茶器三昧 其乃弐百九拾三

第5418話 坪洲島の超記 訪問記

画像


坪洲島で、フェリー待ちをしていながら
ブラブラを路地歩きをしていました。

こんな島に、器屋がありました。

画像


早速、入ってみると茶器があります。
蓋碗までも!

店内では、おばさんが絵付けをしていました。

画像


慌てて、財布を持っている飲太を呼びに行きました。

時間がないので、ハッピーマークの蓋碗に決定、

縁を触ってチェックです。
1個目、縁にざらつきがあります。
2個目、Ok。

おばさん、さすがにわかっていたようで、
紙やすりを探します。

画像


結構、絵柄が多いなあ・・・

画像


これで90HK$!

その昔、坪洲島には立派な陶器工場があったようです。
非売品の茶器は、結構いい出来栄えでした。

画像


画像


大陸産の蓋碗に絵付けをしていますが
素朴さが、なんとも言えません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック