一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編

第8568話 駄菓子屋@六本木 東京メトロ日比谷線六本木下車。 六本木交差点から、六本木通りを渋谷方面へ向かい、 右手、みずほ銀行の手前を右折。 T字路を左折。 公園の手前を右折。 角には看板があります。 かなり、老舗の雰囲気があります。 590円で天丼が食べられます。 しかも、…
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編 No.1648

第8566話 六本木 雅 はりたや @六本木 昼どき、ランチ時は、ラーメン屋。 夜は、日本料理の店で、凜とした店構えです。 中華そば980円を注文。 定価は1300円ですが、ランチ時はこの価格。 カウンター席が10席ほどあり、 そこに座りました。 きれいにしてあり、気持ちいいですね。 …
コメント:0

続きを読むread more

第5301茶 丹波篠山 本家 熊野園の秋番茶 2018  水出し

第8565話 蝉の鳴き声は聞き分けられる? 先週の梅雨明けから、雑木林で蝉が鳴いています。 早朝には、蜩も鳴いています。 蜩が鳴くと、夏だ…と感無量。 六本木ヒルズを歩いていると、 アメリカ人が、セミが鳴いているのを、 「Incect Noise!」 と話していました。 アブラセミだよ、それ……
コメント:0

続きを読むread more

第5300茶 林奇苑茶行の名産黄金桂 2018 水出し

第8564話 Buy Korean 「盗人猛々しい」「これから起こることは全て日本政府の責任だ」 まあ、よく吼える大統領だこと。 トランプーが吼えると、狂人かと思いますが、 かの大統領の場合は、悲壮感が漂いますね。 威勢よく吼えないと、政権が危ないということなんでしょう。 政権末期に、かの国の大統領が竹島…
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編 No.1506

第8563話 長崎ちゃんぽん ふじ@六本木 長崎の味、皿うどん、ちゃんぽん、焼きちゃんぽんと餃子があります。 夜は飲み屋になり、一杯飲んだ後、〆に食べることができます。 焼きちゃんぽんの中 900円を注文。 餃子は3個300円は、高いな。ま、六本木ですから。 皿うどんもあるので、からしや酢も…
コメント:0

続きを読むread more

第5299茶 黄顔香舗興記茶荘の特級普[シ耳]茶 2018

第8562話 胡蝶蘭のコストダウン 会社が移転したり、創業すると、胡蝶蘭のお祝いが贈られます。 殆どが枯らしてしまい、捨てられてしまいます。 胡蝶蘭の生産業者としては、 それが、利益を生むので、願ったりかなったりかも。 家内が胡蝶蘭をもらってきました。 ちなみに、胡蝶蘭、このようなコストダウンが実践さ…
コメント:0

続きを読むread more

一日一茶のB級グルマン備忘録 東京編 No.1647

第8561話 一風堂@六本木 7月31日は、選挙割りの最終日。 赤丸と白丸がありますが、 前回は白丸だったので、赤丸を注文。 スープを一口、口に含むと、 味わいの厚みとパンチを感じます。 白丸は、元の味です。 赤丸は、白丸に比べると、このパンチですかね。 赤い辛味噌ですか。 ちょっち、今…
コメント:0

続きを読むread more

第5298茶 林奇苑茶行の名産黄金桂 2018 

第8560話 送料は気をつけよう! 以前、中国からの発送には気を付けようという記事を書きました。 安い国外への発送料金で、劣悪な商品と高額な送料で、 二重にお金をむしり取る詐欺商法が成立している国です。 しかし、送料というのは、買う方、落札する方には、盲点です。 あ!安い!とポチをすると、 クレジット…
コメント:0

続きを読むread more

雑木林とお茶、時々写真 そして猫 #4

第8559話 HARUKI Photographsの『Automoviles Americanos』を読む。 2015年刊行のキューバのオールドアメ車のブックレット。 いまだに、1960年代のアメ車が現役なんです。 写真を見ていると ライトアップされた古い建物もあれば、 ヤバいので、入っちゃダメという建物も…
コメント:0

続きを読むread more

第5297茶 丹波篠山 本家 熊野園の秋番茶 2018  水出し

第8558話 暑い夏には、冷たい茶。 梅雨が明けて、連日、暑い日が続きます。 熱中症も、すごいですよね。 確かに、こりゃ、危ない、と思うこともあります。 昔は、日射病って言ってましたっけ。 熱による中毒だから、熱中症なんですね。 こんなに暑いと、体の温度を下げる、冷たい飲み物に手が出ます。 …
コメント:0

続きを読むread more

雑木林の二十四節気歳時記 立秋の頃

第8557話 稲の花が咲き始めました。 梅雨が明け、気温が上がると、稲の花が咲きます。 田んぼが、黄色く感じたら、 それは稲の花です。 稲の花が結実したものがお米です。 花の数が多いので、昆虫たちの力ではなく、 風が吹くと、おしべとめしべが触れるようです。 神の造った米、大事にし…
コメント:0

続きを読むread more

風日誌 2019/08/03

第8556話 今日はサーマル三昧 梅雨が明けると,サーマルが吹き始めます。 サーマルとは、海から陸に吹く風で、 午後になると吹き始めます。 特に、東京湾は、南西の向きに開いているので、 南西の風が入りやすくなります。 サーマルは荒川の河口から、吹き始め、 浦安、三番瀬、稲毛の順番に吹きます。 東京と熊…
コメント:0

続きを読むread more

家ごはんは最高ダニャー 269

第8554話 夏のエスニック風冷や奴 冷や奴といえば、ネギとすり生姜を豆腐にのせて、 かつお節を振りかけ、醤油が一般的ですが、 夏は、ネギをみょうがにしてみるとか、 いろいろな工夫ができますが、 夏野菜を使った、夏の冷や奴を作ってみました。 香菜と挽肉炒めの冷や奴 ①木綿の豆腐を皿に盛り、冷蔵庫で、水を…
コメント:0

続きを読むread more

第5296茶  林奇苑茶行の名産黄金桂 2018 水出し

第8553話 七〇年老店 家内が、肉の万世で、かつサンドを買ってきました。 70周年! いわゆる七〇年老店です。 肉は分厚く、パンの主張もあり、 カツの主張もあります。 ちなみに、蓋を開けると、 おみくじがあります。 大吉か… 小吉、中吉の人はいるのでしょうか。 林奇苑…
コメント:0

続きを読むread more

第5294茶 丹波篠山 本家 熊野園の秋番茶 2018

第8551話 銀座で、ひとつ 東京メトロの銀座駅で、発車チャイム、 「銀座の恋の物語」の1フレーズです。 「銀座でひとつ」なんでしょうけど… 角川映画の「蘇る金狼」「野獣死すべし」のサントラの1フレーズに、 似ているような…気がしましたが… そう感じるのは、私だけかな… 丹波篠山 本家 熊野…
コメント:0

続きを読むread more