テーマ:ラーメン

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No.1604

第8524話 横浜家系ラーメン 壱角家@東船橋 家内と駅で待ち合わせると、ラーメンはここになります。 駅の近くには、食べるところが意外と少ないので… 家内は家系のネギラーメンを、 一日一茶の普通の家系とライスにしました。 家系ラーメンとライス、つまり ラーメンをおかずに、ご飯を食べるわけです。 ライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No.1604

第8508話 横浜家系ラーメン 壱角家@東船橋 壱角家、毎月1日は、家系ラーメンの醤油と塩が1杯500円で、 ラーメン好き、高校生には、非常に人気です。 この日だけは、ラーメンをおかずに、 +100円でご飯を食べます。 1杯目は、普通に、ふりかけをかけたご飯をたべ、ラーメンのスープを飲みます。 2杯目は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 佐野編 No.1643

第8605話 麺屋だんとつ 弾凸@佐野 佐野プレミアムアウトレットの買い物が終わったのは19時、 有名店は、すでにおしまいの時間帯です。 すぐに帰りたい、 あれこれ探したくない、 近い、ということで、国道50号沿いにある、 この店を選びました。 意外と、国道50号沿いには、佐野ラーメンの店は少ないのですが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No.1216

第8589話 横浜家系ラーメン 武蔵家@中野木 実に8年ぶりにやってきました。 お腹を安く一杯にするには、 ここのラーメン650円にごはんのお代わり自由サービスがコスパ最高です。 駅前の壱角家は600円ですが月初1日だけです。 つまり、ラーメンをおかずにごはんを食べる。 加えて、喉の調子がよくないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 習志野編

第8563話 ラーメンかいざん 本店@中野木 中野木にある「かいざん」 「ニューラーメンショップかいざん」の頃から、 30年近く、通っている老舗です。 http://www.kaizan1.com/ かいざんのラーメンは船橋市民のソウルフード、 と雑誌に紹介されているそうです。 5月中旬にひいた風邪が、咳だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 足利編 No.1642

第8558話 伊藤商店 足利店@足利 仙台朝ラーの店です。 仙台 朝ら~って、仙台は朝ラーメンが有名でしたっけ? サイクリスト用? 国道50号では、チェーンの山岡家と、ラーメンショップが、 早朝から営業していますが、足利市内では初めてです。 朝7時からの営業… 都心では、過去…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No.1641

第8553話 中華そば 青葉@東武船橋デパ地下 東武船橋店の地下にある中華そば 青葉の船橋店です。 形態としては、ラーメンスタンドです。 ミシュランに選ばれているんですね… 病院の帰りに訪れました。 船橋ラーメン横丁がなくなり、 そこにあった青葉が、東武に移ったようです。 中華そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 習志野編 No.1640

第8539話 麺家ぼくんち@習志野 「東京とんこつ」と書いた看板がありますから、迷うと思います。 前に、「東京とんこつ 恵比寿一代」でした。 店に入ると、豚骨の匂いがします。 ラーメン750円、のり100円、餃子3個250円の食券を買い、 待つことしばし。 あ、麺の硬さ、脂とか訊かれましたが、 普通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No.1639

第8537話 ド豚骨 貫@船橋 浜町 入り口には、学生は中盛り無料、 学生証の提示が必要と張り紙があります。 それと三河屋製麺の麺箱が置いてありました。 お店の名前を冠した、ド豚骨850円の食券を買いました。 初めて、ポタージュのようなスープを見ました。 現実は、聞いたことがありますが、 見たの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編 No.1638

第8531話 中華そば専門 田中そば店@アークヒルズ 中華そば、食べたい時ってありますよね。 中華そばを食べたいと思い、やってきました。 隣は、四川正宗つじ田… つじ田の担々麺、いわゆる激戦区です。 正宗、まさむねって読んでますが… 中国語では、「本物の」の意味なので、 まさむねって、読むかな…と思い、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No.1637

第8529話 裏我馬ラーメン@津田沼 我馬ラーメンは、裏もあるのです。 表だけで、片手落ちなので、訪問しました。 扉を開けると、豚骨の匂いがします。 10周年で、煮干しラーメンは650円でした。 煮干しラーメン650円と餃子280円の食券を買いました。 床は黒く、席の後ろのベンチも、老舗の雰囲気があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編 No.1336

第8527話 キンシャリ屋@六本木ヒルズ 炒飯と酸辣湯麺の店 という文句に釣られて、 入りました。 実は酸辣湯麺には、一家言あるのです。 船橋の台湾料理の「慶龍」の名物は、酸辣湯麺。 台湾の黒酢を使い、酸味と味わいの丸みを調和させます。 炒飯も、パラリとしているか、これも一家言あります。 炒飯と酸辣湯麺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No.1635

第8514話 我馬ラーメン@津田沼 この店の隣は、我馬ラーメンです。 さすが、同業種が隣同士というのは、あまり見ません。 我馬ラーメンは開業15年の老舗。 栄昇ラーメンの本店も、2006年開業の老舗。 四つ角の、全部の角が中華料理屋というのは、見たことがありましたが… 我馬ラーメンを訪れました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編 No.1634

第8513話 栄昇ラーメン 匠@津田沼 この店の隣は、我馬ラーメンです。 さすが、同業種が隣同士というのは、あまり見ません。 我馬ラーメンは開業15年の老舗。 栄昇ラーメンの本店も、2006年開業の老舗。 四つ角の、全部の角が中華料理屋というのは、見たことがありましたが… まずは、本店が南側にある、栄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 習志野編

第8509話 栄昇ラーメン@習志野 午後ちょい遅め、栄昇ラーメンへやってきました。 のれんがいい味だしています。 (5月2日の午後は、行列でした) 煮干しラーメン700円と餃子250円を注文。 聞いていると、後から来るお客さんも、煮干しが多い。 ふむふむ当たりだなと、待っていました。 結構、暗い店内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 足利編 No.1633

第8505話 麺屋 集@足利 家内の父は高齢ですが、 「ラーメンと餃子が食べたい」 と言いだします。 ラーメンと餃子は国民食なんです。 義父の兄弟の推薦で、 これまで、2度ほどやって来ましたが、 空振り、3度目の正直でした。 ここは、創作ラーメンの店でもあります。 アサリトマトバター、ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編 No.1632

第8500話 ラーメン 大至@湯島 人気店と推測し、昼休みが終わったであろう頃を狙い、 やってきました。 信号には、、立て看板があり… つけ麺は、アグレッシブな味わいものを期間限定で、 提供しています。 それもそのはず、この信号の周りは、ラーメン店が多く、 激戦区なのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 習志野編 No.1631

第8497話 麺屋 宜候@習志野 宜候、よーそろと読みます。 航海用語で、針路はこのままよろしいという意味です。 帝国海軍、海上自衛隊では使用されていません。 ヤマト2199、2202で、使われていますが… 船をイメージして、舵輪が飾られていてして、 壁には口上が書いてあり、これまでの経験と自信、こだわり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 佐野編

第8469話 麺's SHOP ラーメン・餃子専門店 おぐら屋@佐野 観光バスもokというほどの広さです。 佐野で一番大きなラーメン店かも。 パンフには、「麺's SHOP」とあります。 「ラーメン・餃子専門店」とも… 大金、一乃胡、日向屋、田村屋といった店の源流がおぐら屋と聞き、 家内と行くことにしまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編 No.1629

第8467話 らーめん香月 六本木店@六本木 六本木交差点から、六本木通りを六本木1丁目方面へ、 歩くと、右側にあります。 元祖背脂チャッチャ系とも言われていた、 恵比寿にあった背脂ラーメンの名店 香月(かづき)、 (今は閉店?移転?してしまったようです)の六本木店。 恵比寿に仕事先があった頃、何回か行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編 No.1628

