伺うと なんと茶壷はすでに売り切れでした・・・ 開場2時間で完売・・・スゲー 今日明日いれるのに使った茶壷であれば、 お譲りしますと言われました。 熟慮。 今から作ってくださいと頼むと来春の出来上がりとのことです。 茶壷を見せてもら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more