テーマ:台湾の茶荘

第5442話  陽茗自然茶 招牌自然農法烏龍茶 2016 熟香

第8793話 秋の掃除 住んでいるマンションは、年に2回、 初夏と秋に、屋外掃除を行います。 秋は、落ち葉が掃いても、掃いても落ちてくるので、 南側の雑木林があるところに担当が当たると、 ちょっと、う~です。 今年は北側担当でしたが、北側は北側で、う~もあるのです。 それは自転車置き場。 普通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5438話 沙坑 台東烏龍 No,6

第8783話 鉄板による乾燥は、スモーキーな香りの源? お茶の世界では「発酵」という言葉が一般的です。 完全に発酵させると紅茶。 半発酵のお茶は青茶。 発酵させない緑茶。 緑茶を、時間をかけて発酵すると後発酵茶。 (水をかけて、急速に発酵させる手法もあります) この「発酵」は酸化発酵です。 htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第5431茶 劉家龍茶園の東方美人 2016

第8767話 From 足利 家内の実家のある足利、少し行けていません。 (Copy(Copyrights All Resered 2019 Nori-Photography) 足利へ行った家内からは、写真が送られてきました。 台風19号で、車が流される映像がテレビで放映されていましたが、 ドラレコに収めら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4255茶 連記茶荘の蜜香紅茶 2016

第7344話 紅茶を飲む人は、仕事ができる LINE NEWSで読んだ、この記事。 この記事のことを家内に話すと 「コーヒーは?」と一言でした。 紅茶と暮らし研究所・・・ですからねえ。 「仕事ねえ・・・」 連記茶荘の蜜香紅茶 2016を入れました。 紅茶ってサブタイ合わせです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4236茶 陽茗自然茶 招牌自然農法 烏龍茶 熟香 2016

第7318話 みんな無所属! 日曜日に、知事選がありました。 森田健作知事の圧勝、3選です。 ポスターを見て、気付いたのですが、みんな無所属! なんで、政党名がないのかな? 森健って、自民党では? 千葉県の自民党県議団は、 沖縄で、アメリカ軍の軍属に殺害された女性のために 非難決議を採択しない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4235茶 沙坑 台東烏龍 No,6

第7317話 世界を旅する女性フォトグラファーが とっておきの撮影秘話を語る! http://crea.bunshun.jp/articles/-/12784 がアップされてました。 2年間の連載は、これが最終回でした。 最後は、なかなか読ませてくれます。 (Copyrights All Resered…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4221茶 連記茶荘の蜜香紅茶 2016

第7297話 あずきのチカラ 桐灰から、発売されている、目の温熱ピロー「あずきのチカラ」 家内が買って使っていましたが、あきっぽい性格ですから、 使わなくなったので、使ってみました。 レンジでチンして、250回繰り返し使えるので、簡単で、手軽! 夜、寝る前に、温めた「あずきのチカラ」を目に乗せて寝ます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4305話 連記茶荘の蜜香紅茶 2016

第7127話 イルミネーションに感じる来月は師走。 町歩くと、イルミネーションが、目立つようになりました。 中には、派手すぎるものの・・・ 連記茶荘の蜜香紅茶 2016を入れました。 簡単ずぼら入れなんですが、 それでも、ほんのり甘い 香りにも、艶、感じますということで よく手を伸ばします。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4297話 富宇茶行の大兎峰 2016 春茶

第7116話 今年の冬はそれなりに寒いらしい。 寒いせいか、窓ガラスに結露するようになりました。 暑い夏は、寒い冬になるとも。 猫たちも、寒そう、特に年寄りのファーマウは 寒がりなので、電熱マットを出しました。 富宇茶行の大兎峰 2016 春茶を入れた金門高粱酒を飲み終わり、 茶葉自体を、ビン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4293話 坪林 田村茶荘の文山包種茶 2014

第7111話 人間も高齢化、猫も高齢化… 猫と犬と、どっちが長寿? と訊くと、実は猫のほうが長寿らしい。 確かに、犬のえさ売り場と猫のえさ売り場では 猫では、18歳以上!なんてPOPを見ます・・・ 18歳って、人間で言えば88歳! 猫も高齢化なんだ・・・ 坪林 田村茶荘の文山包種茶 2014を入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4292話 連記茶荘の蜜香紅茶 2016

第7110話 黒い髪の女の子は、何処へ このごろのポスター、 写真ではなく、こんなカワイ娘キャラが多くなりました。 撮影するよりも、安いってことなんでしょうね。 でも、なぜか、黒い髪の女の子はいない・・・ 黒い髪の女の子は、何処へ行ったのだろうか? 連記茶荘の蜜香紅茶 2016を入れました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4288話 劉家龍茶園の東方美人 2016

第7103話 月 月があまりにきれいなので、撮影してみました。 そういえば、 マウイ島へウィンドサーフィンに行ったことを 思い出しました。 カナハで、ショートボードを練習していた女性に、 コツを教えたところ、 明日はどうするの?と聞かれ、 明日は、東京へ帰るよと返事をすると 彼女は、 今日の夜から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4287話 連記茶荘の紅烏龍 2016

第7102話 弥平とうがらし 湖南市へ行った家内のお土産は、弥平とうがらし。 http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/chiliYahei.htm 辛い・・・ ハンパなく辛い。 これで、アッラッビアータを作るか ペペロンチーノを作るか、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4230茶 振發茶行の鳳凰山 熟茶 2016

第7016話 観葉植物に棲む 南側にある雑木林、 特に暑い日は、夜でも蝉は鳴くんです・・・ 日陰をつくる意味もあり、 観葉植物は4月中旬から11月の中旬までは ベランダに出します。 そんな観葉植物に、棲んでいる昆虫がいるんです。 それは、蟷螂! この色ですから、遠くからは葉を判別できな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4220茶 振發茶行の鳳凰山 重火 2016

第7004話 商材はリオ関連? やまやで見つけた、柿ピーのシェラスコ味。 期間限定というか・・・ リオオリンピックの間だけでしょうね。 早速、食べてみました。 胡椒の味わいが強く・・・ それとなく、ビーフの味わいがします。 メーカーのマーケティングに、まんまと乗せらてますね。 「期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4200茶 振發茶行の阿里山高山小葉紅茶 2016

第6978話 少しだけ、おやすみ… 休日、自宅で仕事をしていると、 猫たちは、入ってくる空気が気持ちいいのか、 寝ています。 時々、起こしてやりたくなりますが、 仕事、仕事… この季節、夕方に、蜩が鳴くので、 それまでには、終えて、 蜩の鳴き声を聞きながら、お茶を入れたい、 猫に構う暇はないのです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4193茶 振發茶行の鳳凰山 熟茶 2016

第6967話 巣立ち 第2陣 最寄り駅の燕の子育てですが、 第2陣が巣立ち始めました。 でも、外へ行くのが怖いのか、 夜、駅舎の中を、飛んでいます。 結構、低く飛ぶので、見ていて楽しいものです。 いやあ、人間の世界は、悪いなあ… 最後の一組。 親鳥が、えさを運んできます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第4192茶 振發茶行の鳳凰山 重火 2016

第6964話 もう、ここは既に戦場なのだよ・・・ カンボジアへ行っている家内から、 LINEで写真が届きました。 アンコールワットは、神々しい! この写真を撮るために・・・ 世界中から・・・ もう、ここは既に戦場なのだよ・・・ってか! 振發茶行の鳳凰山 重火 2016を入れました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3835茶 坪林 田村茶荘の文山包種茶 2014

第5944話 寂しかった、ぼくのスマフォが明るくなった! 今度、台湾へ嫁ぐことになった娘さんから 台湾のお土産を頂きました。 阿美族のスマフォのアクセサリ。 寂しかった、ぼくのスマフォが明るくなった! ありがとう、彼女に幸多いことを信じています。 坪林 田村茶荘の文山包種茶 2014を入れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3731茶 恵美壽名優茶の台湾烏龍茶 2014

第5763話 定点観測 第4週 3月23日 3月24日 この白髪の和服のおばあさんは、2回目かな、 記憶にあります。 3月26日 出待ちを待つ人には、若い人もいますが、おばさんも多い。 中には車椅子のおばあさんも… ここまで、おばあさんの心を 鷲掴みのトランスジェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3727茶 茶聖殿の拉拉山烏龍茶

第5755話 飛んできてほしくないもの 黄砂が飛来しました。 そのせいか、今週は調子が悪い… 車は、この通り、ドラ猫のようになります… 何年か前、黄砂が飛来した後、 体調を崩し、倒れかけたことがあります。 それと似たような感じでした。 黄砂に附着していた細菌なんでしょうね。 体調不良の原因は。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3726茶 華剛茶業の梨山紅茶 2014

第5755話 桜館 先週、町を歩いていて見つけた桜の木と その名前のついたアパート、桜館。 この季節だけは最高の贅沢です。 部屋から桜を見ながら、お茶を飲める お酒が飲める。 こんな幸せはないだろうな。 普通は、桜の木を切って、部屋数を多くしますが、 それをしない、志が高いオーナーを尊…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第3725茶 華剛茶業の経典泉芳

第5754話 沈丁花の季節 街を歩いていると、 上品な香りが漂います。 沈丁花の香り! 探すと、静かに佇むように、咲いています。 気品のある香りで、大好きです。 沈丁花の香りを着けた花茶があれば、 買うのに… 沈丁花というと、なぜか眠狂四郞を思い出します。 なぜだろうか? 華剛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3724茶 華剛茶業の天池華剛茶 冬茶 2014

第5753話 定点観測(3週目) 3月16日 出待ち 雨の中、1人でも待ちます。 けなげだ… 3月17日は0。 3月18日 この男性は、かなり来てますね。 3月19日 和服の白髪の御婦人、よく見かけます。 3月20日 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第3723茶 老吉子茶場の高山包種茶 2008

第5752話 三寒四暖 歩いていると、ふと感じる春。 チューリップが伸びて すみれが咲きます。 熟語では、三寒四温、3日寒くて、4日温かい… 4日温かい… ちょっと、待って、温かいではなくて、 気候、温度の場合、「暖かい」では? つまり、三寒四暖。 でもなあ、温かいのは心かもしれない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2404茶 徳興茶荘の大兎嶺2007

第3349話 いれ手地位向上計画 お茶をいれると美味しいお茶だねえ、 と言われることがあっても、 あなたのいれるお茶は美味しいねえ といわれることは少ないのです。 でも、美味しいお茶は、 いれ手の技術と茶器、お茶の組み合わせです。 いれ手は美味しい要素の3割を担うのに 評価されることは少ない・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2403茶 老吉子茶場の高山包種茶2008

第3348話 Wiki WikiPedia WikiLeaks いろいろなWikiが流行っています。 Wiki自身はこの通りです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%AD でもこの語源はハワイイ語です。 ハワイイのホノルル空港内の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2397茶 王徳傳の三峡碧螺春2008

第3335話 またやろう 2月のお題はカート 今月はカートか・・・ 確かになあ、 カートを引いている人が、いきなり立ち止まられると、 困りますよねえ。 結構危ないと思うことがあります。 あの程度の荷物なら持てば!と言いたい小型のカートを 引っ張っている女性もいます。 そんなに重たいの?と訊きたい!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2396茶 老安渓の台湾龍井 2009

第3329話 朝ラーメン 拉麺女子とともに静かなブームが これ、朝ラーメン! 結構、鰹節系の香りがよく、 がっついてしまいます。 そば、うどんの麺をラーメンに換えて スープを少し脂っぽくしただけだろう・・・ なんて斜に構えて見てはいけませんが・・・ TKGと一緒に食すと、朝からフルパワー! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第2330茶 九壺堂の梨山 2009年6月

第3185話 急須と茶壺 日本の急須は、中国では茶壺。 日本の茶壺は、中国では茶庫? 急須=茶壺 サロンでは、茶壺をチャフーとわかりやすいように 呼んでいます。 チャフーは、後ろ手、後ろに把がついています、がほとんどです。 ごく稀にに横手、横に取っ手、把がついているものがあります。 急…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more