第8456話 厳選煮干しらーめん 初代 にぼ助@お茶の水 久しぶりにやってきたお茶の水。 食べたいラーメンは?と探していて、 このお店に興味が引かれました。 煮干しか…食べたいな、とやって来ました。 入り口の券売機で、「煮干しラーメン」の食券を買いました。 並・中・大、全て800円です。 大を買いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編 No.1627

第8437話 らーめん阿夫利@六本木 六本木交差点を六本木1丁目方面は歩くと、 左手にあります。 阿夫利とは、大山にある神社の名前ですよね。 神奈川県大山にある時は、 行きたいと思っていたお店なんです。 六本木にあるとは、ちょっと感激でした。 今では、都内各所、トマム、アメリカにも支店があるんですね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 船橋編

第8427話 鶏白湯専門店つけ麺まるや@下総中山 No.1627 店に入ると、 壁には口上が書いてあり… 印刷だったので、ちょっと系列かな?と思い調べると、 ここの系列なんです。 https://human-community.co.jp/maruya どうりで、なんか整いすぎている感じがしました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 佐野編 No.1626

第8424話 佐野ラーメン 日向屋@佐野 国道50号の下羽田町交差点(角にマックがあります)を、 曲がり、北上すると、左手にサイジョーが見えたら、その隣です。 看板に電気がついていないと、スープ切れ閉店ですし、 このように並んでいると、他へ行くか、となります。 さらに店の中には、待つ席が8席あります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 足利編 No.1625

第8413話 立川マシマシ 足利総本店@足利市 前編 以前は、足利市助戸仲町にあり、 店の前を通るつど、ふ~んと思っていました。 ところが、家内の実家の近くに移転してきました。 なんか、ボリュームがすごそう… 食べられるかな? という思いで、ちょっと二の足を踏んでいました。 以前、次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 習志野編 No.1624

第8403話 谷津ラーメン@谷津 散歩の達人に掲載されていたので、 やってきました。 店のドアを開けると、 元気のいい、中国なまりのおじさんの声で迎えられます。 券売機で、ラーメンと餃子セット800円を買い、券を渡しました。 調理場は磨き上げられ、気持ちがいい。 ホントは谷津ラーメンが食べたかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 佐野編 No.1623

第8399話 田村屋@佐野市 家内の実家訪問の後は、 運転手兼雑用なので…これくらいの要望は聞いてください、 ということで、佐野ラーメンを食べに来るのです。 しかし夕方なため、大和などの有名店は結構ギリ… 開いているところを探したのが、この田村屋です。 おぐら屋の系列と聞きます。 8人ほどの行列でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 人形町編

第8397話 博多ラーメン しばらく 日本橋店 @水天宮 歌舞伎の「暫」が店の名前の由来です。 わんたん麺が食べたくてやってきました。 食券を買い、席に着きました。 豚骨の匂いがしますが、 ほんのりなので、期待が増長されます。 〆のラーメンを食べる酔客さんがいたり、 2階では、実際、飲む人もいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 横浜編 No.1622

第8387話 たつ屋 日ノ出町店@日ノ出町 この辺りは、ラーメン店激戦区です。 日ノ出町駅前には、3軒が軒を連ねているほど… 去年、一昨年もありました。 うん?今年は反対側に家系出来てるし… 切磋琢磨とそれぞれの方向性は、ある意味、共存共栄なのかも。 2016年のCP+の時も、この店を訪問しましたが、 写真だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 横浜編 No.1621

第8385話 九州大分らぁめん たまがった 伊勢佐木町店@横浜 伊勢佐木町 CP+ 2019へ行く前に、腹ごしらえと 大分ラーメンに興味があり、行くことにしました。 伊勢佐木町って、こういうところなんですね… と感心しながら、歩くこと、少し。 営業時間は8:00-翌7:00! 「たまが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more