一日一茶のB級グルマン備忘録 横浜編 No.474

焼きそばの銀ちゃん

銀ちゃんの焼きそば or 焼きそばの銀ちゃん
どっちとも取れる焼きそば専門店!
環状1号と16号の交差点、洪福寺角にあります。
11:30~15:00、17:30~22:00
水曜日定休





カテゴリー席数従業員数清潔度
焼きそばの専門店8席厨房1名+リベロ1名普通
店内の印象総合印象その他のメニュー
カウンターのみの気さくな店☆☆☆☆☆☆焼きそば、そばめし


2002/7/17訪問
焼きそばの専門店とは小気味がいい
こだわりで、麺は立山の伏流水。
ソースはフルーツ熟成ソース、しかも深海の水・・・
もやしは、無農薬。
できますものは、焼きそば、そばめし、夏は冷やしやきそば!
ランチ時は、半ライスが50円と鶏味噌汁が40円になります。

画像


さて、冷やし焼きそばは630円
そばを焼いて、氷水で〆ています。
それを刻み海苔をかけて、胡麻だれとソースを混ぜた
タレをかけてあります。
それに別皿のサラダを載せて、かき混ぜます。
ほとんど冷やし中華なんですが、
工夫はあります。
冷やし焼きそばという、
相反する食べ物を創造したのはえらいけど。
でもタレが主張がない。
冷やし中華はタレが主張なんですよ。
胡麻味弱く、ソースの主張も弱い。
焼きそばの先入観があるからなのだろうか?
そのせいで物足らないと感じているかもしれない。
個人的には、ソースの主張がもったあっていいと思います。
胡麻なら、冷やしうどんと同じになりますもの。
それと冷え具合。
サラダの冷え具合はいいですね。
半熟の茹で玉子もおもしろいし
麺は、焼きそばだから仕方ないでしょう。
焼いたそば、このそばはいいそばですよ。
腰もあり、太さもいい。
スーパーの3食198円とは雲泥の差。
値段が普通のそばと30円しか違わなので、
サラダの具を考えると仕方ないかも。

2002/7/19訪問
保土ヶ谷最後の夕食はここのそばめしにしました。

画像


レンゲの形が大きくて、食べにくい。
他の客は箸で食べていたのが、理解できます。
すごい、熱々なんです。
でもソースの匂いが弱い。
関西人のせいか、ソースの匂いが弱い焼きそばは、
評価が低い。
ここには飯が多く、そばが少ない。
具もそれほど多くないし。
玉子はいいですよ。
葱もいい、もやしもしゃきしゃきで。
でもソースは基本でしょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック