一日一茶のB級グルマン備忘録 佐野編 No.1665

第9011話 らーめん 大金@佐野

過去、何回か、この店で食べるために、車を飛ばしましたが、
19時を過ぎて訪れると閉店になっており、
家内と「早いねえ」と、ほぞを噛んでいました。

今日は世間的には3連休の最終日、
可能性は低かったのですが、
18時半ごろ、店の駐車場に車を入れると、
看板の電気はついています、営業中でした。

20-02-24-18-16-09-886_photo.jpg

家内と、早く早くと車を降りました。
以前、目の前で看板の電気が消えたことがあります。

しかも、行列はなし。
武漢肺炎禍のせいでしょうか?

この店は、おぐら屋の系列です。
のれんに、「贈 おぐら屋」とありました。

20-02-24-18-15-49-527_photo.jpg

ダイヤモンド・ユカイさんが迎えてくれます…

20-02-24-18-15-29-655_photo.jpg

店は明るく、店員さんは元気よく、席に案内されました。

20-02-24-17-56-11-383_photo.jpg

20-02-24-17-59-50-191_photo.jpg

席で、メニューを渡され、注文をお願いしました。

席数が74なのと大型店ではありますが、オペレーションも手慣れたものです。

20-02-24-18-00-27-662_photo.jpg

珍しく七味があったりします。

待つことなくラーメンが来ました。

珍しく、ナルト入りです。
いいビジュアルです。

20-02-24-18-03-19-212_photo.jpg

透明なスープを一口、口に含むと、やさしい濃くを感じます。
醤油味が突出していませんし、濃くといいバランスを作っています。

麺は手打ちですが、太くはありません。

20200224_OOGANE_1.JPG

メンマは、歯応えほどよく、味わいは普通。
チャーシューは柔らかく、味わいは普通。

スープと麺、具のバランスの良さ、佐野ラーメンの特色を出しています。
おいしい。

これは家内のチャーシューメン。

20-02-24-18-03-01-392_photo.jpg

ちょっと遅れて餃子が来ました。

20-02-24-18-06-20-800_photo.jpg

これは、意図的に遅れらせていると壁紙がありました。

餃子は大振りです。

壁紙には、まず初め何もつけずに食べて、
次に酢とコショウか、酢と七味、酢と辣油で食べて、
最後に醤油と酢で食べてほしいと書いてありました。

焼き具合はいいですね。
底の真ん中が白いのは、期待できます。

何もつけずに食べみると、ほのかに味わいがありますし、
なるほど、このように食べると、餃子を楽しめます。

手作りの皮は柔らかく、餡の刻み具合はやや細かく、
肉の割合は低いものの、肉汁も感じます。

店の名前は、「おおがね」でした。
「だいきん」だったら、少し笑いますが、
パンフにはひらがなで「おおがね」、
ローマ字では「ogane」です。

席数:74
従業員数:6

おぐら屋で修業され、おぐら屋の味を継承しつつ、
独自の発想を加え、ラーメンと餃子を作っていると、
パンフにありますが、おぐら屋を超えていると思います。

高いレベルの一杯ですが、大人しくも感じます。

道は半ば、今後、よりおいしくなることを信じています。

今度は、夏の冷やしラーメンでしょうか。

印象度:☆☆☆+3/4☆

2020/2/24訪問

11:30〜15:00(LO.14:45)
17:00〜19:30
※但しスープなくなり次第終了

月曜(月曜日祝祭日の場合は別日休業)

栃木県佐野市大橋町3229-7

場所
国道50号の田島交差点から、佐野市街方面へ行き、
ハーモニーホール赤坂の交差点を左折。
川を渡った角にあります。

HP
https://localplace.jp/t200329502/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント