テーマ:雑木林

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #84

第9846話 消えゆくくらしのモノ事典を読みました。 大判で、見やすいのはいいですね。 実物の感じがよくわかります。 カセットやダイアル電話、たしかに見なくなりました。 ホント…昭和は遠くになりにけり。 消えゆくくらしのモノ事典
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #83

第9818話 「茶事の時間」を読みました。 JALカードの「AGORA」。 「茶事の時間」という連載が始まりました。 第1回は、八雲茶寮の「朝茶は福が増す」。 第2回はロイヤルブルーティーの「お茶は人と文化をつなぐ」。 これからどこが紹介されるのか楽しみです。 ************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #82

第9802話 新潮と文春のグラビアを読みました。 足利の山火事の記事が掲載されていました。 インパクトでは文春の勝ちですね。 カメラマンの腕の差でしょうか。 知らなかった、自衛隊のチヌ-クがつり下げていた消火水の量、 5トンですって。 自衛隊のチヌ-クは、松田ダムで水をくみ上げていましたが、 足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #81

第9788話 「魚座の最後の日」を読みながらお茶。 家内の実家の整理中に見つけた、昔、読んだ文庫本、 片岡義男の「魚座の最後の日」。 軽く渇いた文章とストーリー… わたせせいぞうと片岡義男が好きだった若い頃を思い出しました。 そういえば、お土産に鹿児島紅茶を買ったとありました。 1988年にあったんだ、鹿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #80

第9773話 佐野のいもフライパンフを読みました。 佐野名物いもフライは「日本一おいしいよ♥」とさのまるが紹介しています。 さのまるが腰に差しているのは、いもフライ。 いもフライの作り方が書いたあり、英語の説明もあります。 出来のいいパンフという印象があります。 ******************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #80

第9759話 「パパの密やかな楽しみ」を読みました。 今週の文春砲、自民党の白須賀貴樹衆院議員を砲撃。 白須賀貴樹衆院議員、 不祥事しかない、どうしようもない国会議員です。 中国企業「500ドットコム」社のIR贈収賄etc… 今回のパパ活自粛破り… 「少しでも売り上げに」じゃないだろ、パパ活だろうに……
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #78

第9729話 雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #78 日本写真家協会の企画展『愛しい』のリーフを読みました。 愛しいの対象はいろいあります。 ハワイイ、猫、子供、他界した母親… 愛しいものは人それぞれ… *************************************** 企画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #77

第9719話 週刊文春と週刊新潮を読みました。 週刊文春。 キャンペーンなのか、記事なのか? エヴァンゲリオンのヒロインが、原色美女図鑑に掲載。 これって初めてでは? 週刊新潮。 自民党の松純の深夜銀座遊び回りのスクープ。 「緊急事態の夜は更けて」 週刊新潮、しっかりと網を張っていました。 今週…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林の二十四節気歳時記 大寒の頃

第9708話 家の前の田んぼの土が掘り返されました。 今年も、田植えが行われるようです。 この田んぼの稲のわらで、 この地区に、疫病が入ってこないようにする魔よけの大蛇が作られます。 それは2月2日の節分。 武漢肺炎が入ってきませんように、 大蛇に祈らないと。 *************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #79

第9700話 『読谷村 やちむん散歩』を読みました。 日本の窯で、行ってみたいところは、有田、九谷、読谷村。 やちむんの藍の色が好きなんです。 分厚い器が多いかなと思いながら、 このガイドを読むと、薄い器もありそうです。 ほかにも海の青さを表した器がほしいな。 ********************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #76

第9663話 今年の年賀状を見ながらお茶。 家内の年賀状です。 毎年、干支を考えながら作るのには脱帽です。 一度、全ての干支をセットにしてみたいものです。 ***************************************************************************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林の二十四節気歳時記 元日

第9657話 雑木林に感じる元日の雰囲気。 いつもと違う雑木林。 元日の厳かな空気、雑木林にも感じるのです。 なぜなんだろうか。 ****************************************************************************************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #75

第9649話『愛すべきねぶたバカたち』を読みました。 青森県のねぶたを造るグループの写真集です。 いろいろな企業にねぶたを行うグループがあるのですが、 企業の宣伝の枠を越えているように思えます。 ある意味、ねぶた愛… それとねぶた名人というスペシャリストがいるんですね… ちょっと驚き… ******…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #74

第9627話 ブルータスの「餃子 ♡ 愛」を読みました。 餃子の記事を読みました。 餃子にミルク… たしかに、臭いはしないかも… いろいろな餃子のアイデアが湧いてきます。 餃子作りたくなります。 ***************************************************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #73

第9618話 ニッコールクラブNo.263を読みました。 真摯に写真を極めようとする内容で、 時代の先頭を走る画像には、おお、という驚きがあります。 でも…すごい表紙ですね… 昭和の薫りがするというか… **************************************************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #71

第9593話 フォトコン12月号を飲みました。 「六感」撮影術。 「臨場感」「緊張感」「違和感」 「奥行感」「立体感」「空気感」か… 一日一茶としては「動きを感じる」を結構、優先しますが… *********************************************************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #70

第9576話 『志摩時間』を読みました。 『志摩時間』、志摩観光ホテルの企業誌です。 開業70周年記念アフタヌーンティーが開催されます。 お茶は選べるのかな? 香港のペニンシュラでは選べますね。 東京のペニンシュラでは選べるのだろうか… 伊勢茶って結構レベルが高いからなあ。 ぜひ、供してほしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林の弐拾四節気歳時記 白露の頃

第9441話 稲刈り後の匂いは心地良い。 8日から始まった稲刈り、11日で終了です。 11日は、稲刈りの後のいい匂いがします。 これは初秋の匂いなんだろうと思います。 写真のチカラを応援しています。 https://orphotograph.com/2020/07/22/sy…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #60

第9439話 MY LOUNGEの「堺打刃物」を読みました。 武漢肺炎禍より、雑誌のスタイルに変化が見えます。 リゾートの記事が減り、生活スタイルへのシフトといいますか… 「堺打刃物」、自炊が多くなったという生活様式の変化に即した記事と、 堺という町の記事の合わせ版です。 柳刃は、結構使いますし、ペティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林の弐拾四節気歳時記 処暑の頃

第9398話 稲の穂、重くなる処暑 今年は、8月でもサギがやって来ます。 梅雨が長かったせいでしょうか? 8月も下旬になり、稲の穂、重くなると、 スズメ除けのテープが張られました。 来月には稲刈りです。 写真のチカラを応援しています。 https://orphotograph.c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #57

第9397話 志摩時間を読みました。 『志摩時間』志摩観光ホテルのPR誌です。 料理の紹介ページが多く、 しかも、伊勢志摩で取れた鰹などが掲載されています。 おお、食べに行きたいと思うような料理です。 アフタヌーンティーがあります。 どんな紅茶なんだろう。 伊勢茶かな? 季節感を感じるのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #56

第9383話 『通販生活 盛夏号 2020』を読みました。 武漢肺炎禍の「台湾」「ドイツ」「韓国」の記事は、いいですね。 いかに「備えよ」という概念が大切か分かります。 よく、そんなの発生してから考えればいいじゃないというのが、 日本の自治体の考えですが、 それって、本当に実力のあるところしかできないことと、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #55

第9368話 「東京、コロナ禍。」を読みました。 武漢肺炎禍の東京を歩いた写真集です。 実によく歩いたと思います。 でも、情報収集もしっかりしています。 インパクトが無いようで有る、 しかも、何気なくなので、共感があります。 写真のチカラを応援しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #54

第9354話 鳥の専門誌「BIRDER」を読みました。 こんな鳥好きのための雑誌があるんですね。 この号では嘴が特集されています。 雑木林の鳥を撮影するのは、難しいのです。 しっかり読めば、撮影できるかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林の弐拾四節気歳時記 大暑の頃

第9343話 稲の花が咲く。 例年、稲の花が咲くのは大暑の頃。 今年は日照不足で、ちょっと遅いようです。 稲の花が実になると、お米になるのです。 実には受粉が必要ですが、風に揺れるだけで受粉すると思います。 いまだ梅雨明けず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #52

第9321話 「PARIS」を読みました。 立木義浩氏のモノクロ作品集です。 フォトコンの付録ですね。 インパクトは少ないものの、気づきのある写真はいいですね。 ちょっと脱力系で、ほっとします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #51

第9310話 こすもす 夏号を読みました。 東急不動産HDが刊行している季刊誌です。 馬車道の特集がありましたが、 東急の沿線という縛りがあるようです。 しっとりとしたデザインと記事で、好感が持てます。 お茶を淹れようと、席を立つと、 時々、椅子を占有されます。 カメラ、カメラと手近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #50

第9297話 ちゃぐりんを読みました。 JA傘下の「家の光」が出版している児童向けの「ちゃぐりん」。 「田んぼの生きもの発見ノート」という付録が付いていて、これは面白い。 雑木林に囲まれた田んぼへの愛情が深まります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #48

第9265話 今週も週刊文春を読みました。 グラビアの上白石萌歌は、存在感ありますね。 フォトグの技でもありますが… 河井夫婦を巡るべ~あ~と検察の暗闘を読みました。 まあ、べ~あ~は河井元法相への任命責任と支持率低下がありますからねえ、 でも、法律に違反した法務大臣を任命した責任は大きい。 だから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #46

第9240話『Highway Walker』を読みました。 東北道の蓮田SAに置いてあった『Highway Walker』。 表紙の橋本環奈はかわいい! 持ち帰った読んだことは言うまでもありません。 猫に新型コロナウィルスが罹患するかどうかの中国の動物実験には絶対反対です! 中国政府! 猫の命を科学の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more