テーマ:茶器三昧

茶器三昧 其乃参百五拾四

第8585話 究極の涼しさ、錫の器 いつだったか、山形県で家内が買ってきてくれた錫の器。 錫は熱伝導率が高いので、 熱い茶湯には、つらいのですが、 冷たいお茶には、ベストフィットです。 持つ手も冷たくて、気持ちいい。 「トルタビ」を応援しています。 htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百五拾参

第8587話 無名異焼の茶杯 ヤフオクを流していると、無名異焼の茶杯の11客セットがありました。 お茶会用にいいな… 値段もさほどだし。 忍び寄るように、終了4分前に入札。 そのまま落としました。 ちょっと、縁がまるくないので、 キレを感じる飲み口になるはずです。 酒器だったんだろうな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百五拾弐

第8523話 アソート! 炻器の表面を、水と研磨剤で磨くと、 つるつるになります。 まるで、磁器のように! 佐渡の無名異焼の茶器には、 意外と水磨きの茶器が多いので、 価格と相談しながら、集めていました。 茶壺ゲット! 茶杯ゲット! あとは、茶海! やっとゲットしました。 でも、嘴が大きく……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百五拾壱

第8522話 水磨きの茶海 ヤフオクで、茶海が出品されていました。 画像で見ても、表面はつるつるで… 多分、水磨きの茶器! 値段も手頃で… ポチっと入札すると、落札です。 出血少なし! 無名異焼とのことでしたが、 銘はどうだろうか? 1箇所、焼成時の穴があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百四拾六

第8313話 中国結びの茶壺 中国結び?で、茶壺と蓋が結ばれているものを、 ヤフオクで発見! 香港の茶樓では、茶壺と蓋が結ばれていることがあります。 多分、家の茶壺の蓋割れちゃったから、 とくすねるのでしょう… これは、おしゃれに中国結びでした。 かすがいで継がれたものとか、 時にありますが…高い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百四拾六

第8153話 キレの白 一度、全て、白い器でやってみたかった茶席。 映えるように、テーブルクロスは紺。 キリっとしたキレのある締まった茶席にしたくて。 そのために、8月のせともの市で目を付けていた、 波佐見の白いプレートを買いました。 面には、すべりにくいようになっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百四拾五

第8081話 合わせる楽しみ 合わせやすいというひと言で、 白い茶器を購入することが多いと思います。 それって、ステレオタイプ強くないですか? と考えるようになり、赤・白・青の茶壺を揃えたのですが、 蓋碗には、色鮮やかなものは、少ないので、探していました。 シンセンで探せばありそうですが、 アンティークでと、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百四拾四

第8017話 一人入れのための烏龍茶すすり ヤフオクで奨められた「烏龍茶すすり」 常滑の暁窯のものです。 正式には、「朱泥釣釉烏龍茶ススリ茶碗」 碗の字が違うようですが… 実は6客セット。 「烏龍茶すすり」に興味があり、ちょっと出血しましたが、ゲット。 サイズが意外と小さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百四拾参

第7991話 イギリスのティーボウル ヤフオクで「ティーボウル」で検索して、 お安いティーボウルを発見。 マイセンのものは持っているので、 イギリスのティーボウルが欲しかったのです。 説明は、以下のとおり。 組合わせティーボウル&ソウサー アンティーク 1800年頃 ヴァーティカル・フルート・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百四拾弐

第7903話 陸羽茶室の蓋碗 香港で落ち着いた雰囲気の中で飲茶ができる、陸羽茶室の蓋碗。 素朴な絵柄ながら、縁は金彩なんですね。 飲茶用の茶杯が大きいので、必然的に蓋碗も大きく、 それゆえにハンドリングもちょっと難しいのです。 それは、香港の蓮香樓、蓮香居も同じです。 大きすぎてハンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百四拾壱

第7891話 時代の息吹を感じる蓋碗 亡き父が残してくれた茶器、3つのうちの1つが、この蓋碗です。 残り2つは、茶壺と茶杯のセットが1、茶壺と茶杯と茶海のセットが1つ。 多分、中国訪問の時に現地で頂いたものでしょう。 文革後、市場経済が見えてきた頃のものでは、と推測しています。 品質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百四拾

第7881話 茶缶に翡翠と茶葉を入れる 昔、台北の王徳傳を訪れ、お茶を頂いた時に、 面白い話を聞きました。 お茶の保存には、茶缶に翡翠を入れるといい。 その翡翠は、川を流れてきて、丸くなったものがいい。 と言いながら、缶から大きめの角のとれた翡翠を見せてくれました。 本当かしらん?と思い、 香港の翡翠市場で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百参拾九

第7870話 ペニンシュラグリーンの誘惑には勝てない… ヤフオクからプッシュされてきたのが、 ペニンシュラ香港の 嘉麟樓の茶杯。 ちょっと、高いな、それと古いなと思ったのですが、 ペニンシュラグリーンの色の誘惑に、勝てず、 ポチっとしてしまいました。 セラドン焼を組み合わせるのが、楽しみ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百参拾八

第7857話 セラドン焼 タイのチェンマイへ行った家内に頼んだは、セラドン焼、 「蓋碗あったら、買ってきてね」 と頼んだのです。 チェンマイは、セラドン焼の本場です。 さすがに蓋碗はありませんでしたが、 茶海に使えるピッチャーと皿を買ってきてくれました。 それと皿2種。 葉の形のものは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百参拾六

第7784話 茶碗を使うこと。 蓋碗を使って、お茶を入れることはいれるのですが、 2,3客ほど、蓋付きの茶碗を持っています。 気に入った絵付けがあったりするので… 大きな茶碗ではありますが、 手が大きいので、あまり苦になりません。 これは、渦巻きの形が好きです。 これは、無名異焼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百参拾五

