テーマ:

里親日記 其之四百五拾九

第8232話 雄猫は、目力が命。きーちゃんの魅力④目力は雄猫の必須アイテム! きーちゃんは、引き籠もりですから、 自分のアジトから出てくると、ほとんど警戒状態です。 時には、にらみつけるような目でにらみます。 迫力ありすぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百五拾八

第8222話 猫は足が命!ナミイの魅力④白い足がかわいい! ナミイの足は、白くて、 ちょっと太いけど、かわいい。 ピンクの肉球が超カワイイ! と、家内が溺愛しております。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百五拾七

第8209話 猫は箱好きが命!きーちゃんの魅力④きーちゃん、お前もか! ナミイの箱好きは、知っています。 買い物の時に、段ボールをもらってきて、 置いておくと、ナミイは必ず入ります。 それはバッグでも同じ。 きーちゃんが箱に入ったのは、1度見たくらいで、 箱好きなのかしらん?と思っていたのですが、 どうも、人間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百五拾六

第8198話 猫は寝姿が命!ナミイの魅力④カワイイ寝姿は最強! 家内がいない週末、 ナミイは、パソコンデスクのそばに置かれた、 クッションの上で、日がな寝ています。 平日の昼間は、留守ですから、 週末は、人恋しいのでしょうか? 時々、膝に乗ってきたら、頭を撫で、ハグもします。 膝乗りナミイ、週末の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百五拾五

第8187話 雄猫はキジトラが命!きーちゃんの魅力③男はキジトラ! きーちゃんは、茶色一色のキジトラです。 キジトラとは、茶色に縞模様がある猫という意味。 額にMの字があり、口元は白い… それときーちゃんは、目が赤い。 燃えるような赤、巨人の星のような… キジトラは80%が雄とも。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百五拾四

第8176話 猫はハグが命!ナミイの魅力③ハグが大好き! 年老いた故ファーマウをハグするナミイ。 きーちゃんをハグするナミイ。 ナミイはハグ好きなのです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百五拾参

第8162話 猫は佇まいが命!きーちゃんの魅力②素立ちの凜々しさ きーちゃんは、保護された時から、すらっと佇むのです。 素立ちが良い… (ポージング用語ですね…) 凜々しい! 大きさもあるので、素立ち、イケてます。 顔立ちもイケメンなので… イケイケきーちゃん! でも、中日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百五拾弐

第8151話 猫は柄が命!ナミイの魅力②やはり白い色が最強にカワイイ これまで、うちにいた猫 故フーマウ;虎 故スーリ:虎 故ファーマウ:サビ 里子に出した猫 チビニャン:雉虎 チビロン:虎 きーちゃん:雉虎 ナミイ:三毛ブチ ナミイは、唯一白が入った柄なんです。 家内は 「白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百五拾壱

第8141話 猫は尻尾が命!きーちゃんの魅力① きーちゃんは、イケメンかつ尻尾が長いのです。 長さにして、ナミイの倍。 前足を尻尾で覆うことができる猫は初めて。 しかもスラリとして、 かつ膨らむときは膨らみます。 ナミイとのケンカでは、きーちゃんの迫力勝ちです。 ナミイも「幸せ集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百五拾

第8134話 猫は目が命!ナミイの魅力① ナミイの魅力は、表情の豊かさです。 特に、キリっとした目力と、 語りかける目です。 時に怒りもあります。 クールな目もあります。 猫は目が命!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百四拾九

第8119話 ネミイの寝る場所で分かる秋の訪れ ここ1週間ほど、晴れ間を見たのは、昨日くらい。 ナミイの寝る場所が、毛皮の上になってきました。 秋が深まっているんですね。 年老いたファーマウも、よくここで寝ていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百四拾八

第8111話 ヘソ天の理由。 このところ3連休が続きます。 1回お休みで、10月にはまた3連休。 これだけ、ナミイたちと一緒が長いのが続くと、 面白いことが分かります。 ナミイは、テーブルが結構好き。 でも、何かあった時は、対応できる態勢です。 でも安心できる場所としての箱の中や …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百四拾七

第8100話 「浅く静かに潜入せよ」or「私を足利に連れてって」 泊まりがけで、足利へ行くために、 ギアバッグを何年かぶりに出しました。 床に置いて… 入れるものをまとめ、入れようと持つと重い… ナミイがいつの間にか入っていました。 なぜ、そんなところに入るのだ? そこに、入れるとことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百四拾六

第8092話 ナミイときーちゃん、その食べ方の差 明け方、ごはん!と、起こすために、 いたずらをするのは、ナミイ、 鳴くのは、きーちゃん。 眠い目をこすりながら、カリカリを与えて、また寝ます。 すると、二匹の食べ方の差があるのが、音で分かります。 「カリカリ」と噛むのはきーちゃん。ゆえに、食べるのに時間がかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百四拾五

第8079話 頭を抱える哲学猫 寝ながら哲学しているように見えるナミイ。 時に、家内の被写体にもなります。 哲学猫、それはナミイ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百四拾四

第8071話 なぜかツールバッグLove? 昨日、ウインドに持っていった古いサプライのツールバッグ。 ウインドの道具など、いろいろ入れられるので、重宝していて、 海の上にいる時は、浜辺の草むらに置いておくようにしています。 (仲間の誰かしらは、浜にいるので…) ところが、家に持ち帰ると、なぜか、ナミイが …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百四拾参

第8054話 当たり前なんですけど…寝る子はカワイイ! これが、ナミイのへそ天! 初めて見ました。 暑い休日の午後、エアコンが効いているせいか、 ナミイは、陽の当たるところで、昼寝をするように思います。 午後だけかいと思っていたら、夜でもよく寝ています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百四拾弐

第8034話 もっとブラッシング! 家内が、ちゅーるタイムで、きーちゃんを撫でてブラッシングするために、 撫でるだけで、ブラッシングができる手袋を買ってきました。 ブラッシング大好きななナミイを撫でると、 取れますねえ、しかも取れた毛が、漂います。 ナミイ、あまりに気持ちがいいせいか、 お尻の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百四拾壱

第8026話 溺愛の親バカ… 先週、ナミイを撫でていると、首にケガを発見しました。 結構、大きい… 触っても痛がりはしません。 消毒薬をシュウシュウすると、 次の日はよくなるのですが、かさぶたができません。 自分で、かくようですし。 原因は、きーちゃんでしょうね。 家内が、かかりつけの獣医…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百四拾

第8015話 やっぱり、ブラッシングが大好き! ナミイはブラッシングが大好き! ブラシを持つのを確認すると、 ウニャウニャと近づき、ゴロンをします。 ブラッシングをすると、止まりません。 ブラッシングしてほしいところを向きますし、 ブラッシングを止めると、満足しない場合は噛みつきます。 満足する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百参拾九

第8005話 マウスを枕に寝マウス ナミイが、家内のPCのマウスを、枕に寝ていました。 ナミイは、頭or顎を乗せて寝るのが好きで、 私や家内の腕を枕にしたり、 このようにマウスを枕にすることがあります。 このマウス、バッファロー製か… バッファロー、野牛… 何にもコピーが浮かばない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百参拾八

第7993話 いわゆる、あるある? 亡きファーマウは、朝食を要求するために、 留守番電話の番号を上を歩き、 電話を鳴らすいたずらをしていました。 早朝なんです。 眠いから、やめてファーマウ…でした。 ところが、それを見ていたのか、 このごろ、ナミイが行うようになり… 早朝だけではなく、おなかがすくと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百参拾七

第7983話 箱好きナミイ スーパーでもらってきた「コロン」の箱。 ナミイが、この中に入っています。 きーちゃんから隠れるというのもあるようです。 きーちゃんは、ナミイが好き。 でも、ナミイはそれほどでもない。 家内も、このように、撮影するので、 (Copyrights All Resered …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百参拾六

第7972話 ナミイときーちゃの風林火陰山雷 実は、風林火山の標語は6つです。 故其疾如風、其徐如林、侵掠如火、難知如陰、不動如山、動如雷霆 孫子が原典です。 武田信玄が、わかりやすいように、4つに要約したらしいとも。 それをナミイときーちゃんに当てはめると… その疾きこときーちゃんの逃げ足か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百参拾五

第7962話 朝の雑木林が好き 明け方、暑いと、窓を少し開けます。 すると、ナミイがカーテンの外へ行き、 明け方の雑木林を見ています。 時には、きーちゃんもやってきます。 猫の視力は大したことはないので、 雑木林の匂いや、鳥やタヌキの鳴き声を感じているんでしょうね。 それとも雑木林の植物のエナジーを感じている?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百参拾四

第7953話 ナミイはどんな夢を見ているのだろうか? ナミイは時々、寝言を言いながら寝ています。 顔を見ると、このような感じです。 夢を見る=REM催眠:RapidEyeMotion睡眠 ホント眼が、激しく素早く動いているのが分かります。 他の猫では、故ファーマウが1,2,回ほど、見たことがありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百参拾参

第7943話 夏のダブルデッカー 夏が来ると、家内の部屋には光が入ります。 ナミイは早朝から、陽の光を浴びるためか、 机で寝ています。 固い机の上でも寝るのは、 やはり気もちがいいんでしょうね。 涼しさと温かさなのかな? 時々、その下の椅子で、きーちゃんが寝ていて… 夏のダブルデッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百参拾弐

第7933話 夜さぶらひ きーちゃん 家内はナミイを抱いて寝ている深夜… 一日一茶が、書きものをしていると、 ふと背中に、視線を感じると、 このようにきーちゃんが佇んでいます。 夜食を待っているというか… 夜さぶらひ きーちゃん… ちょっと凛々しいけど… ちょっと怖い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百参拾壱

第7923話 爪と髭 よく、家の中に落ちている髭と爪… まあ、髭は生え替わるのでしょうけど… 問題は爪、きーちゃんのです。 ナミイは、爪が伸びると爪切りで切られますが、 きーちゃんは、それは無理。 生え替わるんでしょうね… 痛くないのかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里親日記 其之四百参拾

第7912話 お出迎えはうれしい… ナミイは、夜帰ってくると、お出迎えをしてくれます。 ドアを開け、誰もいない室内に電気をつけると、 ナミイがいるのは、ちょっとほっとします、 そういえば、ファーマウもそうでした。 家に、家内がいても、出迎えてくれます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more