テーマ:誤字

老校閲者の独り言#102 漁船と行線

第9260話 漁船と行線 スマフォで、ニュースを読んでいて、 驚いた記事があります。 「行線」って何だ… 本文では「漁船」。 中国国営メディアかい、と思うと、JCMという日本の会社が翻訳したそうです。 あり得ないでしょ、品質低すぎ、と呆れる度は、★★★! 次回は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#82 競争と競走

第9214話 競争と競走 テレビ朝日の報道ステーションで、 「陸上競技は走って競争するので」とテロップがありました。 ふと「競走」では?と思いました。 でも、「走って」とあるので、「競争」が正しいと思います。 「走って競走する」もちょっと違和感があります。 話者が、オリンピックの出場するようなランナーでもあるので。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#72 捕まるとつかまる

第9156話 老校閲者の独り言#72 捕まるとつかまる タクシーを捕まえる。 時々見ます… 正しくは、「つかまえる」 漢字としては「掴」ですが、常用漢字ではないので、ひらがなで表記します。 捕まえる 取り押さえる。 用例:犯人を捕まえる つかまえる 手でしっかりと持つ、引き止める。 用例:電車のつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#71 所用と所要

第9153話 所用と所要 足利へ所用で行きました、と書いていて、 うん所要と間違えそうだなと考え、調べました。 所用 用事のことです。 所要 必要を意味します。 用例:所要時間、所要手続き。 間違えなかったけど、間違えていたら、おバカだね度は☆☆☆… 次回は… 猫に新型コロナウィルスが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#70 起ると怒る 

第9143話 起ると怒る テレビ東京の「越境捜査」を見ていました。 字幕で、腹を立てるの意味ですから、「起るよ」は誤字… 正しくは「怒るよ」でしょう… 間違いにくい異字同訓、防げる誤字です。 こういう初歩的な間違いを見つけると、バカだね~と呆れる度は★★★★… 次回は所用と所要。 猫に新型コロナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#64 造ると作ると創る

第9103話 造ると作る どこかの番組で、お酒を作るというテロップを見ました。 規模が小さいものは「作る」。 規模が大きいものは「造る」。 初めてつくられた、新しいものは「創る」。 抽象的なものは「つくる」。 「作る」「造る」「創る」「つくる」は難しいのです。 お酒は醸造なので、「造る」だと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#64 収束と終息

第9100話 収束と終息 武漢肺炎禍は「収束」、「終息」のどっちでしょう。 収束 元の状態に戻るの意味。 終息 終わる、絶えるの意味。 パソコンのある型番が売り終える場合や、サポートが終わった場合に、 「終息」という言葉を使います。 例えば、サポートが終わったWindows7は「Windows7は終息だ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#59 書き入れ時とかきいれ時

第9052話 書き入れ時とかきいれ時 テレビ朝日のモーニングショーを見ていました。 テロップに、お金がもうかる時の意味の「書き入れ時」が表示されていました。 ひらがなでは?と思い調べると、「書き入れ時」が正しい。 お金を熊手で、掻き入れるの意味と思っていました。 実は、金額を帳簿に書き入れる意味でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#58 自体と事態

第9048話 自体と事態 スターチャンネルの「今 そこにある危機」の字幕を見ていました。 「ゆゆしき自体だ」 「事態」ですね。 自体 もともとの本体。それ自身。 事態 物事の状態、成り行き。 「容易ならない事態を収拾する」「緊急事態宣言」 間違ってますよとあきれる度合いは、★★★… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#57 発砲と発泡

第9040話 発砲と発泡 とあるテレビ局のテロップ、「発砲スチロール」でした。 砲から発射するスチロールなんて、あり得ません。 正しくは「発泡スチロール」です。 「泡」はさんずい、「砲」はいしへんです。 漢字に挟まれた真ん中の文字、3文字熟語は、見落としがちです。 例えば、消火器、消化器… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#56 思考錯誤と試行錯誤

第9037話 思考錯誤と試行錯誤 テレ東の「Youは何しに日本へ」のSPでしたか、 テロップで「思考錯誤」とありました。 ジョージア人が、日本のメロンパンを作るために、 繰り返し試しているので、「試行錯誤」が正しい。 試行錯誤:Trial and Error 英語の方がしっくりきますね… ただし、思い考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#53 危機一発 と 危機一髪

第9022話 危機一発 と 危機一髪 世界的な映画シリーズ、007、 その第2作目『ロシアより愛をこめて』。 日本初公開時では『007危機一発』でした。 危機一発ではなく、危機一髪と書きなさいと、 記者ハンでは推奨されます。 大辞泉 髪の毛1本ほどのごくわずかな差で危機におちいりそうな危ない瀬戸際。 「危機一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#52 分譲マンションの1戸は、室か邸か?

第9014話 分譲マンションの1戸は、室か邸か? 歩いていて、見つけた看板。 昨今では、分譲マンションの1戸は、邸のようです。 昔は「室」だったような。 しかし、邸は、大きな屋敷の意味です。 とてもマンションの1戸は、屋敷とはいえないと思います。 やっぱり「室」でしょうね。 でも、それでは売りにくい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#50 人込みと人混み

第9003話 人込みと人混み テレビ朝日で取り上げられた武漢肺炎禍のフリップで、 「人込み」がありました。 人混みでは? と調べてみました。 記者ハンでは、「人混み」ですね… *HK辞書でも、同じですね。 ただし、一般の辞書では、「人込み」が許容されています。 もしかしたら、朝日新聞の辞書は「人込み」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#48 保険と保健

第8990話 保険と保健 TBSのコロナウィルス関連の報道番組を見ていて、 フリップにあった「保険所」。 あり得ないだろ…TBS。 保険 事故などによる損害を補償するサービス。 保健 健康を保つ こと。 TBSは、「風邪が移る」というテロップも見つけたので、 細菌関連に弱い… こんな簡単な間違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#41 上ると登ると昇る

第8950話 上ると登ると昇る 降りると下りるがあるので、 上ると登ると昇るをやらないと片手落ちです。 のぼる【上る・登る・昇る】大辞林 ( 動ラ五[四] ) ❶意図的に上に行く。 ①意図的に上の方へ移動する。「あがる」と比べて、途中の経過点に注意が向けられている。 《登・上》 ⇔ くだる 「柿の木に-・って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#39 打掛と内掛け

第8937話 打掛と内掛け 日本映画専門チャンネルの「暴れん坊将軍」の字幕を見ていて、 「内掛け」とありました。 うん?と思い、調べると、内掛けは、相撲の技です。 話としては、結婚の意味ですから、 これは、間違いです。 正しくは、「打掛」。 内掛け https://ja.wikipedia.org/w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#37 香りと薫り

第8929話 香りと薫り 家内が、白いイチゴをもらってきました。 白いイチゴ! そのうちの1個を食べました。 名前は「初恋の香り」。 色は白、インパクトがあります。 味わいは、ほのかに甘く。 悲しいかな、この名前は、誤字です。 香り 鼻で感じる良い匂い。 薫り 比喩的象徴的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#36 降りると下りる

第8920話 老校閲者の独り言#36 降りると下りる 何かの記事で読んだ「電車を下りて…」 降りるでは? 電車、自動車は「降りる」 馬、船は「下りる」 飛行機はというと「降りる」。 特に間違えやすいのは「船」。 ところが「下車」という言葉があります。 これは、駅から出るという意味です。 渋谷駅下車と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#35 陰と影

第8916話 陰と影 「車の影から、猫が飛び出してきた!」というプッシュ記事を読んで、 影の中から?陰では?と思いました。 陰(デジタル大辞泉) 人目につかないこと。表面に現れない部分 影 物が光を遮って、光源と反対側にできる、そのものの黒い像。 影には、必ず、光が伴う、光と関係がなければ、陰を使うと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#34 望むと臨む