第7775話 白い茶器は、白猫 白い茶器…かなりあります。 香楽蓋碗、ローゼンタールのStudio、暁芳窯の茶海、 そして、この白い三連星! (好きねえガンダムと言われますね) 白い茶器は、その白を維持するのが難しいのです。 簡単な維持方法としては、漂白という手がありますが、 すこしの間、塩素の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百参拾四

第7734話 ドングリ蓋碗 蓋碗っていっても、大きめの湯呑みですが、 一応、ドングリの房を模した蓋があります。 蓋付き湯呑みって、ところでしょうか… 家内の貰い物です。 まあ、湯呑みor小物入れなのかもしれません。 この正月、 部屋に入ってくる木漏れ日に当たりなが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百参拾参

第7708話 酒器でお茶を飲む 酒器と茶器では、酒器はやはり安いのです。 酒器で、茶器として使えそうなものを探すのは、 お安く道具が揃うことになります。 そして、「こう使えるかも?」「こう映えるかも?」と考え、 器を見ることは、センスや想像力を育むことかな、と思います。 新年のお酒を飲むための盃を見つけ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百参拾弐

第7662話 非対称の湯冷まし このごろ、佐渡の無名異焼の茶器が気になり、 探していたところ、面白い茶海を、茶器セットの中で見つけました。 ちょっと、出血しましたが、落札。 なんか茶壺の大きさと、茶杯の大きさにバランスがありません。 5客の茶壺の茶湯の量=茶壺の量 何故? 使用した痕跡がないの、一度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百参拾弐

第7643話 マイセン開窯300年記念茶杯 ヤフオクで見つけたマイセン開窯300年記念茶杯! 終了時間寸前に、ポチっとして、ゲットです。 この他の茶杯をそれなり、もっているので、 開窯300年記念は!でした。 とても、マイセンとは思えない絵柄ですし… マイセン http://www.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百参拾弐

第7086話 茶櫃をゲット! 家内の実家で見つけた茶櫃、 意外と入るものです。 でも、茶器が簡単に倒れそう… ふきんが必要ですね。 でも、お茶会で使う茶杯が、収まるのはうれしい。 結構年代物のはずなんですが… 漆?なわけないな、 プラスチックでしょうね。 この和ってと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百参拾壱

第7056話 せともの市という砂漠から、見つけたシブい茶杯 人形町のせともの市で、見つけた茶杯。 形状も、口にフィットし、数もそれなりに揃い、 高台もそれなりに、あって 安かったので、まとめ買いしました。 ただの白い茶杯かと思って、よく見ると 鳳凰の模様がありました。 白地に白・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百参拾

第7024話 夏用の茶器 人形町のせともの市でゲットしていた夏用の茶器。 小さめのブルーのガラス皿は持っていたので 大きいのが欲しくて、探していました。 聞くと、コレクターの一品だとか… かなり、大きいので、茶杯ものります。 これに合わせて、冷茶用の茶杯もゲット。 色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百弐拾九

第7006話 茶杯 せともの市で、見つけた茶杯。 アンティークを1個ゲットしました。 ちょっと、モダンで、おしゃれ! 珍しくアウトレットを漁ると、見つけた茶杯、 お茶会用に数もそろえることができて、ラッキーでした。 5個1000円だったので、あるだけ買い、 員数あわせの端物は、個人使いになります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百弐拾六

第5995話 せともの市の戦果③ 今回、印判の小皿で、同じ絵柄のものを 何枚か購入して、茶托にしようと考えて探していました。 春用に鶯が欲しかったのですが ない! ふと、目にとまったのが、江戸後期から明治にかけてのこの皿。 3枚しかありませんでしたが、 龍の模様が気に入り、買いました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百弐拾六

第5984話 せともの市の戦果② 茶杯を並べる盆、皿、 まあそれなりに、季節感を演出するには、便利と考え、 いつも探しています。 せともの市の有田焼を扱う店で見つけたこの皿。 この赤に、心が動かされました。 落ち着いた、紅殻の色。 水曜日の夕方に行くと、 ちょうど、持ち帰るために、包ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百弐拾五

第5972話 せともの市の戦果① 今回、しまった!というのがウランガラスの皿! ひと足違いで買われてしまった! まあ、買えなかった場合、縁がなかったと考えるしかないです。 今回は、印判で、春を感じさせる絵柄の小皿を セットで欲しかったのです。 でも、ありませんでした。 とはいうものの、物欲をそそる物があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百弐拾参

第5913話 オールド清水焼のカップ&ソーサー 37年ほど前に、 京都清水寺の参道にあった手作りの陶器を扱う店で 購入したカップ&ソーサー。 下皿の存在感が大好きです。 買った当初は、コーヒーを入れていましたが お茶に目覚めてからは、もっぱらお茶。 欠けてしまったので、金継ぎをお願いしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百弐拾弐

第5905話 The PENのgood old 蓋碗! 香港尖沙咀にある半島酒店、通称、The PEN。 その地下にあるペニンシュラブティックでは、 ペニンシュラで使われている蓋碗やポットなどを 買い求めることできます。 (HKIAの免税店街にもペニンシュラブティックはありますが、蓋碗やポットはないかも…) エッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶器三昧 其乃参百弐拾壱

第5895話 器を愛する 金継ぎから帰ってきた家内のマグ。 手作りでしたが、家内が落としてしまい、 砕けてしまいました。 金継ぎをお願いしました。 戻ってきました。 買った値段より、高くついた金継ぎの料金。 でも、別の器に生まれ変わったように思います。 お金じゃないんだ、器…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more