一日一茶のB級グルマン備忘録 横浜編 No.471

洪福寺 光家

天王町から環状1号を横浜方面へ向かい、
16号を越えて、すぐ、左手にあります。
17:00~03:00、水曜日定休
店は狭いが清潔で、きれいに磨きあがられています。
家系にしては、清潔!
スタッフも愛想はいいし、接客態度はいい。
よくあるブスっとした、茶髪、髭のにいちゃんの、
愛想皆無の家系とは違います。






カテゴリー席数従業員数清潔度
家系13,14席?厨房3名すばらしい!
店内の印象総合印象その他のメニュー
普通のラーメン屋さん☆☆☆☆☆☆+☆半分ラーメンとご飯のみ


2002/7/16撮影
ここは前金なんです。
茹で卵がサービス!
でも剥きにくかった、水から茹でてないな・・・
ここは珍しく餃子があります。
擦り生姜、おろし大蒜、豆板醤に加えて、
ここには胡麻がありました。
うれしい!

画像


豚骨スープのいい香りと共に丼が来ました。
意外に醤油が弱いなあ、豚骨純粋の味が楽しめるなあと
思っていると、底の方の麺が醤油色でした。
よくかき混ぜていないなともいえますし、
豚骨の味わいを味わってから、醤油豚骨にして、
楽しんでねという目論見、かとも思います。
やや脂分を感じますが、それほど、くどくはありません。
むしろあっさり気味に感じます。
麺はやや平打ちの中くらいの太さです。
茹で具合は良好です。
大橋製麺製、平ザルと取り分けていました。
これも家系のお約束ですね。
チャーシューは柔らかく、ややぶ厚めですが、味付けは薄い。
肉の旨みを少々感じますが、物足りません。
海苔は3枚、形はお約束の正方形。
ねぎが2種類なんです、博多ねぎと関東のねぎです。
最後は生姜を入れて食べてみました。
これ好きなんですよ。






メニュー価格スープベース
ラーメン600円豚骨チャーシューのり、ねぎ2種
スープ麺の茹で具合
醤油豚骨平打中ほとんどストレート普通

美味しくはあるんですが、所々に粗が見えるといいますか?
家系にしては好みです。主張もありますし。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック