テーマ:ラーメン

一日一茶のB級グルマン備忘録 佐野編 No.1666

第9050話 青竹手打ちラーメン 大和@佐野 何回か、訪問を試みましたが、 19時ごろには店の前に、閉店の札がかかっていて、 いつかはと思っていました。 17時半ごろ、まだ閉店の札はありません。 店の前で、家内を降ろし、駐車場に車を止めました。 家内に聞くと、すでに順番は書いてあり、 10人ほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 佐野編 No.1665

第9011話 らーめん 大金@佐野 過去、何回か、この店で食べるために、車を飛ばしましたが、 19時を過ぎて訪れると閉店になっており、 家内と「早いねえ」と、ほぞを噛んでいました。 今日は世間的には3連休の最終日、 可能性は低かったのですが、 18時半ごろ、店の駐車場に車を入れると、 看板の電気はついています、営業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No.1664

第9006話 らーめん 雷蔵@東武船橋 福岡物産展 東武船橋 福岡物産展に出ていたらーめん 雷蔵。 イートインで、らーめん(たぶん751円)の食券を買い、 待つことしばし。 HPの画像は、スペシャルですが、 普通のラーメンは、実に愛想のない印象です。 白しょうがとごまを振りかけると、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家ごはんは最高ダニャー 294

第8968話 青森ラーメン 週に1度は行くスーパー、生きた栗蟹が売られていました。 帆立の稚貝もです。 酒蒸しにして、蒸し汁を利用することにしました。 酒蒸しなので、蟹と帆立の香りがいいですね。 青森産の海産物で作った青森ラーメン。 塩ベースでラーメンを作ってみましたが、味わいが薄い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No.1663

第8939話 横浜家系ラーメン 魂心家@船橋 JR船橋駅下車、南口から国道14号方面へ南下して、 本町交差点を越えて、左手にあります。 2020/01/22訪問 22日は、ラーメン1杯500円のサービスデーです。 しかも、大盛りを選んでも料金は同じ。 さらに、ご飯食べ放題。 通常は700円な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No.1592

第8935話 横浜家系ラーメン 壱角家 東船橋店@船橋 壱角家のラーメン550円の日、毎月1日でしたが、 2020年からは11日になりました。 土曜日の午後ということもあり。 店内には高校生が多い。 テーブルに座り、食べた後はスマフォ三昧。 一回、なか卯で、友人が食べるのを待ってる高校生がいました。 ホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 足利編 No.1662

第8931話 ラーメンショップ 足利50号店@足利 東北道佐野藤岡インターを下りて、 国道50号を西へ、家内の実家である足利市へ入ると、すぐに目に入ります。 朝7時でも、のれんがかかり、こんな朝から?と思っていました。 ググると人気があります。あるサイトでは足利市で2位。 ラショといえば、家の近くにある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No.1661

第8922話紀州清流担々麺@船橋 年末、家内と一緒に来ました。 黒胡麻担々麺と白胡麻担々麺、肉汁餃子の食券を買いました。 お水のコップが金属製で、外は普通の温度ですが、 内側は冷たい、担々麺はそれほど辛いということ? とちょっとにんまりしました。 肉汁餃子です。 サイズは小、焼き具合はほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編

第8905話 台湾小吃店 慶龍@船橋 湊町 シェフのノリタケさんが、体調不良になったために、 現在は、娘さんがシェフコートを着て、厨房に立っています。 営業時間を昼間だけにし、供する料理を減らし、 営業しています。 正しい。 結構、人気です。これまで、待つよ、なんてお客さんいませんでしたし。 焼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No.1659

第8894話 つけ麺 一頂@船橋 営業前に店先には 玉子にも、こだわりを感じる養鶏場の箱が積まれていたりします。 店内には、浅草開化楼の麺箱が積まれています。 こだわりあるんでしょうね。 夕方、訪問し、ラーメン820円の食券を買いました。 つけ麺専門店でラーメンを食べるのは、ある意味、暴挙です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No.1658

第8892話 麺屋 こころ@船橋 名古屋名物、台湾まぜそばの専門店。 チェーンですね。 券売機で、「台湾まぜそば」850円の食券を買い、座ります。 一応ラーメンもありますが、 ほとんどは、まぜそばを注文しています。 苦手な具は、変更可能です。 スタンプカードもあります。 ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No.1657

第8875話 伝説のすた丼屋 船橋店@船橋 丼専門店なれど、ラーメンがあります。 ラーメン640円の食券を買い、席に座りました。 おお、スタッフは全て女性。 これも、すごいな… 11時なので、全然混んでいません。 やはり、丼に比べると、時間がかかります。 スープを口に含むと、 醤油の味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 足利編 No.1656

第8847話 麺屋 つるる@足利 東武伊勢崎線足利市駅下車、 渡良瀬川を渡る中橋を北上し、 中央通りを右折。 国道293号線を左折して、2つ目の信号を右折。 (一方通行の出口ですなので、徒歩のみです) あずま児童公園の斜向かいにあります。 足利で一番おいしいとされるラーメン屋さんです。 これまで、何度か訪問しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No.1592

第8798話 横濱家系ラーメン 壱角家@東船橋 この店のスタンプが10個になったので、 平日の昼間に、食べにやって来ました。 平日の昼間はライスも無料。 それでは気が引けるので、海苔110円を注文。 ラーメンをおかずにご飯を食べるというコンセプト、 いわゆるラーメンライス、今回は、ご飯4杯に挑戦。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No.1604 

第8784話 うどん そば 梅もと@京成船橋 JR船橋駅の元西武側の改札を出て、 京成船橋方面へ歩き、交差点を渡り、京成船橋方面を歩くと、 左手にあります。 JR船橋駅から、京成船橋への道にあった、 25ラーメンとアッサムが、閉店した今、 お安いラーメンとカレーを供する店は、 この梅もとだけになりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編 No.1299

第8745話 ら麺亭@浅草 JFTが始まる前に、食べたいと考え、やって来ました。 わんたん麺650円、焼賣150円を注文しました。 前金で支払います。 東京で、浅草で、この価格はうれしい。 まずは、焼賣です。 1個75円という値段からすると、このボリュームは立派です。 大きい、自分で作る焼賣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 佐野編 No.1655

第8736話 佐野らぁめん&餃子 八竹@佐野 台風19号が去った14日、 足利へ行き、帰りに立ち寄りました。 国道50号には、佐野ラーメンの店は少ないのです。 全部で4軒、そのうちの1軒です。 調べると、すこし評価が高い。 店は西行きにあるので、足利からは下羽田の交差点でUターンする行き方になります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No.1592

第8692話 横濱家系ラーメン 壱角家@東船橋 毎月1日のサービスデー、 家系ラーメン500円が価格改定で、550円になりました。 まあ、月に1回のサービスデーだけですし。 でも、平日は開店から18時までは、ご飯は無料です。 ゆえに、ラーメンライス、 ラーメンをおかずに、ご飯をもりもり食べることができ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 足利編 No.1654

第8690話 ラーメン専門店 いっぱし@足利 これまで、何回か来たのですが、 開いていなくて、今日はちょっと遅いせいか、 開店していました。 店の後ろの駐車場に車を入れて、 店に入りました。 先客は0。 一日一茶は塩ラーメン750円と水餃子300円、 家内は、醤油ラーメンのあっさりの食券を買いまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 足利編

第8644話 ラーメン まるしま@足利市 足利市山川町にある、手打ちラーメンの店。 栃木県佐野市にある森田屋総本店の元足利支店。 街灯には、「森田屋」なんです。 平日の夕方⒙時ごろにやってきました。 店のそばにも駐車場はありますが、 道の反対側にも、駐車場があります。 チャーシューメン750…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編 No.1653 

第8629話 楽観 NISHIAZABU GOLD@西麻布 六本木一のラーメンと言われる店、楽観へ行ってみました。 エントランス、ちょっと近すぎ。 確かに分かりにくいところにあります。 東京都港区西麻布1-8-12 東京メトロ六本木駅下車。 六本木通りを渋谷へ向かって、右側を歩き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編

第8627話 博多麺房 赤のれん@西麻布 実に15年ぶりの訪問です。 らぁめん730円と水餃子360円を注文。 このとんこつスープがおいしい。 ピュアというか、重さもない、 醤油の味も、やさしい、 ピュアなトンコツというのが印象です。 好きです。おいしい。 ちょっと目からウロコです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編 

第8625話 五行@西麻布  五行は、2010年に訪問しています。 今回は焦がし担々麺と餃子とご飯のセットを注文。 焦がすのは、奥の厨房でやっています。 大丈夫かいな?と思うくらい炎が上がります。 焦がし担々麺 スープを一口、口に含むと、 ちょっと甘さを感じますが、 山椒、麻の味がガツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 足利編 No.1651

第8608話手打ちラーメン恵比寿屋@足利 2019/8/24訪問 餃子300円 ラーメン550円 チャーシューメン800円。 油そばもあります。 カレーや丼もあります。 店内には、花が飾られていて、 厨房もピカピカに磨き上げられていて、清潔感があります。 どう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編

第8606話 八戸らーめん 串とろ@六本木 天鳳訪問時に見つけていました。 過去にも訪問しています。 老舗健在なのは、うれしい。 過去ログ https://chinatea.at.webry.info/201908/article_126.html?1567257141 2019/8/23訪問。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編 No.728

第8605話 天鳳@六本木 店先のドラム缶が、昔はドラム缶でスープを作ったという,,いわれを、 意味しているんでしょうね。 味名人、ドラムカンスープ、天鳳おやじの店とあります。 札幌の西山製麺からの麺が積まれています。 歴史を感じる厨房です。 ですが、磨き上げられています。 白髪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編 No.1542

第8603話 かおたんラーメン えんとつ屋@西麻布 2019/8/21訪問 何年ぶりだろうか。 以前、来たはずですが、ログがありません。 何かの理由で掲載を見送った? かおたんとは福健省の高級スープと看板にあります。 高級の高が、広東語では「ガオ」 湯、スープは、タン、 店名のかおたんは、ここから来て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編 No.797

第8595話 餃子舗 珉珉@六本木 何年ぶりだろうか。 店の中には、歴史を感じます。 色とりどりの提灯が、昭和ですね・・・ みんみんと言えば、一日一茶が小学校の時に、 神戸の高架下に、店があったと思います。 関西の各地にあった、今は当たり前のチェーンです。 https://www.minminhon…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編 No.1521

第8589話 麺屋武蔵 虎嘯@六本木 お盆の間は、店内で行列がありましたが、 16日の金曜日は0、すんなり座れました。 虎嘯ら~麺 1150円の食券を買いました。 麺は大盛りにしてもらいました。 虎嘯 虎がほえること。英雄・豪傑が世に出て活躍することのたとえ。 そのせいか、麺には胡椒が練りこま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編 No.1650

第8587話 えびそば 一幻@六本木 はりたやの並びにあるえびラーメンの店。 塩、味噌、醤油ベースで、 「そのまま」えびの風味をそのまま活かしたストレートスープです 「ほどほど」えびスープにほどほどのとんこつスープをブレンドしました 「あじわい」ほどほどよりさらにとんこつスープの割合を増し味わい深く仕上げま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more