第8908話 望むと臨む テレビ朝日の『じゅん散歩』。 狛江市の散歩の回の字幕で「多摩川に望む」。 違ってないか…臨むでは? 狛江市は、多摩川に面しています。 「多摩川に臨む」が正しい。 望む(goo辞書) 1 はるかに隔てて見る。遠くを眺めやる。 「富士を―・む展望台」 2 ㋐物事がこうであればいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#31 熱いと暑い

第8885話 熱いと暑い テレビ朝日の「トリニクって何の肉?」を見ていました。 蜂の巣の温度を意味するシーンで、字幕に使われていたのは、 「暑い」。 え、っと驚き、調べると、コトバンクでは、 暑い 気温が著しく高い。 「今年の夏は異常に―・い」「―・い盛り」「―・い部屋」⇔寒い。 熱い 温度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#30 意思と意志

第8877話 意思と意志 『宇宙戦艦ヤマト2199』のガミラス国歌の歌詞を見ていました。 「気高きは勝利の意思」 意志じゃないの? 意志 物事をなしとげようとする積極的なこころざし。 「 -の強い人」 「 -の力でやりとげる」 意思 何かをしようとするときの元となる心持ち。 「本人の意思に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#29 修業と修行

第8873話 修業と修行 CSの釣り専門チャンネルの番組を見ていました。 字幕で「修行」と表示されていました。 釣りは「修業」では… 修行 仏法や武道などを修めるの意味では「修行」。 用例 「修行僧」 「武者修行」 修業 職業・技芸・学問など一般的な修めるの意味では「修業」。 用例 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#25 舟と船

第8845話 舟と船 湾岸地域は、船橋という中核都市があります。 伝説では日本武尊が東征の折、川を渡るために船で橋を作ったのが由来とされている。 市内を流れる海老川に船を並べ、その上に板を渡し橋を造った。 そのような船で造られた橋のことを「船橋」ということから船橋となった。 というのが名前の由来だそうです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#24 斉藤と斎藤と齊藤

第8841話 斉藤と斎藤と齊藤 宇宙戦艦ヤマト2202では、「斉藤 始」というキャラが出てきます。 ヤマトは、新選組の隊士の名前が多い。 沖田、斎藤、山南、土方、永倉… 「斉藤 始」は、多分、「斎藤 一」の名前の源でしょうね… うん?斉藤?斎藤? そう、「サイトウ」という呼び名は、3種類の間違えやすい書き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#22 働くとはたらく

第8827話 働くとはたらく TBSの「密着警察24時」を見ていました。 字幕で、「暴行を働いた…」とありました。 暴行は、労働かい? 正しくは、ひらがな、または、言い換え。 言いかえの例としては、 悪事をはたらく→悪事を行う 暴行をはたらく→暴行する 窃盗をはたらく→窃盗に入る 間違いを発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#21 探すと捜す

第8823話 探すと捜す 盗難・紛失時に iPhone を探す(パソコンでの操作方法) https://www.softbank.jp/mobile/support/iphone/trouble/findiphonepc/ この表題、間違ってますね… 「探す」ではなく「捜す」です。 捜す 一度あったものがなくなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#19 斬ると切る

第8810話 斬ると切る。 週刊文春の「新選組血風録」。 「切れ!」とセリフがありました。 新選組です、刀で、人を殺すためですから、「斬れ」です。 文藝春秋の校閲は、 劇画には、手を出さないようなのかな? 週刊文春でも、レベルがちょっと低くくない?と思えるポカは多い。 新潮社は、「ウチの校閲は日本一」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老校閲者の独り言#18 戦うと闘う

第8800話 戦うと闘う テレビ東京放映のWBSのテロップで、「戦う」がありました。 え、この場合、違うのでは?と思いました。 戦う 戦争などで武器を用いて争う。 競技で、勝敗を争う。 相手が目に見えると考えればいいでしょう。 用例 アンデルヌの戦い。 テニスの試合で戦う。 選挙告示前の戦い。たたかい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more