テーマ:お茶

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #78

第9688話 「猫暮らし」を読みました。 イタリア式猫エッセイに、 日本の猫の写真が掲載されています。 フォトグラファーは、版元文藝春秋の写真部にいた飯窪敏彦氏。 氏の猫写真はすばらしい。 猫愛が違うというか、日本で一番ではないか、と思います。 家に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #77

第9677話 ねこ No.117 を読みました。 表紙はイケメンですが、飼っている猫もイケてます。 実は、うちの3きょうだいが掲載されているのです。 それは「写真家とねこ」第5回。 iPhoneで撮っても、それなりの写真になるのは、 プロの腕なんですね。 ちょっと脱帽。 ******…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #76

第9663話 今年の年賀状を見ながらお茶。 家内の年賀状です。 毎年、干支を考えながら作るのには脱帽です。 一度、全ての干支をセットにしてみたいものです。 ***************************************************************************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #75

第9649話『愛すべきねぶたバカたち』を読みました。 青森県のねぶたを造るグループの写真集です。 いろいろな企業にねぶたを行うグループがあるのですが、 企業の宣伝の枠を越えているように思えます。 ある意味、ねぶた愛… それとねぶた名人というスペシャリストがいるんですね… ちょっと驚き… ******…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #74

第9627話 ブルータスの「餃子 ♡ 愛」を読みました。 餃子の記事を読みました。 餃子にミルク… たしかに、臭いはしないかも… いろいろな餃子のアイデアが湧いてきます。 餃子作りたくなります。 ***************************************************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #73

第9618話 ニッコールクラブNo.263を読みました。 真摯に写真を極めようとする内容で、 時代の先頭を走る画像には、おお、という驚きがあります。 でも…すごい表紙ですね… 昭和の薫りがするというか… **************************************************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #72

第9606話 2020年ネガの旅 紀伊半島1990を読みました。 林朋彦氏の写真集です。 武漢肺炎禍で、暇なので、昔撮影したネガを整理して、作った写真集。 実にしっとりとした味わいが魅力です。 よく歩いていますし… 4×5なんだ… 氏は、東海道の床屋の写真集なども刊行さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #71

第9593話 フォトコン12月号を飲みました。 「六感」撮影術。 「臨場感」「緊張感」「違和感」 「奥行感」「立体感」「空気感」か… 一日一茶としては「動きを感じる」を結構、優先しますが… *********************************************************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #70

第9576話 『志摩時間』を読みました。 『志摩時間』、志摩観光ホテルの企業誌です。 開業70周年記念アフタヌーンティーが開催されます。 お茶は選べるのかな? 香港のペニンシュラでは選べますね。 東京のペニンシュラでは選べるのだろうか… 伊勢茶って結構レベルが高いからなあ。 ぜひ、供してほしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #69

第9562話 「自律神経を整える絶景まちがいさがし」を読みました。 「1日1分 ながめるだけで心もカラダも軽くなる」「免疫力アップ版」… 世界遺産なので、え、ここも?なんて場所があります。 それはナミビアのナミブ砂海。 鉄分が含まれるので、色が赤いんです。 うちのナミイは、家内がナミビアへ行っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #68

第9546話 フォトコン11月号の付録を読みました。 W表紙の付録、キャノンのミラーレスのタイアップです。 昔、文春のスポーツ誌「ナンバー」を担当しているカメラマンから、 「表紙っていうのは、いわゆるコンペ」と聞かされたことがあります。 その特集で、一番いい、インパクトのある写真が表紙になるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #67

第9534話 「佐野洋子 100万回よみがえる」を読みました。 「100万回生きたねこ」を描いた佐野洋子さんの本を読みました。 絵本画家って、絵とストーリーを作る才能が必要なんだと、 初めて知りました。 いろいろな作家の寄稿にもびっくりします。 「鉄製のフライパン」と「骨董の器」の写真が興味を引きました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #66

第9522話 通販生活を読みました。 原発ゼロ、エコ、間伐材の利用推進etc と意識高い系で、しかも、いい商品を調べて通信販売する『通販生活』。 しかも180円と安い。 時々、急須を販売していますが、 それには、ふ~ん、と思うことはあります。 『通販生活』を出版しているカタログハウス、 社内では猫が闊歩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #65

第9509話 週刊文春「在来種に魅せられて」を読む。 「在来種に魅せられて」の特集で、 福岡県八女の茶農家、河北幸高さんが載っていました。 河北幸高さんは、自然交配によって作られた種が、 茶樹に成長する栽培方法を継承している在来種の茶畑を営んでいます。 楠森堂 https://kusumoridou.com/ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #64

第9496話 『婦人之友』11月号を読みました。 『婦人之友』って、料理のことやら、いろいろな記事があり、 しかも、サイズが小さいので、読みやすい。 「猫に学ぶ、ゆったり生活の知恵」で、 うちの3兄弟、ナミイちゃん、きーちゃん、クウちゃんが、 掲載されています。 お茶を飲みながら、親ばかになって、…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #62

第9470話 JPS会報を読みました。 知らなかった、『アサヒカメラ』休刊になるんです… その昔、「写楽」など写真誌数多くあったのに、 今は、数えるほどです。 カメラが売れてないっていうことなんでしょうね。 オリンパスのカメラ部門が売られていますし… スマフォのカメラというのは、すごいものです… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #60

第9439話 MY LOUNGEの「堺打刃物」を読みました。 武漢肺炎禍より、雑誌のスタイルに変化が見えます。 リゾートの記事が減り、生活スタイルへのシフトといいますか… 「堺打刃物」、自炊が多くなったという生活様式の変化に即した記事と、 堺という町の記事の合わせ版です。 柳刃は、結構使いますし、ペティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #59

第9427話 赤福の記事を読みました。 猫の語源は、 「よく寝る子」だからということを赤福のページで知りました。 ホント? 写真のチカラを応援しています。 https://orphotograph.com/2020/07/22/syashinnochikara-32/?fbclid=IwAR3tCGiCbg…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #58

第9411話 AGORAを読みました。 JALカードの会員誌『AGORA』。 旅行の記事の好きなんですが、人の記事も秀逸。 「ドロシー・ファイブルマン」 こんな器を作る人とは?という疑問に応えてくれるような… 写真のチカラを応援しています。 https://orphotograph.com…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #57

第9397話 志摩時間を読みました。 『志摩時間』志摩観光ホテルのPR誌です。 料理の紹介ページが多く、 しかも、伊勢志摩で取れた鰹などが掲載されています。 おお、食べに行きたいと思うような料理です。 アフタヌーンティーがあります。 どんな紅茶なんだろう。 伊勢茶かな? 季節感を感じるのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #56

第9383話 『通販生活 盛夏号 2020』を読みました。 武漢肺炎禍の「台湾」「ドイツ」「韓国」の記事は、いいですね。 いかに「備えよ」という概念が大切か分かります。 よく、そんなの発生してから考えればいいじゃないというのが、 日本の自治体の考えですが、 それって、本当に実力のあるところしかできないことと、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #55

第9368話 「東京、コロナ禍。」を読みました。 武漢肺炎禍の東京を歩いた写真集です。 実によく歩いたと思います。 でも、情報収集もしっかりしています。 インパクトが無いようで有る、 しかも、何気なくなので、共感があります。 写真のチカラを応援しています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #54

第9354話 鳥の専門誌「BIRDER」を読みました。 こんな鳥好きのための雑誌があるんですね。 この号では嘴が特集されています。 雑木林の鳥を撮影するのは、難しいのです。 しっかり読めば、撮影できるかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #53

第9335話 『SIGNATURE』の「日々是冒険」を読みました。 『SIGNATURE』、カード誌ではありますが、 ここ最近、写真を前面に出しているのが好きです。 その中でも、石川直樹さんの「日々是冒険」が好きですね。 「家の外に出歩いて、野良犬のようにあらゆる路地を歩き回る。 歩き続け、見続けていけば、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #52

第9321話 「PARIS」を読みました。 立木義浩氏のモノクロ作品集です。 フォトコンの付録ですね。 インパクトは少ないものの、気づきのある写真はいいですね。 ちょっと脱力系で、ほっとします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #50

第9297話 ちゃぐりんを読みました。 JA傘下の「家の光」が出版している児童向けの「ちゃぐりん」。 「田んぼの生きもの発見ノート」という付録が付いていて、これは面白い。 雑木林に囲まれた田んぼへの愛情が深まります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #49

第9284話 フォトコン7月号を読みました。 いいこと書いてありますね。 画面の隅々までチェックするのは、よく忘れますね。 猫に新型コロナウィルスが罹患するかどうかの中国の動物実験には絶対反対です! 中国政府! 猫の命を科学の進歩の犠牲にしないで! 写真集『柳行李』と『トルタビ』を応援して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #48

第9265話 今週も週刊文春を読みました。 グラビアの上白石萌歌は、存在感ありますね。 フォトグの技でもありますが… 河井夫婦を巡るべ~あ~と検察の暗闘を読みました。 まあ、べ~あ~は河井元法相への任命責任と支持率低下がありますからねえ、 でも、法律に違反した法務大臣を任命した責任は大きい。 だから、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #47

第9255話 週刊文春を読みました。 よく狙ってます。 直撃のタイミングをスナイパーのように… 多分、気がついてないですよね。 いや、アンジャッシュの渡部って、 あんなきれいな奥さんをもらっていながら、 不倫…しかも、ほぼ変態ですね… 文春のすごいところは、 タレコミというか、情報提供の後の調査能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more