第5528茶 中島緑茶園の八十八夜 ぐり茶 2018

第8987話 このウィルス禍は人災…

新型コロナウィルスの水際作戦は失敗。

町なかでも、
目にビリっとくる瞬間、体が妙に熱っぽい時、
おおコロナかも、と思うことがあります。

放射能物質と細菌、見えないだけに不気味な怖さがありますが、
やはり、細菌の方がヒトからヒトへ伝染するので、余計に怖いというか、
この人、感染してたら、怖いと疑心暗鬼になることが怖い。

中国人女性が、大きな声で文句を言っている場面に遭遇しました。

中国人女性、大丈夫、感染してたら怖いんだけど…
と、その場を離れてしまいます。

春節の休暇で中国 武漢からやって来た観光客が大量に上陸した時点で、水際作戦失敗です。

新型肺炎 中国で医療従事者1700人が感染、6人死亡 それでも礼賛を繰り返すWHO事務局長は変?
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200215-00163137/

ここにあったこれまでの経緯をコピペしました。

2019年12月1日、感染源とみられる華南水産卸売市場(武漢市)に出入りしていない肺炎患者を
武漢市金銀潭医院が発見していた(2020年1月24日に同病院胸部外科の首席医師が医学誌ランセットで発表)

12月8日、武漢市が新型肺炎患者を報告

12月下旬、武漢市内の複数の病院に連日、発熱などを訴える市民数百人が詰めかける

12月30日、武漢市衛生健康委員会が2つの文書で新型肺炎患者が華南水産卸売市場で見つかったため、
医療施設はリアルタイムで患者数を把握して治療に当たり報告するよう指示

・李文亮医師がメッセンジャーアプリのウィーチャット・グループで同級生の医師ら約150人と患者の診断報告書を共有し、
「華南水産卸売市場で7人のSARS患者を確認」と発信して治療に当たる際、
注意するよう呼びかける。後に新型コロナウイルス肺炎と判明

12月31日、武漢市衛生健康委員会が「27人が原因不明のウイルス性肺炎にかかり、うち7人が重症。
人から人への感染はまだ見つかっていない」と発表

・中国がWHOに武漢市で新型肺炎が発生していることを報告

2020年1月1日、華南水産卸売市場を閉鎖。2日に清掃や消毒を実施

・武漢市公安当局が「ネット上に事実でない情報を公表した」として李文亮医師ら8人を処罰したと発表

1月5日、中国当局がSARS再流行の可能性を否定

1月6~10日、武漢市人民代表大会

1月7日、WHOによると、中国当局が新型ウイルスを検出。新型コロナウイルス(2019-nCoV)と名付けられる

1月9日、中国疾病予防管理センター(CDC)が新型コロナウイルスの全ゲノム配列決定を公表

・中国国営中央テレビ(CCTV)が武漢市で新型コロナウイルスが確認されたと報じた

1月11日、中国当局は初の死者(61)を発表。華南水産卸売市場で買い物をしていた男性で、1月9日に死亡

1月11~17日、湖北省で人民代表大会

1月13日、WHOがタイで女性の感染者を報告。中国国外では初の感染者で、武漢市からやって来た

1月14日、WHOが記者会見で、武漢市で新型コロナウイルスが検出されたと認定

1月15日、日本で武漢市滞在歴がある肺炎患者から新型コロナウイルスを確認。日本国内1例目。6日に受診した際、報告あり

1月16日、武漢市で2人目の死者

1月17日、アメリカの3つの空港で武漢市から到着した乗客のスクリーニングを開始

1月18日、伝統行事「万家宴」が開かれる

1月19日、SARSが流行した当時、広東省で広州市呼吸器疾病研究所の所長を務めていた鐘南山氏(83)が
新型コロナウイルス専門家チームのリーダーになり、武漢市金銀潭医院を訪れる。
武漢市疾病予防管理センター(CDC)も状況を把握し、国家衛生健康委員会が緊急会合

1月20日、鐘南山氏が「現在の統計によると、
新型コロナウイルス肺炎は確実に人から人に感染している」と発言し、
皆が初めて新型コロナウイルス肺炎の深刻さに気付く

・中国で3人目の死者

1月22日、WHOが新型コロナウイルス肺炎の流行で初の緊急委員会(23日も継続)。
「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」との結論には至らず。委員間で意見が対立

1月23日、1100万人都市の武漢市を閉鎖。中国当局が中国で最も大切な祝日、春節(旧正月)の関連イベントを中止

・WHOが中国国外では人から人への感染を認める証拠がないと発表

1月24日、中国が武漢市で1000床の臨時病院の建設開始

1月25日、湖北省で集団隔離された都市の人口は合わせて5600万人に

1月26日、WHOが新型コロナウイルスのリスクを「穏健」ではなく「高い」と変更

1月28日、習近平氏とWHOのテドロス氏が北京で会談

1月30日、WHOが緊急事態宣言

2月1日、李文亮医師がミニブログサイト新浪微博で新型コロナウイルス肺炎と診断されたことを明らかにする

2月2日、フィリピンで死者。武漢市から来た男性で、中国国外では初

2月4日、人民日報が「中国共産党政治局常務委員会が3日の会議で明らかになった欠点や不足への対処能力を高めることを確認した」と伝える

2月7日、李文亮医師が死去

2月11日、テドロス氏が新型コロナウイルスの病名を「Covid-19」と公式に命名。
一方、国際ウイルス分類委員会コロナウイルス研究グループは、
新型コロナウイルスそのものについて、SARSの姉妹種「SARS-CoV-2」と名付ける

2月13日、中国共産党が湖北省と武漢市のトップを更迭

2月14日、中国国家衛生健康委員会が国内で1716人の医療従事者が感染し、6人が死亡していることを発表

これまでの経緯を読んでみると、
日本政府が、いかに後手後手か分かりますね。

春節前に、中国人観光客の入国拒否をやると、外交問題になる!という忖度でしょうか?
それとも中国人観光客の落とすお金が大事?

1月17日or20日の時点で、中国人観光客の入国拒否をやっていれば、
クルーズ船だけだったのに…

中国政府も、春節前に渡航禁止にすると暴動になるのではという読みがあったと思います。

WHOも後手後手です。
中国政府のメンツへの忖度なんでしょうね。

中国政府がよくやってたら、日本には感染の被害は少ないでしょ。

このウィルス禍の拡大は、人災かも…

北朝鮮では、現状、感染者0とか、
かの国では感染したら、たいへんなことになるでしょう。
でも、この後は経済が大変かも…

20160622_namii_in_the_box_1.JPG
「北朝鮮に学ぶことは多い、瀬戸際外交、水際作戦…」

【後記】
2月20日 クルーズ船ダイアモンド・プリンセスの乗客で、感染した日本人乗客2名が死亡…
これ、外国人だったら、外交問題です…

中島緑茶園の八十八夜 ぐり茶 2018を淹れました。

淹れた、といっても、低温長時間抽出です。

60℃ほどのお湯で、15分ほどかけて、抽出しました。

ちょっと甘く、そして旨みを感じます。

この淹れ方、気の短い人には不向きですが、
日本のお茶の味わいを知らないのは、ある意味不幸。

シグマ 2020年カレンダー絶賛発売中!

シグマ オンラインショップ
http://www.sigma-onlineshop.jp/special/

第71回 全国カレンダー展で、審査員特別賞(善本喜一郎賞)を受賞しました。

写真集「柳行李」絶賛発売中!



https://amzn.to/2YMjlYH

67401662_10157159743954303_4351910212928536576_n.jpg

讀賣新聞 但馬版で、掲載されました。

1577107255474.jpg

「トルタビ」も絶賛発売中!



https://amzn.to/2XH02Q0

画像


画像


「トルタビ」紹介のサイト

シュプ-ル
いい男は、波とともにやってくる! #深夜のこっそり話 #1114
https://spur.hpplus.jp/beauty/skb/201906/21/QRRVIAO/?fbclid=IwAR1MDBZvcEXSknxDcXJBDPAP0OmdtsBzmrod8snrSkCdZM098Iq5O4yLL2I

プレシャス
旅行がもっと楽しくなる!写真家が教える「料理をオシャレに撮影する」簡単テクニック15
https://precious.jp/articles/-/12074?fbclid=IwAR3lcPqXd0jkbrDEOyPD7HI4xh3_C_dANvK_qhwgsVlY_ZlWFXDXsw0w3YM

通販生活、AGORA、週刊文春、美的に掲載されています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント